3794441 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

あおぞら劇場

2010年06月10日
XML
カテゴリ:あおぞら劇場

昨日は水曜日、映画レディースデイ音符

楽しみにしていた『RAILWAYS』を観て来ました。

“49歳で電車の運転士になった男の物語”です。

皆さまの楽しみを奪いたくないので詳しくはお話しません。

泣ける映画です。

様々な人間模様が、心の葛藤を交えて巧みに描かれています。

ストーリーだけでも、“鉄”でなくとも十分にご満足いただけるでしょう。

あの大スクリーンに出てくる列車や風景もまた素晴らしいです。

 

“49歳で電車の運転士”になった男性を演じるのは中井貴一さん。

体格もお顔も、そっくりなのです。

亡き父と・・

遺影の画像を披露したいくらい似ています。

最近知り合った皆さまはご存知ないと思いますが、

こちらの記事に父のことを書いております。

中井さんの姿が、父と重なります。

映画の中での中井さんは49歳、

父は、52歳になって1ヶ月も経たぬ時に逝きました。

まさに、まだまだ働きざかり、というときです。

どれほど無念であったことでしょうか。

 

映画には、田舎の暮らしがたくさん出てきます。

あぁ~、うちもこうだった!というシーンが沢山あります。

畑仕事の場面も出てきます。

父が亡くなった後にお隣りのオバチャンから聞いた話ですが、

年に1回帰るか帰らないかのサニーが帰ってくる前の日は、

「明日サニーが帰ってくるけん」と

父がとても嬉しそうだったそうです。

帰ると、父は畑の野菜をもぎ取ってくれて

その場で二人でそのまま丸かじり。

茄子でもトウモロコシでも何でも。

味付けも調理も要らないのです。

美味しい。うちの味がする。父の匂いがする。

大事に大事に、あおぞら菜園を守っていきたいと思います。

 

出演されている宮崎美子さんは、熊本県のご出身です。

久しぶりにスクリーンで見たので、ご健在で何よりでした。

 

『RAILWAYS』、また観に行くつもりです。

 







最終更新日  2010年06月10日 20時05分47秒
コメント(14) | コメントを書く


2009年11月05日
カテゴリ:あおぞら劇場

ただいま2週間限定で公開中の話題の映画、

マイケル・ジャクソンさんの最後のリハーサル風景の

『THIS IS IT』を観て来ました。

 

先週、この映画の公開翌朝に

出勤中にカーナビから聴こえてくるTVニュース。

キャスターさん!

さっそく観て来たよ!と言いたいお気持ちの表れでしょうが、

そこまで内容を話してしまっては・・

まだ観ていない人間のことを考えて欲しいものです。

 

映画は、ぜひスクリーンで“体感”していただきたいと思う

ビンビンと心と身体に伝わってくるものがありました。

 

マイケル・ジャクソンさん。

あまり聴くことのないジャンルの音楽だったので、

しかも、様々なことで話題になられていて

一体どういうお方だろう?と謎の存在でした。

マイケルさんとの一方的な出会いは、高校1年生のときに訪れた

ユニバーサル・スタジオでのムーンウォークのスクリーンと、

ハリウッドやLAでもいろいろと展示などを拝見しました。

 

このたび最後となったリハーサルの映画を鑑賞して

マイケルさんのプロ意識の高さを感じたのはもちろん、

ダンサーさんたちの「マイケルさんと同じ舞台に立ちたい!」

という熱烈な思いがひしひしと伝わって来ました。

マイケルさんの音楽やダンスの才能は言うまでもなく素晴らしいです。

サニーにとって今回新たな発見だったのは、

周りの方々やダンサー志望者さんを

ここまで自分の世界にのめり込ませることが出来る、

そのお力を、本当に偉大だと思いました。

マイケルさん、これからも、歌い、踊り続けて下さい。

ひとまずは、お疲れさまでしたハート(手書き)

 

マイケルジャクソン映画091104

数年前に出来た街中のシネマコンプレックスに行きました。

全席指定で、座席もなかなかの座り心地です。

今回は初めてインターネット予約をいたしました。

満席にまではなりませんが、

後方座席はほとんど埋まっていました。







最終更新日  2009年11月05日 19時38分45秒
コメント(28) | コメントを書く
2009年08月19日
カテゴリ:あおぞら劇場

以前記事にてご紹介した「玉名納涼花火大会」の翌日は、

オペラ『フィガロの結婚』にご招待いただいていました。(8/8土曜)

劇場に行く前に、久しぶりに熊本電鉄「青ガエル」に乗りたい一心で

(本当は電車に乗らなくて行けるのに)遠回りしてお出かけしました。

途中の乗換駅(北熊本駅)で写真撮りまくっていたら、

運転士・波乗りオヤジさん に遭遇出来ましたひらめき

熊本電鉄の運行ダイヤ上、これまでなかなか

ゆっくりとお話することが出来なかったので

とてもうれしい良い機会でしたハート(手書き)

 

 劇場に着いて招待状と指定席券を引き換えると、

音もまとまって聴こえる、観やすい特等席が取ってありました。

劇場のレストランで、まずは赤ワインで乾杯きらきら

この開演を待つひとときが、より気分を盛り上げてくれます。

ヨーロッパでよく鑑賞したのを思い出します。

 

ストーリー等は、ぜひ皆さんご自身で

鑑賞なさってからのお楽しみということで

この場での紹介は控えさせていただきます。

 

今回のこの上演で何が特別だったかと申しますと

「古楽器」を使っての演奏だったということです。

考えてみれば、それは・・

なるほどひらめき そうですよ!!

オペラ『フィガロの結婚』が制作・上演されていた頃に

より近い形で上演出来るということなのです。

全4幕字幕スーパ付、途中30分間の休憩を挟んで

約4時間の公演でしたが

4時間という時間の長さをまったく感じさせない、

ぐいぐいと惹きこまれていくステージでした。

チェンバロの音色が今でも響いてくるような余韻をおぼえます。

この公演がこの日一度だけなんて

とてももったいないと思う素晴らしいものでした。

 

フィガロの結婚09080801

 

カーテンコールが終わるとすぐに

出演者さんたちはロビーに出てきて

観客の皆さんとの記念撮影に応じたり

お礼まわりをなさっていました。

心温まりますねダブルハート

フィガロの結婚2   フィガロの結婚3

フィガロの結婚4

 

一段落して、ご招待者と出演者さんとの

レセプションが劇場レストラン貸切りでありました。

会費も主催団体さまからのご招待です。

ありがとうございますハート(手書き)

ここでまた出演者の皆さんと懇談でき、

役作りに対する思いなども伺えて

とても興味深いひとときを過ごすことが出来ました。

 

フィガロの結婚5

↑こちらのお方は、熊本ご出身で全国でも

ご活躍されている有名なバリトン・オペラ歌手さん。

先月、素敵なご縁がございましたきらきら

とある700名規模の着席パーティがありました。

何せ人数が多いので、会場では遭遇出来なかったですが

終了後に会場ホテルのロビーで偶然発見し(笑)、

先方はサニーのことをご存知ないはずですが

当方は以前からステージも拝見しており、

近いうちに『フィガロの結婚』を観に行く予定だったこともあり

せっかくの機会なので

ぶしつけながらご挨拶させていただいたのでした。

そして、そのままもうお一方と3人でご一緒に

2次会にお誘いいただいたのでした。

クラブの個室でカラオケ。

さすが~ひらめき

お声がいいのはモチロン、

マイク要りませんね大笑い

楽しかったです。

また呑みましょうね~ハート(手書き)







最終更新日  2009年08月19日 17時27分16秒
コメント(18) | コメントを書く
2009年03月06日
カテゴリ:あおぞら劇場

本題の前に、ひとつ。

国語辞典、漢和辞典には、毎日お世話になっていますが、

昨日、おもしろいものを発見しましたひらめき

国語辞典で「しゅ」の言葉を探していたところ・・

首相(国語辞典)090305

真ん中の【首相】に目が留まりました目

「あやまり」でも載るのですねびっくり

こちらの辞書は、サニーが高校時代から愛用している古いものです。

現職さんは、果たしてちゃんと読めるのかしら!?

 

さて、記事タイトルにありますとおり、

先日久しぶりに映画館へ行きました。

映画 『感染列島』 を観てきました。

この映画は内容にも興味がありましたし、

ブログお仲間さんがエキストラ出演されているということもあり、

どうしても観たいと思っていました。

 

実は先月に一度、「今日観るぞ~グッド」と映画館へ向かう道中、

3回連続でレインチケットをお出ししていた方からお誘いの携帯電話があり、

その日は映画を諦めて、日本酒と化したのでしたぽっ

 

一昨日、やっとリベンジを果たすことが出来ましたOK

水曜日なので“レディースデー”、女性は1000円ですうっしっし

映画『感染列島』090304

街中のシネマコンプレックス。

数年前に開館したので、きれいで快適きらきら

全席指定です。必ず角っこを選びますウィンク

のど飴のサンプルをいただきました。

サニーは飴は舐めませんが・・

 

映画は、『感染列島』というタイトルそのもの。

次々と人がウイルスに感染していくというものです。

物語については、これ以上は控えさせていただきます。

実際に起こったら、とても恐ろしいこと、

でも、起こり得ること・・

自分が感染したら、いち早く気付いて

少しでも周囲への感染を防ぐのはもちろん、

普段から、単なる風邪等に対しても

予防に努めたいですね。

特にご高齢の方などは、風邪でも命取りになります。

タレントの飯島愛さんはお若かったですけれど、

肺炎が死因だったとのこと。

ご冥福をお祈りします。

 

映画では、感染の模様に絡めて、

様々な人間愛も描かれており、泣けました涙ぽろり

ぜひご覧いただきたい作品ですきらきら

 

ブログお仲間さんのエキストラシーンについては

さすがにご本人さまを認識は出来ませんでしたが、

事前にヒントをいただいていたので

「このシーンだひらめき」というのは判りましたグッド

 

ちなみに、映画 『おくりびと』 は、

こちら熊本市内の映画館では受賞後

連日入りきれない人で賑わっていると報じられています。

映画館離れが進む中、

映画館さん、ニコニコですね星







最終更新日  2009年03月06日 08時59分05秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年09月18日
カテゴリ:あおぞら劇場

昨夜は、地元新聞社主催の毎年恒例「熊日名人寄席」に行って来ました。

毎年この時期、敬老の日近くにご長寿感謝イベントとして行われています。

今年も、ご招待券を頂戴しましたハート(手書き)

主催は地元新聞社、協賛が知人の親しい方で、南阿蘇村ご出身で

現在は千葉で建設会社を経営されています。

南阿蘇村に桜を植樹し、「南阿蘇村桜日本一」村おこし運動を主導され、

今年2月にはこのような植樹式も開催されました。

巨額の私財を投じての故郷活性化のご努力には脱帽です。

 

さて、今年の出演者は、日曜夕方のご長寿番組『笑点』でおなじみの、

三遊亭 好楽 師匠と、三遊亭 楽太郎 師匠。毎度ながら、満席です。


熊日名人寄席080917-1


お弟子さんの後、好楽師匠、楽太郎師匠と続きます。

失礼ながら、やはりお弟子さんと師匠お二人とは、歴然の差を感じました。

オーラ、噺のテンポ、内容、貫禄・・ 師匠って、さすが師匠ですね泣き笑い

ご挨拶、世間話から自然に入っていかれる辺りも、

こちらがどんどん引き込まれて、会場は笑いの渦でした。

初めて知ったのですが、好楽師匠のご両親はサッカーとカライモ(さつまいも)の町、

熊本市内から阿蘇へ向かう途中にある大津町ご出身なのだそうです。

この日は夜の「熊日名人寄席」以外に、大津町と益城町(だったかな?雫)でも

高座に上がられ、 3ヶ所回られたそうです。大変なことです。

楽太郎師匠は時事ネタも交えながらの噺で、その内容と歯切れの良さに

会場は圧倒されていました。

 

敬老の日周辺での寄席の企画、これからも続けて欲しいものです。

老いも若きも、たくさん笑って、内面から若返りましょうウィンク


熊日名人寄席080917-2(白川水源の水)

協賛の建設会社会長さんから、来場者全員に

南阿蘇・白川水源の美味しいお水のプレゼントですハート(手書き)







最終更新日  2008年09月18日 14時12分37秒
コメント(21) | コメントを書く
2008年07月31日
カテゴリ:あおぞら劇場

昨日は水曜、映画女性1000円のレディース・デイということで、

先週の『クライマーズ・ハイ』に続き、宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』を観ました。

主題歌も大ヒットしているようですが、どのようなお話か全く知らず、

直前に公式ホームページをチラッとだけ見て、ギリギリに駆け込みました。

 

スタジオジブリ作品はいいですね~ 大人でも存分に楽しめます。

画像も、迫力があり、また、とても可愛かったり、美しかったりでした。

最初、スクリーンを観ながら「釣りしたーい失敗」衝動に駆られましたが、

やがて物語にどんどん引き込まれて行きました。

少ない登場人物ですが、人生や人間関係での大切なことを教えてくれます。

笑えるし、最初からちょっと泣きました。お子さまの教育にもよい作品です。

 

夏休みということもあり、ご家族連れ(母と子)の姿も目立ち、

いつもはレディース・デイでもガラガラ(1ケタ程度)の映画館が、

5分の1ほどは埋まっておりました(それでも数十名ですが)泣き笑い

 

コメントにてお薦めして下さった「早起き幸ちゃん」さん、

ありがとうございましたハート







最終更新日  2008年07月31日 18時40分42秒
コメント(14) | コメントを書く
2008年07月25日
カテゴリ:あおぞら劇場

一昨日の水曜は映画女性1000円のレディース・デイおとめ座

何としても観たかった映画 『クライマーズ・ハイ』を観てきました。

先週の水曜に観る予定でしたが直前に急用で行けなくなり、リベンジですウィンク

 

この映画は、ベストセラー作家・横山秀夫さんの小説を映画化したもので、

数年前に新聞社の友人から借りて食い入るように読みました。

1985年夏の日航ジャンボ機墜落事故を追う地元新聞社の模様を描いています。

事故当時まだ小学生でしたが、すでにスチュワーデスを志しており、

強烈に印象に残っています。事故自体にも当然関心があるのですが、

サニーは現在新聞社の人間と公私ともに接することが多いため、

新聞社の内部事情を知るにつれ、この小説にも大変興味を持ちました。

 

詳しくは書きませんが、当時と現代との様々な時代の変化ぶりや

新聞社の収入源の柱の重みなど、内部の人間からいつも話を聞いているので

とても変興味深かったです。記者職は、いつ何が起こるか分からないので大変です。

以前、お休みで新聞社の友人と温泉に行っていたときも、突如“号外”を出す

緊急事態が発生し、近いにも関わらず高速をぶっ飛ばして帰ったこともあります飛行機

また、消防・自衛隊・警察にも知人が多数いるので、

それぞれの知人のお顔を思い浮かべながら観入っていました目

 

間もなく、またあの8月12日がやってきます。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたしますハート(手書き)







最終更新日  2008年07月25日 17時40分39秒
コメント(15) | コメントを書く
2008年02月22日
カテゴリ:あおぞら劇場

今日の星占い、素晴らしいきらきら

星

美川憲一さんのコンサートの後、まだ午後8時半だったので、

前回フラれた「もんじゃ焼き」のお店に駆け込みました足跡

ラストオーダーが午後9時。間に合いましたグッド

やっと鉄板にて、もんじゃですスマイル

出来るだけ姉の好みを尊重。 でないとケンカになるっ

1つ目はサニーが焼き、あとの2つは姉がおぼつかなくも焼いてみました。

もんじゃ

演歌歌手の方の情報交換をしたり、旅行の話ししたり

美味しく食べて飲んで‥ビール

 

握手した憲ちゃんのぱーの香りは、儚くもんじゃの香りに‥泣き笑い

 

 

さて、夜はこれからですウィンク

前回3人でたまたま行ったカラオケやさんに行くことに足跡

 

サニーは新しい曲はさっぱり解りませんので、昔の曲ばかりですが、

姉はいろいろ知っていて、昨年の陣内智則さんと藤原紀香さんの

結婚披露宴で、陣内さんが弾き語りをしたという曲も歌っていました。

対抗してサニーはSMAPの『世界にひとつだけの花』を歌いました。

歌詞が、好きなのです。これも、もう新しい曲とは言えないのでしょうか雫

 

若者の曲を知らないサニーがこの曲を知っているのは、

以前会合で何度か歌ったことがあるからです。

数年前、ある女性だけのボランティア団体の事務局を担当。

総会で、奈良・橿原市と大分・別府に行きました。

懇親会の最後に、この曲を全員で輪になって手をつないで歌うのですひらめき

奈良の大会の時には約800名。まさに壮観で、また、

頑張ってきた活動の一区切りということもあり、感極まりました涙ぽろり

 

歌詞のご紹介をもって、皆さんへのエールといたしますハート(手書き)

 

『世界に一つだけの花』 作詞・作曲 槇原敬之

 

NO.1にならなくてもいい

もともと特別なオンリーワン

 

花屋の店先に並んだ

いろんな花を見ていた

ひとそれぞれ好みはあるけど

どれもみんなきれいだね

この中で誰が一番だなんて

争うこともしないで

バケツの中誇らしげに

しゃんと胸を張っている

 

それなのに僕ら人間は

どうしてこうも比べたがる?

一人ひとり違うのに

その中で一番になりたがる?

 

そうさ僕らは 

世界に一つだけの花

一つとして同じものはないから

NO.1にならなくてもいい

もともと特別なオンリーワン

 

困ったように笑いながら

ずっと迷ってる人がいる

頑張って咲いた花はどれも

きれいだから仕方ないね

やっと店から出てきた

その人が抱えていた

色とりどりの花束と

うれしそうな横顔

 

名前も知らなかったけれど

あの日僕に笑顔をくれた

誰も気付かないような場所で

咲いてた花のように

 

そうさ僕らも

世界に一つだけの花

一人ひとり違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

 

小さい花や大きな花

一つとして同じものはないから

NO.1にならなくてもいい

もともと特別なオンリーワン

 

チューリップ080125







最終更新日  2008年02月22日 06時36分39秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年02月21日
カテゴリ:あおぞら劇場

いいえ私は、乙女座の女~音符

ですが、 何か?

美川憲一さんのコンサートに行って来ましたスマイル


母の仕事が、3月からまた忙しくなります。

週末返上で毎日午後10時まで。職場で夜のお弁当支給。

その前に、姉とオンナ3人でおとめ座おとめ座おとめ座

 

会場はサニーの会社から徒歩5分の熊本市民会館。

じゅうぶん間に合うはずが、就業間際の急な依頼ごとでギリギリにしょんぼり

普段デスクで履いているナースシューズでマッハです馬雫

 

懐かしい歌の数々も良かったし、トークがまた面白いのです。

相変わらずの毒舌ぶりで、会場は終始笑いの渦に包まれていました大笑い

芸能界の裏情報も、ユーモアたっぷりにお話下さいました。

紅白歌合戦の控え室は、個室(2人で一部屋)は数えるほどしかなく、

いわゆる大御所以外の皆さんは、男女別の大部屋なのだそうです。

 

途中で客席に降りて、1階席の一番後ろまで行かれ、

数本ある通路もほとんど回り・・たくさんのファンと握手タイムぱー

2階席の前方の方は、上から身を乗り出して見ています。

サニー一行は、姉が8列目を取っていたので握手してもらえました。

お化粧はサニーよりも濃く、手は柔らかくて女性の手みたい目がハート

握手した後、美川さんの香水の香りが手に残り、

これがまた、とってもいい香りなのですさくら

 

衣装は、洋装→和装→洋装→スペシャルひらめき

お着物姿の美川さん、素敵でしたダブルハート

着物も帯も根付選びも、そして着付けもすべてご自身でなさるそう。

帯が、とても綺麗にキュッと結んであり、高さもちょうど良くて見とれました。

ジュエリーも、衣装ごとに全部取り替えていらっしゃいますきらきら

 

最後の「スペシャル」とは、一昨年の紅白歌合戦で着られた

クジャクの羽を使った豪華な衣装びっくり

サニーは紅白、もう20年ほど見ていません・・

歌われたのは、もちろん『さそり座の女』さそり座

日刊スポーツさんの芸能ニュースに、ラスベガスでの画像が出ています。

美しい羽とキラキラとで、前も後ろもとても豪華な衣装でしたきらきら

 

昨年末の紅白では、赤のオーストリッチの豪華衣装だったとか。

今年のうちに、コンサートで着られるように現在調整中なのだそうです。

今回3年半ぶりの熊本でのコンサートだったので、

しばらく熊本ではお目にかかれないと思いますが、

皆さんのお近くへ行かれることがあるかも知れません。

ご興味がおありの方は、チェックしてみて下さいウィンク

 

コンサート終了後、CD購入者には握手会があります。

サニー一行はCDは買わず、グッズだけ買って会場を後にしました。

憲ちゃん手ぬぐい

↑ミニハンドタオル、手ぬぐい泣き笑い

憲ちゃん饅頭

↑憲ちゃん饅頭

ひと口サイズのを半分、味見しましたが、美味しいですグッド

 

美川憲一さんの過去の全盛期を、サニーはライブでは知りません。

サニーが生まれる前からすでに、紅白歌合戦にも出場されていました。

それが一時期、事情により低迷され、またブームとなられたのは、

ものまねタレントの火付け役、“コロッケ”さんによる影響も大きいでしょう。

その“コロッケ”さんは我が熊本県出身なので、

サニーの中では、美川憲一さんはコロッケさん抜きにしては語れません。

これまで特に興味を持ってはいませんでしたが、

コンサートがこんなに楽しいと、また行きたくなります大笑い

 

~オンナ3人の夜は、まだまだ続きますえんぴつ







最終更新日  2008年02月21日 21時39分29秒
コメント(22) | コメントを書く
2008年01月28日
カテゴリ:あおぞら劇場

熊本県立美術館で開催された『世界遺産 ナスカ展』に行ってきました。

隣りは熊本城横の「二の丸公園」。

暖かい時期はご家族連れや、桜の頃にはお花見客でも大賑わいですさくら

二の丸公園  熊本県立美術館

 

訪れた日曜は最終日。期間中4万人を突破したのが前日の土曜で

テレビニュースでも取り上げられ、とにかくものすごい人ショック

サニーは先日の新春交礼会でいただいたご招待券を使いましたグッド

入口では主催テレビ局の知人2人がチケットもぎりをしており、

館内でも数名の知人と顔を合わせ、駆け込みなのは皆、同じでした泣き笑い

 

ナスカの地上絵は20世紀に発見されて以来、エジプトのピラミッド等の

「世界の7不思議」に次いで、「世界8番目の不思議」と言われています。

宇宙人説、天文学説、儀式説など諸説ある中、未だ決定的な根拠がなく、

地上絵の目的は解明されていません。現在は「儀式説」が有力とのことです。

 

以下は、ナスカ展のご案内より一部引用です。

【(前略)ナスカ文化は紀元前100年頃から紀元700年頃に、現在のペルー共和国の

南海岸地方に栄えました。「ナスカの地上絵」として世界中に知られる数々の

巨大図像もまた、このナスカ文化の栄えた頃に描かれたといわれています。

ナスカの地上絵とともにナスカ文化そのものも多くの謎に包まれています。

不思議な図像の描かれた多彩食の土器や、精巧な技術と様々な色を使って

織り上げた織物、外科手術跡が残るミイラなどが、遺跡から多数出土しています。(後略)】

 

古代ナスカの人びとの生活に密接な出土品などが展示されており、

日本の縄文時代や古代エジプトの出土品と、頭の中で比べながら見ました虫眼鏡

 

ナスカの地上絵はどれもスケールが大きく、

上空から見ないと全体像を把握するのは不可能ですNG

地上絵は、パンパと呼ばれる大平原の表面を覆う黒い石を除けて、

白い地表をあらわにして描いたもの。

この黒い石と白い表面の一部をガラスで覆って展示してあり、その前方には

パネルに描かれた地上絵が続いています。この、ガラスの上に乗ってよいのですひらめき

「地上絵の上を、歩いてみましょう足跡」 粋な展示です。もちろん、乗ってみましたスマイル

バーチャル画像のスクリーンでの地上絵ツアーも、解りやすく興味深かったです。

 

一番人だかりがしていたのは、「ミイラ」の展示と3分間のスクリーンにての説明。

推定6歳・ナスカ後期の子どものミイラは、保存状態が良く眼球まで残っています。

おそらく、冬季に冷凍に近い乾燥した状態で保存されたのではないかとのことです。

他にも、外科手術の痕が残っている頭蓋骨も多数ありました。

 

最後に、来館した小学生たちが画用紙に描いた「地上絵」を展示してありました。

人のお顔や動物あり、本人でないと判別つかないものあり・・と様々です。

あなたなら、どんな地上絵を描きますか!?

 

やっとのことで見終わると、ミュージアムショップがあります。

今回は、サニーにしては珍しくいろいろと買ってしまいました賞金

ナスカ展ショップ

↑ペルーの楽器等も売っていました。
買おうかと手に取りましたが、止めましたNG

 

展覧会でほとんど毎回買うのは「葉書」です。

はがき1

↑左:葉書セットのホルダー 右:ナスカの地上絵、「コンドル」

はがき2

↑左:「イヌ」      右:「クモ」

はがき3

↑上:「クジラ」(背景は肌色) 左:「ハチドリ」 右:「サル」

 

ナスカ展1

↑「クモ」の地上絵のクリアファイル。淡いお色味が気に入りました。

左上の黒いものは、ナスカ平原の近くの川原の石に、地上絵の柄を刻んだもの。

そしてこれ↓は・・

ナスカ展2

 

 

オカリナです音符

「観賞用として、楽器としてお使い下さいハート(手書き)

帰宅して、早速吹いてみました。

高音が少しズレますが、一応ちゃんと鳴りますスマイル

ほとんど観賞用になるかと思いますが・・雫

 

一目惚れしたのはコレ↓です!!

ナスカ展3    ナスカ展4

↑ポーチ 大・小                  ↑裏面

ナスカ展5   ナスカ展6   ナスカ展7

↑留め具の木彫りも、それぞれ違います。

小さい方は、ちょうど携帯電話が入るサイズ。

サニーはクリスマスプレゼントにいただいたばかりのデジカメ(赤)のケースがなくて

以前のデジカメのケースをそのまま使用していましたが、大きさがピッタリひらめきなので

これを新デジカメちゃん用にすることにしましたダブルハート(以前のデジカメも健在ですので・・)

大きい方は、このときに使用するつもりで買いました。

今年は当番期で大変ですが、これ提げて、暴れます馬大笑い

 

ナスカ展、古代ペルーの世界にすっかり引き込まれました。

この古代からの謎めいた贈り物が、昨今は車の轍や道路などにより、

見難く侵食されているとのこと。失ってはならない素晴らしい遺産を、

良識ある人びとの手で守りつづけて欲しいものです。

『ナスカ展』、皆さんのお近くで開催される折には、ぜひ足をお運び下さいクール







最終更新日  2008年02月28日 23時17分10秒
コメント(24) | コメントを書く

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.