3817972 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

ニューストピックス

2010年09月14日
XML

由布院駅の足湯に癒されて、神楽の披露を楽しんで、出発です。

発車直後にまたまたお弁当が配られました。お昼ご飯用です。

BSデ号

BSデ号

「・・・。」

午前8時前に朝ご飯のお弁当を食べて、ただいま午前10時半すぎ。

朝ご飯のお弁当もまだ少し残しているのに、とてもお腹に入りません。

このお弁当は、けっきょく夕方の帰りの特急列車内で美味しくいただきました。

 

豊後森駅で、35分間停車します。

BSデ号

駅からバスを用意して下さっていて、3分間程の乗車で

鉄道遺産・豊後森機関車庫跡にご案内いただきました。

BSデ号

BSデ号

なにやら、お祭り騒ぎでした。 超デカイこいのぼりも居ました。

『BSデジタル号』に戻って、すぐに発車です。「かいもん」になっています。

BSデ号

 

お次は大行司駅に25分間停車します。(記事の最後に地図を載せています)

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

↑幸福の黄色いハンカチ 高倉健さんのご出身地なのです。

 

続いて田川伊田駅に13分間停車。「あかつき」になりました。

BSデ号

BSデ号

 

列車すれ違いのため、採銅所駅に5分間停車します。

対岸ホームにはすごい人っ!

BSデ号

ここではドアーは開きませんので、これらの皆さまはすべて見物客です。

BSデ号

 

それから約1時間後の、定刻15時52分に終点・門司港駅に到着しました。

ここでも見物客でごった返しています。

BSデ号

BSデ号

BSデ号

名残惜しいですが、最後の雄姿です。

 

以前の「ゲキ★ヤスきっぷ」で『海幸山幸』で大雨で宮崎駅で足止めになり、

夜行特急『ドリームにちりん』にて博多に月曜の朝に帰ったことがありました。

佐賀県・武雄にお住まいのお兄さんと、連絡先の交換はしていないけど

「きっとまたどこかでお会いしますよね!」と言って博多で別れていました。

そのお兄さんと、いくつかの駅で再会出来ました!

お兄さんは乗ってはおられませんで、撮るために追っかけでした。

先にサニーに気付いていただき、ありがとうございます。

再会を喜び合いました。

 

BSデ号

門司港駅では、ゆっくりとはしていられません。

ここからは乗車券は手出しですが、特急を乗り継ぎ、鳥栖へと急ぎます。

サッカー天皇杯で、わが母校が高校勢としては唯一、2回戦へと勝ち進みました。

鳥栖駅前の、ベストアメニティ・スタジアムにてJ2サガン鳥栖と対戦。

すでに遅刻ですので、6番ホームのかしわ蕎麦は諦めて急ぎます。

25分程の遅刻なので、駅側から近い鳥栖さん陣営に潜入しました。

あら・・ 0-3です。そして、あれよあれよという間に0-10で負けました。

ボコボコにやられましたが、選手たちは最後まで諦めなかった。

1点を、取りに行った。結局は取れなかったけど、

「強いチームともっと戦っていきたい」ととても前向きで、

選手たちにとって痛いけどよい経験・勉強になったと頼もしく思いました。

高校生で、ここまで来れただけでもすごいと思います。

これからの更なる活躍を楽しみに応援したいです。

天皇杯

BSデ号

9/3の門司港→熊本はNHK関係者のみの乗車。

9/4・5で熊本→鹿児島中央→宮崎→大分→由布院→豊後森→

大行司→田川伊田→門司港、と一般客が乗りました。

ツアー終了後、門司港→鳥栖(天皇杯観戦)→熊本、と、

ぐるっと九州一周の旅でした。

 

最後は、あぁ、まだ着かないで~!と切なくなります・・

でもだからこそ、また乗れる機会があったら楽しみが倍増するのでしょうね。

夢のような機会を与えて下さったご関係者さま、

沿線でお見送り下さった皆さま、楽しくご一緒させて頂いた皆さまに

心より感謝申し上げます。

あおぞら航空でご一緒に旅して下さった皆さまも、ありがとうございます。

駈け足になりましたが、『BSデジタル号』記事、完です。

 







最終更新日  2010年09月14日 17時13分05秒
コメント(200) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.