3795166 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

「BSデジタル号」の旅♪

2010年09月14日
XML

由布院駅の足湯に癒されて、神楽の披露を楽しんで、出発です。

発車直後にまたまたお弁当が配られました。お昼ご飯用です。

BSデ号

BSデ号

「・・・。」

午前8時前に朝ご飯のお弁当を食べて、ただいま午前10時半すぎ。

朝ご飯のお弁当もまだ少し残しているのに、とてもお腹に入りません。

このお弁当は、けっきょく夕方の帰りの特急列車内で美味しくいただきました。

 

豊後森駅で、35分間停車します。

BSデ号

駅からバスを用意して下さっていて、3分間程の乗車で

鉄道遺産・豊後森機関車庫跡にご案内いただきました。

BSデ号

BSデ号

なにやら、お祭り騒ぎでした。 超デカイこいのぼりも居ました。

『BSデジタル号』に戻って、すぐに発車です。「かいもん」になっています。

BSデ号

 

お次は大行司駅に25分間停車します。(記事の最後に地図を載せています)

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

↑幸福の黄色いハンカチ 高倉健さんのご出身地なのです。

 

続いて田川伊田駅に13分間停車。「あかつき」になりました。

BSデ号

BSデ号

 

列車すれ違いのため、採銅所駅に5分間停車します。

対岸ホームにはすごい人っ!

BSデ号

ここではドアーは開きませんので、これらの皆さまはすべて見物客です。

BSデ号

 

それから約1時間後の、定刻15時52分に終点・門司港駅に到着しました。

ここでも見物客でごった返しています。

BSデ号

BSデ号

BSデ号

名残惜しいですが、最後の雄姿です。

 

以前の「ゲキ★ヤスきっぷ」で『海幸山幸』で大雨で宮崎駅で足止めになり、

夜行特急『ドリームにちりん』にて博多に月曜の朝に帰ったことがありました。

佐賀県・武雄にお住まいのお兄さんと、連絡先の交換はしていないけど

「きっとまたどこかでお会いしますよね!」と言って博多で別れていました。

そのお兄さんと、いくつかの駅で再会出来ました!

お兄さんは乗ってはおられませんで、撮るために追っかけでした。

先にサニーに気付いていただき、ありがとうございます。

再会を喜び合いました。

 

BSデ号

門司港駅では、ゆっくりとはしていられません。

ここからは乗車券は手出しですが、特急を乗り継ぎ、鳥栖へと急ぎます。

サッカー天皇杯で、わが母校が高校勢としては唯一、2回戦へと勝ち進みました。

鳥栖駅前の、ベストアメニティ・スタジアムにてJ2サガン鳥栖と対戦。

すでに遅刻ですので、6番ホームのかしわ蕎麦は諦めて急ぎます。

25分程の遅刻なので、駅側から近い鳥栖さん陣営に潜入しました。

あら・・ 0-3です。そして、あれよあれよという間に0-10で負けました。

ボコボコにやられましたが、選手たちは最後まで諦めなかった。

1点を、取りに行った。結局は取れなかったけど、

「強いチームともっと戦っていきたい」ととても前向きで、

選手たちにとって痛いけどよい経験・勉強になったと頼もしく思いました。

高校生で、ここまで来れただけでもすごいと思います。

これからの更なる活躍を楽しみに応援したいです。

天皇杯

BSデ号

9/3の門司港→熊本はNHK関係者のみの乗車。

9/4・5で熊本→鹿児島中央→宮崎→大分→由布院→豊後森→

大行司→田川伊田→門司港、と一般客が乗りました。

ツアー終了後、門司港→鳥栖(天皇杯観戦)→熊本、と、

ぐるっと九州一周の旅でした。

 

最後は、あぁ、まだ着かないで~!と切なくなります・・

でもだからこそ、また乗れる機会があったら楽しみが倍増するのでしょうね。

夢のような機会を与えて下さったご関係者さま、

沿線でお見送り下さった皆さま、楽しくご一緒させて頂いた皆さまに

心より感謝申し上げます。

あおぞら航空でご一緒に旅して下さった皆さまも、ありがとうございます。

駈け足になりましたが、『BSデジタル号』記事、完です。

 







最終更新日  2010年09月14日 17時13分05秒
コメント(200) | コメントを書く


2010年09月13日

午後9時20分に鹿児島中央駅を発車、午後10時消灯。

寝るのがもったいなくてその後もひっそりと起きていました。

午前1時ごろに眠くなり、目が覚めると午前4時。

アラーム無しでも日ごろの生活パターンと全く同じです。

大分駅に、午前5時4分に着きました。

大分駅では2時間半ほど停車します。

希望者は、事前申し込みでお風呂に連れて行ってもらえます。

マイクロバスで、5分ほどでスーパー銭湯にご案内いただきました。

広くて、時間もたっぷり取ってあり、気持ち良かったです!

BSデ号

あれ~?大分駅の待合ロビーに鎮座していた

“巨大な竹籠”(佐世保駅の佐世保バーガーみたいにデカイ籠)が

無くなっていますね。撤去されたのでしょうか。

 

NHKさんの発表とズレているように思いますが、

ここまでテールマークは「日南」でした。

大分駅を発車の際には、表示が「彗星」に変わっていました。

BSデ号

BSデ号

 

午前7時43分に大分駅を発車後、すぐに朝ご飯のお弁当が配られました。

BSデ号

BSデ号

久大本線の景色を眺めながら、ゆったりとした時間が過ぎて行きます。

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

庄内駅で、約30分ほど停車します。

何もないのですが、お外の空気を吸いに行きましょう。

↓「彗星」のテールマーク

BSデ号

この庄内駅では、特急「ゆふDX2号」に追い越されます。

大分→由布院→久留米→博多を3時間弱で結びます。

庄内駅には停車せず、追い越し通過します。

あっという間に通過していきました。

BSデ号

↑やって来て、 ↓去っていきました。

BSデ号

BSデ号

 

午前9時47分に由布院駅に着きました。

BSデ号

由布院駅では45分間停車します。JR九州旅行さんの行程表には、

「由布院駅では足湯がお楽しみいただけますが、

満員の為ご入浴いただけない場合はご容赦下さい。」と書いてあります。

はい、はい。それはもちろん、限られた時間ですし、仕方ないですよね。

サニーはそのホーム内の足湯には行かず、改札を出て、

徒歩3分くらいのお土産物の商店街のところにある足湯へと向かいました。

行ったら・・ ない!ない!ない! お湯が空っぽ!!!

という訳で、混んでいるかも知れないけど駅の足湯へと引き返しました。

 

駅の改札で、「足湯に浸かりたい」と駅員さんに申し出ると、

午前10時~半まで、撮影のためNHKさんの貸切りになっているとのこと。

由布院駅停車が午前9時47分~10時32分なのに、それって・・

私どもは入れないではないですか、NHK東京さん!

「私、それ(『BSデジタル号』)で来ているのですが・・」

係りのオバチャン:「あ、撮影の方ですね。ではどうぞ、行かれて下さい。」

オバチャン、どうやらサニーを撮影スタッフだと思われて、通されました。

で、足湯に行ったら・・ 誰もいない。

BSデ号

撮影は終わっているようです。 やったぁ~☆

それなのに他の皆さまが入れないなんて・・

走って、改札周辺にいらっしゃるお客さまを呼びに行きました。

みんなで、わずかな時間ですが、

楽しくゆったりと世間話をしながら浸かりました。

 







最終更新日  2010年09月13日 22時26分51秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年09月11日
矢岳駅を出ると、まもなく眼下には“日本一の車窓”が広がります。

乗客全員が車窓を楽しめるよう、少しずつ停車位置をズラしてくれます。

ふたたびスイッチバックしながら真幸駅へ。

こちらも人で溢れかえっています。

「幸せの鐘」を3回鳴らしました♪


この後は、だんだん日が暮れてくるのと、携帯電話カメラ画像の

容量があまりないこともあり、画像を撮っていません。

19:08に鹿児島中央駅に着きました。

ここで、約2時間の自由時間があります。

その間に各自夕食も済ませることになっています。

停車中に係り員さんが寝具の準備をなさるため、

荷物は全部持って降りて下さい、大きなお荷物はお預かりします、とのこと。

サニーはまずアミュプラザの観覧車「アミュラン」に乗りました。

何度も来ている鹿児島中央駅ですが、念願のアミュラン初搭乗です!

スケルトン貸切り車両での約15分間の空中散歩☆


アミュプラザで使える500円分の商品券もいただいていましたが、

サニーは特に欲しいものがないので、重くなるけど、ここでアレ買っちゃいましょう!

普段はJRさんの時刻表を使っているサニー。

今回も持参していますが、9月号の「JTB時刻表」は、保存版として絶対に欲しいです!

『BSデジタル号』と、そのヘッドマークをデザインされた

水戸岡鋭治さんの巻頭特集があるからです。

デカイ時刻表2冊とその他の資料でずっしりと重くなりましたが、

『BSデジタル号』車内で水戸岡さんの記事を拝見出来るのは至福であります。

鹿児島中央駅では、お気に入りの“肉まきおにぎり”を買って、

ホームで行き交う列車を見ながら食べました。

『BSデジタル号』に戻ると、お床が整っています!

わぁ~い!今宵はここで寝られるのですね!

浴衣もなつかしい☆

21:20に鹿児島中央駅を発車しました。

宮崎を経由して、翌朝早くに大分に着きます。

表示が、「富士」に変わりました。

午後10時に消灯。おやすみなさ~い☆






最終更新日  2010年09月14日 18時18分34秒
コメント(6) | コメントを書く
人吉駅で上りの『SL人吉』クンが発車すると、

頭を付け替えた『BSデジタル号』が入線しました。

なかなか可愛いお顔だと好評です。

15:10に発車します。

人吉に到着後、温泉に潜んでいたサニー、

やっとうさぴーさんや汽笛さんとお会い出来ました!

大畑駅では踊り等で歓迎を受け、

矢岳駅では「しんぺい4号」と行き違いました。

最後の画像は、スイッチバックの線路です。






最終更新日  2010年09月14日 18時21分07秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月10日

『BSデジタル号』は、定刻の午前9時41分に

ホーム内外で多くのお見送りをいただき、熊本駅を発車しました。

発車後10分もしないうちに、車内ではお弁当が配られました。

位置付けとしては、「お昼ご飯用のお弁当」です。

いつ食すかは個人の勝手ですので、サニーは夕方いただきましたが、

お弁当配付(お茶付き)の時点でまずは

このオリジナルラベルを、汚れないうちにすぐに外しました。

BSデ号

BSデ号

お弁当の中身はオーソドックスですが、

これがブルトレ効果で何倍も美味しく感じるのです!

 

寝台は、上段、下段の2段の向かい合わせ、合計4名です。

2日間一緒に過ごすお方たちが、どのようなお方かドキドキしますね。

サニーは下の段でした。頭上が広いので、ありがたいです。

BSデ号

お向かいの上下は、福岡からご参加という40歳台と思しきご夫妻です。

さっそくお互い「よろしくお願いします!」とご挨拶。

最後まで、とても楽しくお話しながら過ごさせていただきました☆

 

サニーの寝台の上段の方はどのようなお方なのでしょう?

発車して、しばらく経っています。車内探検されているにしても、

一度ぐらいは荷物を置きに来られてもおかしくないのですが・・?

お向かいのご夫妻と、「特別に途中からご乗車なのでしょうか?」

などとお話しておりました。

 

すると、車掌長さんが来られて、

「スミマセン、とりあえず荷物だけ置かせて下さい。」

と、サニーの上の寝台に所持品を置かれました。

へっ!車掌さん!?

BSデ号

お話によると、その寝台はもちろんお客さまスペースなのですが、

当選者が直前にドタキャンなさったそうなのです。

キャンセルが出たり、期限までに旅行代金の振込みがない場合も

自動的にキャンセル扱いとなり「次点」の方へご連絡が行きます。

しかし今回はドタキャンでしたので、連絡はなさったものの無理でした・・

「上(幹部)から、ここを使うように言われました」とのことです。

抽選にもれた方には申し訳ないですが、

私たちは車掌さんを、より身近に感じることが出来た2日間でした。

 

八代を過ぎると・・ 球磨川! ブルトレに合わせて今日は“青”ですね!

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

『ありさハチロク見送り隊』のふるやんさんにも、

い~っぱい旗を振っていただいてご歓迎いただきました。

その後、ふるやんさんとは途中しばらく並走したのですが、

沿線道路はこれまでに見たこともないほどの大渋滞。

まさに数珠つなぎ状態です。

車内では、「この人たち(←スミマセン)、間に合わないよね~」

という会話が繰り広げられていました。

 

↓人吉駅に着きました。

BSデ号   BSデ号

BSデ号

↑このコラボは人吉駅まで。その後は黒塗り「DE10」の牽引に変わります。

 

人吉では、“美人の湯”でしっとりしました。

↓午後2時のからくり時計です。

BSデ号

↓もうすぐ、『SL人吉』クンがやってきます!

BSデ号

BSデ号

BSデ号

BSデ号

人吉クン、午後2時39分に、熊本駅へ向けて出発!

やっぱり人吉クンにはこのヘッドマークが似合いますきらきら







最終更新日  2010年09月10日 22時49分49秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年09月09日

先週の土日は、NHKさんとJR九州さんとの共同スペシャル企画列車、

『BSデジタル号』に乗って九州を一周しました。

特注の『BSデジタル号』のヘッドマークをつけて

ブルートレイン3両が復活、

中でも、熊本→人吉は『SL人吉』クンが牽引するという

夢のようなコラボレーションが実現するのです目がハート

これは何としてでも乗らねばっダッシュ

 

しかし、一般客の定員は46名と狭き門・・雫

お盆休みに出雲大社に参拝したご利益があったのでしょうか、

お盆明けに帰宅したら、当選通知が届いていました!!

やったー泣き笑い 乗れますねグッド

 

まずは、いつも『SL人吉』クンが牽引されて入線して

切り離しが行われるホーム(5番)で待機します。

いつもと同じ時間に、来ましたダブルハート

BSデ号

↑見えづらいですが、後ろの車両は“ブルートレイン”です。

↓切り離します。 「はやぶさ」マークが見えますね。

BSデ号

BSデ号

BSデ号

切り離し作業後、いつもどおりお顔部分に走っていくと・・

BSデ号

『BSデジタル号』のヘッドマークの『SL人吉』クン目がハート

ここは人吉クンやデジタル号の乗り場ではないので、

ギャラリーが少なくて良いですうっしっし

 

 

BSデ号

この『DE10』は、今回のために特別に黒塗りされました。

『BSデジタル号』のヘッドマークがついていますが、

後ろにつながっている客車は、『SL人吉』クンの客車3両。

『BSデジタル号』の熊本駅→人吉駅のみは

人吉クンがブルートレインを牽引するため、

この日の熊本→人吉の『SL人吉』クンは運休となります。

人吉→熊本のみを運行するので、

帰りのために客車を先送りするのです。

興味のない方にはややこしいかも知れませんが、

SLは熊本→人吉を『BSデジタル号』として走り、

人吉機関車庫でDE10とSLを付け替えて、

SLは通常のSL人吉クンの客車で人吉→熊本を運行、

『BSデジタル号』は黒塗りのDE10に引かれて

鹿児島方面へと南下して行くのです。

 

ヘッドマークは、JR九州の神様のような存在、水戸岡さんのデザイン。

BSデ号

よ~く見て下さい。といっても背景画像と被ってしまって見にくいですが・・

BSデ号

赤い「BS」のマークが前にピョコッっと出ていて可愛いです。

この日は『BSデジタル号』が、通常の熊本→人吉の

『SL人吉』クンが走るダイヤそのままで走るので、

この黒塗りDE10に牽引された人吉クン客車は、

回送列車としてシェードも全部閉めて、先に人吉へと出発しました。

 

 

BSデ号

この、普段『SL人吉』クンが発車するホームに

『BSデジタル号』が入線してきました。

BSデ号    BSデ号

BSデ号

BSデ号

とにかく、2日間、どの駅でも、どの沿線でも

すごい人、ヒト、人でしたびっくり

2日間で全九州の「入場券」の売上げは

これまでで最高クラスではないでしょうか賞金

 

たくさんの方々にお見送りいただき、

沿線からも手を振っていただき、

ありがとうございましたダブルハート

やっぱり再会出来た、あの人、この人、

道中の楽しい出会い、

そんなこんなを、ゆっくりながらご紹介してまいりますえんぴつ

 

※過去記事コメントへの返事書き込みが

まだ途中であり、申し訳ありません・・







最終更新日  2010年09月09日 17時16分18秒
コメント(200) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.