3794447 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

あおぞらスタジアム

2009年07月14日
XML

昨夜は職場の社員会(組合のようなもの)の

「ミニソフトバレー」大会でした。

ルールはソフトバレーとミニバレーを

足して2で割ったようなものです。

決まり事はいろいろとありますが、

とにかくその時の指示に従うことにしましょう。

 

結果は、6チーム中、3位でした。

前回は7チーム中、準優勝だったのですが・・

今回は、3位にやっと喰らい付いた、という感じです。

 

4試合やりました。

1試合目、あれよあれよと言う間に敗退。

2試合目、ちょっと負けていましたが、

サニーのサーブで連続6得点で勝利。

3試合目は準決勝戦。

うちのチームは一人多かったので

サーブ入りのローテーション。

2~3回しかボールに触らないうちに敗退。

ここで、決勝戦への道は閉ざされました・・

 

最後の4試合目は3位決定戦。

4-11でボロ負けしていました。

あぁ~、今回は3位にもなれないか・・

サニーにサーブが廻って来ました。

!!

あらあら・・

同点に追い付いちゃいましたひらめき

そして、そのまま15点まで行って、

勝っちゃいました大笑い

サーブだけで大逆転の3位でしたグッド

誰もがお相手さんが勝つと思っておられたでしょう。

やったぁ~きらきら

 

前回もサニーはサーブで連続10得点ぐらいしているので、

「サニーさん」=「サーブの怖い人」というのが

定着しているようです。

チームは当日くじ引きで決めます。

1位、2位のチームは、たまたま元バレー部さんが片寄り、

シロウトでは太刀打ち出来ませんでした。

その中での3位は、自分の中では満足です。

わいわいキャーキャーと、とっても楽しかったです音符

 

汗かいて、急いで帰ってビールは最高でしたきらきら

しかも、帰りに寄ったコンビニでは

下矢印こちらと出会えましたハート

SL人吉クンスーパードライ09071301

SL人吉クンスーパードライ09071302







最終更新日  2009年07月14日 08時49分29秒
コメント(200) | コメントを書く


2009年04月17日

世間はイチロー選手の話題で持ちきりですね。

35歳の若さでの最多安打タイ、おめでとうございます星 

こちら熊本からは、地元の話題をお届けしますえんぴつ

 

先日4/14(火)(=ロアッソの第8節の前日)は、

熊本の藤崎台球場にてプロ野球の試合がありました。

前夜から当日お昼過ぎまで降り続いた雨も何とか上がり、

無事に試合が開催されました。年に一度しかありません雫

ソフトバンク vs 西武の試合です。

観に行ってはいませんが、TV中継にて最後の15分間ほど観ました。

この試合は熊本県民の関心が、例年以上に高かったのです。

ソフトバンク監督に就任された秋山監督が、

熊本県南部の八代高校出身だからです。

秋山監督にとって、故郷での初采配ひらめき

自身が、高校時代に甲子園目指して戦った球場に、

プロ野球監督として戻ってくる・・

感無量だと思いますきらきら

 

始球式は、アカデミー賞受賞の映画『おくりびと』の脚本家

小山薫堂さん(=熊本県天草市出身、天草市名誉市民賞)。

また、女子プロゴルファーの上田桃子さん(=熊本市出身)と

熊本市長が両チームの監督に花束贈呈をして、

豪華なスタートとなりましたきらきら

 

試合は3-5で、秋山監督の初采配は残念ながら黒星★でしたが

ご両親も大変よろこんでおられたようで、

何よりの親孝行になったと思いますハート(手書き)

また、同じく熊本・八代出身の松中選手

今季第2号となるホームランを放ち、

こちらも観衆・県民ともに大いに沸きましたきらきら

こうして地元出身の方々が各界で活躍している姿は、

県民に夢と希望と元気を与えてくれます星

 

14,451名の応援団の皆さん、お疲れさまでしたハート(手書き)

ロアッソも、ホームで1万名以上を集められるよう、頑張りましょうハート

 

また本日4/17(金)~19(日)まで、

「女子プロゴルフツアー・ライフカードレディス2009」が行われ、

熊本県出身選手では不動裕理、大山志保、

上田桃子、古閑美穂さんらが勢ぞろいです。

こちらも頑張って下さいハート(手書き)







最終更新日  2009年04月17日 12時08分33秒
コメント(21) | コメントを書く
2009年03月12日

昨夜は会社の社員会(組合のようなもの)のミニバレー大会でした。

初の企画です。「社員会」といえば、先月こちらをゲットしたばかりですね。

昨秋からサニーはプライベートでミニバレーを始めましたが、

腕前はまだまだ初心者レベル。

参加者はきっと、バレー部出身者ばかりだろうなぁ~、と

ひるみましたが、会社にお友達の居ないサニーにとって

この社員会のイベントはよい交流になるので参加しました。

 

ミニバレーは、都合により毎週練習に行けるわけではないし

今月はメンバーの皆さんお忙しいので、1ヶ月間お休みです。

マイボールで練習する予定でしたが

練習相手とのスケジュールがなかなか合わず

最後にミニバレー出来たのはもう1ヶ月前になります。

 

社員会からのイベント案内では、「ミニソフトバレー大会」とありました。

「ミニソフトバレー」とは何でしょうか。

通常の固いボールでプレイするバレーボールと違い

「ミニバレー」は柔らかいボールで、15点までで終了。

4人対4人で、3回(3回以内でなく、3回で)で相手コートへ返す。

ただし同じ人が2回触ってはいけない。サーブは下から。

「ソフトバレー」は、ミニバレーの柔らかいボールと

見た目は変わりませんが、ちょっと硬いです。

1回で返すことも可、つまりブロックなども出来ます。

サーブも上から可。 21点まであります。

 

では、「ミニソフトバレー」って何? 担当者の造語でしょうか。

ルール説明がありました。 3回で返します。

サーブは上からもOK。21点まで。ソフトバレーのボール。

ミニバレーとソフトバレーを足して2で割ったようなものです。

まぁ何でもいいです。この日のルールに従えばよいのです。

力加減を考慮して、男性は飛び上がってのアタックは自粛でした。

 

県立総合体育館で2コート借りてあり

チーム分けは集合してからくじ引き、7チーム成立です。

2つに分けて、それぞれのリーグで2試合して

その後トーナメント方式。合計最低3試合、勝てば4試合まであります。

 

開始前に少しだけパスの練習をしましたが、

思っていたより、ボールが固い!

ソフトバレーのボールには初めて触りました。

こんな状態で大丈夫なのでしょうか・・

そして恐ろしいことに、参加者の半数以上がやはり

“元バレー部”

いやぁ~ん・・

頑張るしかないですね・・

 

試合開始。

サニーたちは最初の回はお休み。

観ていると、2コートとも接戦でおもしろいです。

サニーたちの第1試合も接戦ながら

21-20(ジュースは無し)で逆転勝ち。

次の回はまたお休み。

しかし、選手がまだ一人到着していないチームがあり

サニーさん、出ない?と誘われました。

下手でご迷惑をお掛けするので最初は遠慮しましたが

練習にもなるので、恐縮ですが出させてもらいました。

その結果、良かったです☆

ボールにもだいぶ慣れたし、点数は忘れましたが圧勝でした!

 

チームとしては2試合目(サニーには3試合目)は

残念ながら、少しの差で負けました・・

続く3試合目(サニーは4試合目)、

ここからトーナメント方式で、負けたらもう後がないです。

1試合は負けたけど、ここで勝てばまだ優勝のチャンスがあります。

結果は、圧勝!

サニーのサーブはなかなか受けにくいようで

サーブでいつも何点も稼ぎますが

この試合では10点以上を一挙に連続で取り

その次の廻りでもあと数点を稼ぎました。

圧勝だったので、21点なのに20点に戻されて

オマケの続きがありました。

内輪ならではのご愛嬌ですね。

これで逆転されたらショックですが、

すぐにまた1点とってゲーム終了。

決勝戦へと進みました。

 

決勝戦では、最初は互角でしたが

途中から、意外にも味方の元バレー部さんがアウト連発・・

きっと、バレーに対する思い入れが強くて焦られたのでしょう。

相手チームも強かったですし・・

残念ながら敗退、準優勝となりました。

 

優勝チームには、メンバー4名それぞれに

商品券5000円分が贈られました。

 

とにかくメチャクチャ楽しかったです♪

またやろうという話になっています。

それまでにもっと練習しておかなくちゃ。

 

最後に、サプライズがありました。

なんと・・

普段一緒にやっているミニバレー仲間の友人(社外の人)が

実は、観戦に来てくれていたのです・・

えーっ!

全く気付きませんでした。

すっごく恥ずかしい・・

でも、わざわざ来てくれるなんて、とてもうれしいです。

今回のサニーのプレイ、

なかなか良かったとの評をいただき、ホッとしました。

 

その場で解散なので、直帰しました。

おウチで釣果で打ち上げです☆

タコ09031101

↑タコのバター醤油炒め

タコ09031102

↑前記事のタコの卵の煮付け  見た目はまるでタイ米です。

タコ09031103

↑タコの干物を炙りました。

煮付け、お味噌汁はまだ鍋いっぱいあります。

スーパードライと月桂冠さんでいただきました。

とても楽しく、美味しい夕べでした。

 

今日は会社で、昨夜の参加者さんたちの

「楽しかったけど、筋肉痛・・」というお声が聞こえます。

サニーは、鍛えているので今回筋肉痛にはならない自信がありますよ!

で、3日後に来たりして・・







最終更新日  2009年03月13日 08時20分40秒
コメント(14) | コメントを書く
2008年08月29日

昨夜は、友人が通っているミニバレーの練習に同行してきました。

熊本市外の住宅地の体育館であり、少々遠いのですが・・

 

サニー、ミニバレーやったことありませんNG

というか、普通のバレーボールですら中高の体育のときぐらいしか・・

柔らかいボールって言われても、一体どんなボール???

ルールまったく知らないぞ雫

でも・・ なんか楽しそう音符

という訳で、連れて行ってもらいました大笑い

実は先週行く予定だったのですが、会場の体育館の都合で中止になり、

1週延びたので行きたいボルテージがより一層高まっていたのでした炎

 

行って、まず皆さんに「スミマセン号泣」とご挨拶。

だってやったことないんですもん・・

1分ばかりトスの練習をしたら、いきなりゲームです。

えーっ雫

皆さんはそれでいいでしょうが、サニーは・・しょんぼり

 

しかしやってみると、まぁ、何とも面白いですねぇ。

もちろんミスもたくさんしますが、初心者にしてはマシだったようです。

サニーのサーブが、けっこう受けにくいようですグッド

中年のご婦人層に、男性陣ちらほら。

和気あいあいとした雰囲気で、いっぱい笑いました大笑い

とっても楽しかったです。

2時間弱の練習、汗びっしょりになって、帰ってからのビールが最高でしたきらきら

また行くぞ~ウィンク

 

3月にひどく捻挫した足首が、まだ痛いんだけど・・







最終更新日  2008年08月29日 17時54分41秒
コメント(21) | コメントを書く
2008年08月23日

昨日は2度も大雨に当たってしまったものの、夕方の退社時は降っておらず、

また、今朝は駅に着いて電車に乗ろうとした瞬間に大粒の雨が降り出し雷もゴロゴロ、

ところが駅に着いたらポツポツの雨に変わっており、ツキが戻ったようです月

しかし昨夜は恐ろしかった・・どくろ

午前3時頃から雷がなり始め、カーテン越しに、光る光るいなずま

それもあちこちで次々に。すぐそばにもいくつも落ちて、本当に怖かったです。

この雷雲が、なかなか移動せず、少し遠くに行ってもまだ近くに時おり落ちていて、

午前4時頃まで不安な夜を過ごしました。こういう時は、寝ていて何も知らない方が

怖くもなくて良いのでしょう。火事なら逃げなくてはなりませんが・・

 

さて、その前には、北京五輪の陸上男子400メートルリレーをTV中継観戦。

4人の選手たち、やってくれました!!

オリンピック男子トラック種目では史上初の、銅メダル獲得グッド

試合後のインタビューも、何とも印象的でした。

第2走者の末続(旧字に変換出来ず)慎吾選手は熊本県出身。

何度かお目にかかっているので、大変親しみがもてます。

他に、県勢では金メダル獲得の柔道・内柴正人選手、

バドミントンで4位の「スエマエ」ペアも大健闘炎

良かった、良かった。感動を、ありがとうハート







最終更新日  2008年08月23日 10時53分47秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年08月12日

北京オリンピック、水泳の北島康介選手は堂々たる金メダル、おめでとうございますハート

これに先立ち、日本の金メダル第1号を決めてくれたのは柔道の内柴正人選手。

かつてのメダリスト、山下康裕選手や山本洋祐選手(=中学の友人の従兄弟で、

授業1コマ講演し、色紙に「日々努力」と書いて行かれましたダブルハート)を

排出した柔道王国熊本の選手であり、いち県民として大変誇りに思いますきらきら

 

また、熊本はバドミントン王国でもあり、陣内貴美子選手も熊本出身です。

昨日、粘りを見せて準決勝進出を決めた末綱・前田ペアの前田選手は鹿児島出身ですが、

高校は陣内選手と同じ熊本の女子バドミントンの強豪校の出身で、

6月には盛大に末綱・前田ペアと男子・大束選手の壮行会が開催されました。

つい先ほど、知人でその高校の関係者と話していたところ、

あちこちから取材が殺到し、夏休み中の職員を緊急招集、

明日は万全の応援態勢で臨むそうです。「朝ズバッ」にも出るとか!?

 

バドミントン競技がオリンピックの正式競技になった1992年のバルセロナ大会から、

今回の北京大会出場の3選手を含め、熊本県からは、延べ14人の選手が

オリンピック・バドミントン競技に出場しています。

ちなみに、我が母校は男子バドミントンの強豪で何度も全国制覇、

ボート部も強くて、世界大会などに行っていますヨット

 

他に、熊本県出身・関係者としては、陸上の末継慎吾選手、セーリングの牧野幸雄選手、

フェンシングの久枝円選手、野球の荒木雅博選手(中日ドラゴンズ)が出場しています。

 

物騒なニュースが相次ぐ中、夢と希望を与えてくれる選手たちに感謝ハート(手書き)

頑張れニッポン旗







最終更新日  2008年08月12日 17時37分35秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年12月29日

ずいぶん前の記事で恐縮ですが・・雫

年賀状作成で大変な最中の天皇誕生日、23日に
サッカー天皇杯の準々決勝の観戦に行ってきました泣き笑い

熊本では、FC東京 vs サンフレッチェ広島の対戦。
          KKWINGにてサッカー

 天皇杯1223 

ご覧のとおり、メインスタンドはガラガラひらめき
地元チームの対戦でないのと、チケット代がけっこうな額だからでしょうか。

              両スタンドの方が賑やかですスマイル

天皇杯FC東京   天皇杯広島
↑向かって左手 FC東京サポーター  ↑右手、サンフレッチェ広島サポーター

西日本とあってか、サポーターはサンフレッチェ広島側が多く見えましたが、
声援の音量は、圧倒的にFC東京の方が沸いていて大きかったですスピーカ
サニーはどちらのファンでもないですが、同じ西日本なので広島を応援することにウィンク

もう時間が経ってしまったのでゲームの詳細を忘れましたが・・雫
全般に広島がボールをまわし、前半2点獲得を守りきり、2-0で準決勝進出グッド
5,148名の観客の皆さん、お疲れさまでした。

 天皇杯GOAL  ←「GOAL!」ロッソの時とは画像が違います!

両方J1チーム、サンフレッチェ広島は先日のJ1・J2入れ替え戦ですでにJ2降格が
決まっていましたが・・ 上手かったです。パス回しが正確。ロッソだったら蹴らないような
ところに蹴って、うまく繋げます。そして、ちゃんと最後まで必死でボールを追いかけます。
見ていて、J2に昇格したロッソ熊本との実力の差を見せ付けられました。当たり前といえば
当たり前、しかし、今年2月の熊本城築城400年記念試合では、J1チームとそこそこの
試合をしていたのですが。。 これからのロッソの活躍を願いたいと思いますハート(手書き)

ロッソ熊本は、商標権の都合により、明けて元旦より「ロアッソ熊本」に改名します。
今後ともご支援よろしくお願いします。先日監督ともお話しました。意気込み十分ですグッド

 

星番外編星  今回はスタンド席ではなく、貴賓室へご招待いただきましたピンクハート

VIP駐車券で、秘密の裏口の前まで乗り付けられましたスマイル

貴賓室1  貴賓室2
                         ↑パンフレットもいただきましたスマイル
                          普通に買うと、一部1000円ひらめき

天皇杯1223料理1  料理2  料理3
                        ↑おにぎり

       料理4   料理5

15:00キックオフなので軽食ですが、エビフライが、右の盛り合わせの方が
頭付きですっごく大きくて大満足でした!寒いときには貴賓室、ありがたいですダブルハート

サッカー天皇杯決勝戦は、1/1 14:00 キックオフ、国立競技場にてサッカー

      サンフレッチェ広島  対 鹿島アントラーズ

       ~NHK総合テレビで生放送がありますウィンク







最終更新日  2007年12月30日 00時13分47秒
コメント(200) | コメントを書く
2007年09月12日

お見事な逆転勝ちでした!!

サッカー国際親善試合で日本代表は未明からスイスと対戦サッカー

開始早々スイスペースで、前半たて続けにFKとPKから2点を奪われます。
折り返した後半は一転して日本ペース。後半7分にPKを中村俊輔選手が決め、
続いて中村俊輔選手のFKを熊本出身の巻選手のヘディングシュートで同点に。
さらに中村俊輔選手が再びPKを決めて3-2と逆転! しかし喜びもつかの間、
3分後の後半35分には1点を返され3-3の同点に失敗 またPKか・・と思っていたら、
ロスタイムにGKに弾かれた玉を矢野選手が押し込み、そのまま4-3で試合終了!!


PK、FKに振り回された試合でしたが、後半の日本の挽回ぶりは劇的でした。

優勝おめでとう、オシムジャパン旗







最終更新日  2007年09月14日 02時59分13秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年09月08日

まっ、負けたっ号泣

オーストリア・クラーゲンフルトにての国際親善試合、
日本代表vsオーストリア代表  オシム・ジャパン初の欧州遠征サッカーマラソン

日本代表の方がシュートも多く放っていましたが、結局は0-0のまま後半も終了。

PK戦へ・・

先攻オーストリア。3人目までは双方ゴールを決めましたが・・
4人目、オーストリアはマル、日本は・・バツ 会場からは大歓声ムカッ
5人目、オーストリア・・バツ、日本GK川口選手ちょっとホッとした表情
しかし、続く日本も・・バツ 結局3-4でPK負け失敗

残念ですが、試合内容としては良かったと思いますグッド
ただ、チャンスを正確に決められなかったNG それが勝負ですが・・雫

試合後のオシム監督、ちょっと優しくなりました?
たまたまでしょうか!? いつもなら、見たくないくらい怖いので・・しょんぼり

次のスイス代表戦(11日)に向けて、ガンバレ日本旗







最終更新日  2007年09月08日 06時06分55秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年08月23日

珍しくフリーの昨夜、折りしもサッカーの日。
直帰し、サッカーテレビ観戦3連チャンスマイル


後半から見ましたが、キリンチャレンジカップのカメルーン戦サッカー
1-0で前半に先制点を挙げて折り返した日本はどうも押され気味。
特に終盤の15分間はいつカメルーンに得点されてもおかしくない状況。
ハラハラしながら見ていましたが、終了間際の後半44分、こぼれ玉を
見事なミドルシュートを決めて2-0で勝利。いつも怖いオシム監督の
笑顔が印象的でした。  カメルーン‥ 恐るべし素早さですびっくり

大分石油ドームにての試合。デザ大修学旅行で行った中津江村から
500人の応援団とはすごいです。2002年WCカメルーンキャンプ地として
一躍有名になった小さな山奥の村、中津江村。2005年に日田市と合併
していますが、カメルーンのお陰で「中津江村」の名前が残るに至りました。
別の機会に触れますが、合併して抱えるさまざまな問題もあるようです。

U-22北京五輪アジア地区最終予選、ベトナム戦サッカー
初戦でホーム、何としても勝ちたいところです。
強気で攻めるも得点には結びつかず、このまま前半終了と思った前半ロスタイム、
コーナーキックからヘディングシュートにつなげ、日本先制点で後半戦へ。
何度もチャンスはあるものの、正確さを欠き追加点を奪えぬまま試合終了。

逃げ切ったものの、1-0は恐ろしいですね。日本はC組で、サウジアラビア、
カタール、ベトナムとホーム&アウエィの総当たり戦。各組1位のみしか
北京へは行けませんので、取りこぼしのないよう頑張ってほしいです。

U-17WC ナイジェリア戦サッカー 3-0で黒星★
これは‥ 力の差が歴然としていました。
パスミスや瞬発力、俊足力、全てにおいて相手が上でした。
まだまだ若いよ、これから頑張ろうウィンク







最終更新日  2007年08月23日 06時30分13秒
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.