000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

ニューストピックス

2008年07月25日
XML
カテゴリ:あおぞら劇場

一昨日の水曜は映画女性1000円のレディース・デイおとめ座

何としても観たかった映画 『クライマーズ・ハイ』を観てきました。

先週の水曜に観る予定でしたが直前に急用で行けなくなり、リベンジですウィンク

 

この映画は、ベストセラー作家・横山秀夫さんの小説を映画化したもので、

数年前に新聞社の友人から借りて食い入るように読みました。

1985年夏の日航ジャンボ機墜落事故を追う地元新聞社の模様を描いています。

事故当時まだ小学生でしたが、すでにスチュワーデスを志しており、

強烈に印象に残っています。事故自体にも当然関心があるのですが、

サニーは現在新聞社の人間と公私ともに接することが多いため、

新聞社の内部事情を知るにつれ、この小説にも大変興味を持ちました。

 

詳しくは書きませんが、当時と現代との様々な時代の変化ぶりや

新聞社の収入源の柱の重みなど、内部の人間からいつも話を聞いているので

とても変興味深かったです。記者職は、いつ何が起こるか分からないので大変です。

以前、お休みで新聞社の友人と温泉に行っていたときも、突如“号外”を出す

緊急事態が発生し、近いにも関わらず高速をぶっ飛ばして帰ったこともあります飛行機

また、消防・自衛隊・警察にも知人が多数いるので、

それぞれの知人のお顔を思い浮かべながら観入っていました目

 

間もなく、またあの8月12日がやってきます。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたしますハート(手書き)







最終更新日  2008年07月25日 17時40分39秒
コメント(15) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.