3794369 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

あおぞら家の人びと

2012年03月17日
XML

お久しぶりです!の方も、初めまして!の方も、こんにちワン犬

ボクはあおぞら家の愛犬・ロンです。

これまで☆サニーお姉ちゃんのヒコーキで

ボクもたくさんフライトを楽しんできた。

楽しんでいるボクを見て喜んでいるお姉ちゃんを見るのが嬉しくて、

毎日ワクワクしながら過ごしてきたよ。

そんなボクに皆さまからもたくさんのコメントをいただいて、

ボクの肉球では到底お返事も書き込めないのに、

本当にありがとう。

 

このたびボクは、新たな世界へ旅立つべく、転職を決意したんだ。

これまでのお仕事は、お母さんやお姉ちゃんたちを楽しませる

“癒し系コメディアン”だった。

長年の実績が認められて、この度あおぞら家を見守る

“ナイト”の位を授かったんだ。

定年退職はない。ずっと続けられるお仕事なんだよ。

 

あおぞら家には昔から身内の誕生日や命日に自分も“ナイト”の仲間入りをするという

マジックのようなご先祖さまのご配慮があるんだ。

ボクは、あと数日後3/22のお母さんのお誕生日まで

頑張ろうと思っていたけど、今日3/17はおばあちゃんの命日で、

お迎えに来てくれたから先に一緒に逝くことにしたんだよ。

道に迷わずお父さんのもとに連れて行ってくれるので安心だね。

お母さんのお誕生日には悲しませたくないし、

ご先祖さまがお彼岸パーティで歓迎会を開いてくれるよ音符

 

☆サニーお姉ちゃんやお母さんはここ数日毎朝出かけ前に

万一のことを考えて、もしそれが最期でも悔やまぬ挨拶をしてくれていた。

ボクはもう十分満足なんだ。

心に迷いが生じないように、ボクは誰もいない間に

おばあちゃんの道案内で旅立った。

お姉ちゃんは今季初運行の恋人に逢いに行っていたよダブルハート

四季目初運行人吉クン

 

ボクのちっちゃな身体での17年3ヶ月の犬生は、

人間の皆さまの110歳の人生に相当する。

大病することもなく、最期苦しむこともなく

想い出いっぱいの我が家で静かにボクは永久の眠りについた。

 

そしていま、ボクは初代ご主人さま・お父さんと再会できているよ!

お父さんは2代目ご主人☆サニーお姉ちゃんにありがとう!と言っているよ。

お父さんが11年前に旅立ってから1年後にお姉ちゃんがお家に帰って来た。

その日からボクは☆サニーお姉ちゃんを2代目ご主人さまと決めたんだ。

お母さんにはご飯係やお散歩係ばかりしてもらって申し訳なかったけど、

お父さんが居なくなって数年後にお母さんが言ってくれた一言は

一生の宝物だよ。

「ロンがおったけん(旦那の死を)乗り越えられた。」

だからお姉ちゃん。

これからはボクの分までお母さんのことをよろしくね。

ボクはお父さんと、ずっと近くでみんなを見守っているからね。

 

これまで本当にありがとうございました。

皆さまにとっても、人生が素晴らしい悔いのないものでありますように

心より願っているワンきらきら

 

 







最終更新日  2012年03月20日 05時04分51秒
コメント(200) | コメントを書く


2011年07月08日

先ほどNHKさんの小学生向け理科のTV番組を見ていて

とても懐かしく思ったことをポツリと・・えんぴつハート(手書き)

 

「ほうせん花」というお花をご存知でしょうか?

我が家は小さい頃からずっと庭にありました。

そう言えば‥ 今、なくなっていますが‥

 

「ほうせん花」の想い出。

女の子ならではの想い出と言えるでしょうか。

花びらで、爪にピンクや赤、オレンジなどの色を押し付けて

“マニキュア”でお洒落気分になり、すこし大人気分を味わうのが

ちょっとした楽しみでした。

ほうせん花の花の汁、なかなか落ちません。

爪が伸びきるまで落ちないので、

途中でまた塗り足したりして遊んだものです。

 

他には、春には田んぼでれんげ草やしろつめ草で

ネックレイスを作っていました。

田んぼで、セリも採ったりしてよく遊びました。

田んぼと言えば‥ イタイ思い出もあります。

 

↓過去記事より抜粋

 

四つ葉こどもメロンと思ひで話四つ葉

メロンの産地ならではの話ですが、メロンは玉を大きくするため、かなりの実を

若いころに摘果します。まだ直径5センチくらいの頃でしょうか。その摘果メロンは

最近では販売もされているようですが、お漬物として重宝されています。

わが家でも毎年大量に頂いて、塩漬け、しょう油漬け、ビール漬けなどにしています。

お漬物にしなければ、捨てられるか畑の肥やしとなります。

小さい頃は、放課後よく近所の子供たちと田んぼで遊んだものです。

何していたんでしょう?ただワーワー言いながら走り回っていたのかも知れません。

ある日も、10人くらいで田んぼで遊んでいました。小学3年の頃です。

ちょうどこの摘果メロンがたくさんバラ撒かれていたときでした。

しゃがんでいて、ふとふり返った瞬間、サニーの目に星が5つ飛びました星きらきら

ナニガオコッタノ・・???

わけが分かりません・・。

あとで聞いたら、同級生の男の子が冗談半分でサニーの頭めがけて

この摘果メロンを投げたのだとか。そんなことはつゆ知らず、その瞬間に

サニーがふり返ってしまったのですひらめき 投げられたメロンは粉々だったそうです。

その男の子、野球部のピッチャー・・号泣

サニーは、それから1週間"お岩さん"どくろ こんなのサニーじゃなーい!!

左の眉あたりにヒット。周辺も腫れているので目が開きません。

あと少しずれていたら、失明していたそうです。危なかった雫

野球部クン、相当反省したようで、毎日毎日謝ってきました。

別に悪気はなかったのだし、サニーも怒っていた訳ではなく、

ただこの痛さと顔を何とかして~失敗という気持ちでした。

お陰さまで、1ヵ月後にはほぼ傷も残らずきれいに治りましたきらきら

唯一の後遺症は、怖くてキャッチボールが出来なくなったことです。

小学校の夏休み、毎年地区対抗の親子ソフトボール大会がありました。

時おり早朝から練習もあります。これが・・ 恐怖と苦痛でした。

もちろん今でもキャッチボールは出来ません。いや、絶対しませんNG

 

かわいい後日談がありますピンクハート

サニーは幼少よりピアノを習っていまして、小学5・6年生のとき、

たまたまその野球部クンのお姉さん(20代)に習うことになりました。

野球部クンのお宅まで、当時の足だと徒歩7分。自転車で数分。

週に1回放課後通っていました。野球部クンは家に居たり居なかったり。

レッスンのときは別に先生としか向き合わないので、よく分かりません。

野球部クンに対しては、あのメロン事件のわだかまりなどすっかりなくなり、

その後も普通にみんなで一緒に遊んでいたのですが・・

本人は、気にしていたのかな。

小学6年のバレンタインデーの日。

別のクラスだった野球部クンが、わざわざサニーの教室まで来て

「チョコレートちょうだい・・ 明日でいいから」と言ってきたのです。

もちろん用意していなかったので、その日の夕方、家の向かいの駄菓子やさんで

普通に食べるような可愛げもない板チョコを買って、次の日「ハイ!」と渡しました。

1ヵ月後のホワイトデーの日。

朝、登校したら、サニーの机の中にやっと入るぐらいの大きな箱が入っていました。

リボン付き。名前もメッセージもありませんが、サニーは野球部クンにしかチョコを

渡していなかったので、それは野球部クンからのお返しであるとすぐに判りました。

廊下ですれ違ったとき、「ありがとう」とだけ言いました。

照れた感じで頭をかいていました。

あんな板チョコ1枚だったのに、逆に申し訳ないと思いましたしょんぼり

今でも、メロンと野球を見ると、この思ひでがよみがえりますきらきら

今年は、食べてみるかなハート

 

‥という記事を4年前に書いておりました。

あ。いまもメロンがあります。

あした食べようかな音符

NHKさんの教育番組から、思いがけず

懐かしいことをたくさん思い出した一夜でしたきらきら







最終更新日  2011年07月09日 01時58分36秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年12月14日

九州新幹線全線開業まで、あと88日となりました。

カウントダウンポスターもまもなく第6コーナーを通過します。

新幹線カウントダウン   新幹線カウントダウン

今日は新幹線熊本駅の発車時のメロディーが決まりました。

「おてもや~ん音符」です。

早くホームで聴いてみたいです。

 

『ゲキ★ヤスきっぷ』の旅の続きをご報告したかったのですが、

本日はお休みさせていただきます。

早く帰りたいから雫

ロンに、「今日は美味しいもの買って帰るからね」と約束しました。

今日12/14は、亡き父と愛犬ロンのお誕生日なのです。

父は、いつもサニーと一緒に居てくれています。

赤ワインで乾杯しましょうワイングラスきらきらワイングラス

ロンは、人間でいうと90歳ぐらいのおじいちゃんです。

足腰がめっきり弱り、数十センチの段差でも

上り下りが出来なくなりました。

今日は何かスペシャルフードを差し入れしてあげましょう。

ふたりとも、私たち家族の大きな心の支えとなっています。

ありがとうハート(手書き)

 

以下の画像は全て今年のものです。

↓ 1/20 頭かくして、・・・。

ロン

↓ 1/23

ロン

↓ 5/7

ロン

↓ 10/16

ロン

↓ 11/10

ロン

↓ 今朝3時半ごろ

ロン







最終更新日  2010年12月14日 19時17分08秒
コメント(17) | コメントを書く
2010年10月01日

本日は、あおぞら家にまつわる“海苔”のお話をいたしましょう。

長崎・佐賀・福岡・熊本にぐるりと囲まれた有明海は、

さまざまな問題にも負けず海苔やアサリ貝、ハマグリの宝庫であります。

我が町は農業と漁業の町。

あおぞら家周辺の一角に限っては、農業と、

漁業は魚よりも海苔とアサリ貝が主流でした。

はい、過去形です。

サニーが幼い頃は近所にアサリ貝も海苔も加工場があり、

よく遊びに行ってはあれこれ いじっていました。

大人にとっては 超~邪魔だったでしょうね雫

ご近所には個人で海苔をされている方も多く、

堤防にはズラリと海苔の養殖用の網が干してあり、

これが乾くと なかなか臭います雫懐かしい思い出です泣き笑い

用水路は、個人宅の海苔の処理の排水で赤く染まっていました。

生の海苔をしょっちゅうご近所さんから山盛り頂戴して、

大きな鍋いっぱい、お醤油とお砂糖で煮て毎日食べました。

食べだしたら止まらないほど美味しかったです。

あの磯の香り、煮た海苔といえどしっかり残っている食感は

絶対に生海苔でないと味わうことの出来ないものです。

今ではなかなか手に入りませんので 恋しいです・・

 

小学生の頃、近くに港を造る計画が決定し着工がはじまると

アサリ貝も海苔もイカも、我が家の目の前ではとれなくなりました。

地元漁師さんたちの大変な地道な努力により、

数キロ離れた所ではハマグリ漁の状況がやっと近年回復し、

干満の差の大きい有明海のハマグリは絶品で

高い評価を得ています。

我が家もいまでも漁業権を持っており、

時おり漁協の会議があります。

 

なぜ本日この記事かと言いますと・・

サニーにとっては海苔を食べることや

海苔のストックが常にたくさんあることは当たり前です。

数ヶ月前にTV番組『秘密のケンミンSHOW!』を見ていたら

転勤シリーズで東はるみさんが(確か佐賀県に転勤?)

夫・京一郎さんの上司の奥様とスーパーでお買い物をされていて、

奥様が海苔の束を手にとって買い物かごに入れられた時に

「奥様!そんなに海苔を買って、どうされるんですか?」

と目を丸くしておられました。

それに驚かれることの方が、我が町民にとっては驚きだったのです。

 

↓昨晩の我が家の海苔のストック集合写真

海苔

板海苔250~260枚ぐらい、海苔のふりかけ3本、海苔の佃煮1瓶。

ふりかけと佃煮は、一気に一瓶食べてしまいそうに美味しいのですが

塩分を考えて、もっと食べたいところを必死にガマン!

板海苔は、焼いてほとんど毎日10枚ずつ食べています。

↓10枚x10束で100枚

海苔

すべてご近所さんからの戴きものです。

この量はまだ少ない方で、御中元や御歳暮の時季になると

もっともっと戴き物の海苔が増えます。

梅干やラッキョウを浸けるような大きな容器に入った海苔を

戴くこともしばしばあります。

 

母はほとんどお野菜も海苔も食べないので

サニーとは全く違った食生活をしています。

(なので、健康のためサニーが調理してお野菜を食べさせています。

本人は農作業はしますが、お料理は面倒くさいみたいです・・)

そんな母が、昨夜海苔を食べているサニーに言いました。

先日、何かのTV番組で「海苔が身体に良い」というのを見たそうで、

自分もこれからは毎日少しずつ進んで食べるようにする、

とのことでした。

 

↓「風雅巻き」 海苔屋さんが作っている、豆菓子を海苔で巻いたお菓子。

風雅巻き  株式会社風雅

(画像は株式会社風雅さんのHPより拝借しました)

これ、とっても美味しいんです!

以前、姉に連れられて松浦あやさんのコンサートに行ったら、

コンサート中に“熊本のお菓子のお気に入り”として

ご紹介されていて嬉しかったです。

このお菓子もご近所さんからよく頂戴して、年中必ず我が家にあります。

サニーも、お客さまの手土産を選ぶ際のトップ3のひとつとして

ひんぱんに利用しているお品です。この「風雅巻き」の利点は、

美味しいのはもちろん、熊本銘菓であり、なおかつ

重量が軽いのでお客さまが持ち運びやすいこともありがたいのです。

楽天市場さんにもきっとあると思いますし、

あそ熊本空港や熊本の主要な駅の土産物売り場にも必ずあります。

 

海苔を食べよう、日本人!!







最終更新日  2010年10月01日 19時27分51秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年08月18日

溜りに溜まっている旅日記を報告してまいりたいのですが、

なにぶん公私ともにやることも溜まっており余裕が無く・・

全国各地で「熱中症」が相次いでいるので 

本日はサニーの「熱中症」の苦く熱い思い出話にいたします。

いまでは暑い夏が大好きなのですけれどねダブルハート

 

熊本市は本日も快晴で、夕刻から

雷を伴った夕立が一時激しかったです。

傘をお持ちでなかった方はびしょ濡れですね雫

 

サニーの熱中症の思ひ出・・

それは、まだ「熱中症」という言葉が浸透もしていなかった

小学生時代にさかのぼります。

えーと・・ 10年前ということですね爆弾

 

サッカー部だったサニー。

夏休みも、お盆以外は毎日練習がありました。

連日、片道40分歩いて小学校に通っておりました。

当時、ガリガリの体で真っ黒に日焼けしておりました。

今でも、手の親指と人差し指で、足首をぐるっと握れます。

 

グラウンドで練習をして走り回っていると、

ふっと コーチの指示や周りの音がだんだん遠のいていくのです・・

耳が聞こえなくなり、同時に視界も真っ暗になって、

ボールが飛んで来ているから自分が走って行って

ヘディングしなくてはならないと解ってはいるのですが、

もう意識もうろうで、ぶっ倒れ・・

とりあえず担がれて木陰に運び出され、

(邪魔だからグラウンドから出ろ!という感じで・・)

お食事中の方にはスミマセンが、

そこでゲーゲー吐いておりましたショック

夏休み、毎日のように。。。

 

本当に辛かったのですが、

当時は練習中“水分補給”すらさせてもらえない時代。

サッカーはヘディングするから帽子もかぶりません。

何より、ひと昔まえですから、スパルタ教育の時代です。

担任の先生からビンタや蹴られたりは当たり前。

それに文句を言う生徒や保護者も居ませんでした。

今でしたら大問題ですよね・・

小学校で同じクラスだった子で一度もビンタ喰らったことがないのは

おそらくサニーだけだったと思います。

 

サッカーもそんなスパルタ教育でしたが、

最後である小学6年生のときには

県内の学童オリンピックで銅メダルを取ることが出来ました。

顧問の先生が、6年生部員が引退時に

記念にとトロフィーを作ってくれました。

 

先生、ありがとう。

辛い練習を乗り越えたからこそ、

いまでも、熱い、熱い夏の思い出ですきらきら

 







最終更新日  2010年08月18日 19時20分51秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年12月15日

亡き父と愛犬・ロンのお誕生日に皆さまの温かいコメント、

本当にありがとうございますハート(手書き)

 

ロンには、セーターは先日母が2着買ってきていたので

一番の楽しみである美味しそうなドッグフードにしました。

ワインで乾杯きらきら 安モノですが、酸化防止剤無使用です。

父の誕生日09121401

我が家は年中 常にトマトを大量に頂戴しています。

昨夜は赤ワインに合うものを、と

残り物のベーコンを炒めて玉ねぎとトマトを投入。

味付けは塩のみ、あおぞら菜園のパセリと

ブラックペッパーを挽いて出来上がり。

今日もお仕事なので、大好きなニンニクは使いませんでした。

母がリクエストするほど美味しいですきらきら

父の誕生日2

スープ状になっていますが、水は足していません。

すべてお野菜から出た水分です。

美味しいお塩を使うと、トマトと玉ねぎの甘みをぐっと引き出せます。

 

もうひとつ、とっておきの肴がありました。

注文していた「JRカレンダー」が昨日届いたのですハート

彼んだぁ~09121401

「SL&RAIL」バージョンと、「新幹線」バージョン。

ヘッドマークシールやポストカードも付いています。

彼んだぁ~2

↓『SL人吉』クン 球磨川第一橋梁は人気の撮影スポットです。

彼んだぁ~3

↓『特急リレーつばめ』

九州新幹線未開通区間の、博多=新八代を結び、

新八代では降りてすぐのホームで

九州新幹線「つばめ」鹿児島中央行きが待機していて

3分乗換えで発車します。

彼んだぁ~4

↓先月乗った『SLやまぐち号』 津和野=新山口を走ります。

彼んだぁ~5

↓九州新幹線『つばめ』800系

彼んだぁ~6

ひらたい箱にてネコちゃんが届けてくれましたが、

丸めて持ち運べるようにビニールも入っていました。

彼んだぁ~7

カレンダーは、先日ブログお仲間さんから

毎年とても楽しみにしている素敵なものも頂戴しています。

そのお方がお撮りになった写真が載っているのですひらめき

コレクションさせていただいて、3年目です。

ありがとうございますハート(手書き)

実名入りなので、ご紹介は控えさせていただきます。

(鉄道関係ではありません。)

 

首を長くして待っていたJRカレンダーが昨日届いたのは、

父からの早めのクリスマスプレゼントに思えるのです。

8年前を思い起こせば・・

その1年前に父が他界して、

東京で働いていたサニーは帰熊するかどうか、

悩みに悩んだ1年間でした。

ついに帰熊する決心をし、

では一体熊本で何のお仕事をしよう?と悩んでいたら、

熊本にいた姉が現職場の新規開業を教えてくれました。

サニーにとっては、絶対ここで働きたい、と思う職場でした。

履歴書と熱烈なラブレターを投函する日を、

父の誕生日に託しました。

「サニー帰って来るから、待っててねハート(手書き)

と願いを込めて、誕生日に投函しました。

すると、クリスマスの日に現職場から電話があり

面接試験を受けに来て下さい、とのこと。

ちょうど年明けが父の一周忌で帰省予定だったので

面接日時を合わせて下さいました。

クリスマスプレゼントとなったのでしたプレゼント

その後もう一度面接試験に呼ばれ、無事入社に至りました。

 

昨夜は数年ぶりに鍵盤に触ってみました。

小学生のころピアノを習っていましたが、

(↑痛かった思ひで話があります・・) 

そのピアノの先生がご懐妊で引退されて

他の先生には移らず、中学以降は独学です。

高校・大学受験直前になっても、勉強時間より

ピアノに触れている時間の方が長かったです。

中学・高校と毎日弾き続けたピアノは、富山在住の

サニーが名も知らぬ遠い遠い遠い親戚の方のもの。

お住まいの事情により置けないので、

自由に弾いていいから半永久的に置かせて欲しい、と

口から手が出るほどピアノが欲しかったサニーに

何ともありがたいお申し出があったのでした。

アップライトピアノを置くために、ちょうど新築予定だった

屋敷のサニーの部屋の床を補強しました。

高校卒業後、大阪の大学に進学。

ある日、数年ぶりに一時帰省した際に、

ピアノがタンスに変身していました。

姉の部屋に移動したのかと思ってもどこにもなく・・

持ち主が引っ越して置けるようになったので持って行かれたそうです。

仕方ないのですが、せめて最後のお別れをしたかったです・・

もっとショックだったのは、親に楽譜を全部捨てられたことです。

思い出がいっぱい詰まっていた、サニーだけの楽譜だったのに・・

「ピアノがないからもう要らないだろう」と思ったようです。

 

そんなショックから約10年後の数年前に、

懇意にしていただいている方からお誕生日祝いにと、

電子ピアノをお贈りいただきました。

最近はプチ家出に忙しくて練習をサボっていました。

久しぶりに触ると、やはり指が動かない・・

それでも、昔、父のギターの楽譜のコードを見ながら弾いた

1970年代のフォークソング等を心の楽譜から引っ張り出してみました。

聴こえたかなぁきらきら

父の誕生日3







最終更新日  2009年12月15日 16時43分22秒
コメント(32) | コメントを書く
2009年12月14日

お誕生日と言っても、

サニーのお誕生日ではないのです。

亡き父と愛犬・ロンのお誕生日ですハート

赤ワイン買って早く帰ろうワイングラスきらきら

また画像がご機嫌斜めですね・・







最終更新日  2009年12月14日 17時19分03秒
コメント(13) | コメントを書く
2009年11月23日

昨夜自分でバッサリと切りましたはさみ

下矢印

髪の毛091122

お団子にしていたので毛先がくるりんとなっていますが、

腰まであった切り落とした髪は50センチあります。

それでもまだ残っている髪は肩まであります。

 

いつもお団子にしているので、

サニーがここまで髪が長いとご存知の方は居ません。

顔や首周りに髪の毛が触るのがイヤなのです。

シャンプーが楽ですね~きらきら

そして何より頭が軽いひらめき大笑い

いまはポニーテイルにしています馬

 

ここまでバッサリ切っても、

たぶん誰にも気付いてもらえないと思います・・

今朝、母も気付きませんでした・・







最終更新日  2009年11月23日 09時53分29秒
コメント(200) | コメントを書く
2008年10月17日

先日、ただいま公開中の映画 『おくりびと』 を観てきました。

第32回モントリオール世界映画祭で最高賞のグランプリ受賞作品です。

本木雅弘さんが演じる“新人納棺師”が、さまざまな死と向き合う中で、

家族の絆や人間愛の深さを学んでいくお話。

滝田洋二郎監督、キャストは広末涼子、山崎努、余貴美子など、

味のある実力派ぞろいです。

ハンカチなしでは見られない感動作ですが、

随所にユーモアが見られ、笑いもあります。

ぜひ皆さんにもご覧いただきたい作品です。

 

~ 人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと・・ ~

サニーが送り出した肉親では、祖父母と父。

まだサニーが幼いころに他界した祖父母の時は、通夜・葬儀ともに自宅でした。

数年前に他界した叔父が、当時現役で葬儀社に勤めており、

いろいろと親身になってやってくれて、よいお見送りが出来たと思います。

 

7年前の父の時には、叔父はもう現役を退いておりました。

父は、ある日突然帰らぬ人となりました。最後の会話も出来ないままのお別れです。

別の病院で看護士をしている姉とサニー2人で40分間心臓マッサージをしましたが、

ふたたび目を開けてくれることはありませんでした。

解剖後、処置室に入れてもらい、父の遺体を清め、着物を着せ、お化粧をし・・

親族の手も借りて、棺に納めました。

「ありがとう、お疲れさま。そしてこれからもよろしくハート(手書き)

と言って送り出しました。

 

身内に“おくりびと”するのは悲しみに打ちひしがれている時ではありますが、

どうか悔いのない“おくりびと”を、感謝の気持ちを込めてやりたいものです。







最終更新日  2008年10月17日 12時08分05秒
コメント(12) | コメントを書く
2008年05月10日

昨夜は姉と久しぶりに二人でデートでした黄ハート

ここのところ再三誘ってくれてはいたものの、なかなか都合をつけられず・・

しかも先日はお誘いメールをくれていたのに旧携帯が“圏外”でセンター止まりどくろ

昨日のお昼に携帯機種変更して受信し、大慌てで2日後の返信となりました泣き笑い

 

昨日はまず退社後に、先日大腿骨を骨折された方のお見舞いに行ってきました。

街中の病院から、少し郊外に移っておられます。

まだ60歳代だと思っていたら、70超でした雫 お若いです。

骨や全身の状態もお若くて、この年代にしては脅威の回復を見せておられます。

お怪我から現在3週間。歩行器を使っての歩行訓練や筋トレなどの日々です。

思ったよりもはるかにお元気そうで、ホッとしました。

前回行ったときはまだ手術前で、とても痛々しかったのです涙ぽろり

手術の傷跡も、とてもきれいでした。

また元気をお届けに行きたいと思いますハート(手書き)

 

さて、街に戻って姉とお食事食事ビール

父が他界した後、まだサニーが東京にいる頃、母と姉を東京に呼んで遊びました。

その時もんじゃ焼き屋さんに案内したところ、2人ともハマッてくれ、

以来こちら熊本でも時おりホットプレートで自宅で焼いたり、

街のもんじゃ屋さんにコンサート後などに寄ったりしています。

もんじゃ焼き080509

具は、姉の好みを尊重。嬉しそうに焼いていましたスマイル

やはり鉄板はいいですね~グッド

 

お後は、サニーたちの定番コース。

このもんじゃ屋さんの斜めにペットショップがあり、覗いて行きます。

写真撮影は禁止NG 愛くるしいワン・ニャンがたくさんいて癒やされます。

“蛇”もいて、「触られたい方は店員までお知らせ下さい!」とのこと。

け、けっこうです雫

でもちょっと触ってみたいかも・・泣き笑い

 

そして、姉がカラオケ好きなので、すぐ近くのカラオケ店に行きます。

ここは偶然発見しましたが、なかなかマイクが良いので定番になりましたマイク

姉は若モノの曲などを歌うのですが、サニーは歌えません雫

「○○(←アーティスト名)も知らんとね?」 毎度の会話です泣き笑い

2人とも今日は休みなので、延長延長で4時間、ビールも追加追加ぽっ

母がいま仕事が忙しくて来られなかったのが残念でしたが、

久しぶりに姉と楽しい時間が過ごせました。ありがとうハート







最終更新日  2008年05月10日 15時48分41秒
コメント(9) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.