健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

起業・複業

起業・独立・複業・転職・新規事業関連情報

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

健康を追求して予防学に、予防学を追及して抗加齢学にたどり着き、
病気予防、健康増進や抗加齢は簡単に手に入ることがわかりました。
しかし、心身の健康・抗加齢が得られただけでは幸福ではないことに気づきました。
国立長寿医療センターの04年調査によると、「年を取ることが最も大きな不安である」と
感じている人は、40~54歳で88%、20~39歳でも87%
でした。
人生の3大不安は、健康、貧乏、孤独と言われており、この3大不安を解消する支援活動が
私のライフワークで、お手伝いしていただいている人が増えています。

新しい情報の捉え方 「信じるな 疑うな 確かめろ」


ポール・ゼイン・ピルツァー氏は、これまで数々の予言を見事に的中させてきた
世界で最も著名な天才経済学者です。
彼は、近著『健康ビジネスで成功を手にする方法』にて、栄華を誇る自動車、コンピュータの
巨大産業がウェルネス産業だと力説、すでに草創期が始まっており、富を築くなら流通に
関わるべきと指摘されております。

私はこのウェルネス産業の世界的優良企業の中心人物とのご縁があって
06年還暦60歳でしたが、肌年齢15歳、骨年齢20歳、近眼・老眼改善、検査値すべて異常なし、
体調も絶好調という結果がでております。
そして、流通部門の事業構築を任されており、おかげ様で医師、治療家、薬剤師、看護師、管理栄養士、
一流アスリート、経営者など知的で健康意識の高い方に喜ばれております。


ここから先は誠実で、前向きな方だけお読みください。

『健康ビジネスで成功を手にする方法』より◆
☆医療(疾病)産業:一般的なカゼから悪性腫瘍まで、病人に対し、「受身的」に
 提供される製品・サービスで、病気治癒ではなく、高利益の症状対処に専念。

☆ウェルネス(健康増進)産業:健康な人(病気でない人)が、より健康、老化遅延、
 病気予防するために、「積極的」に提供される製品・サービス。

●この悲惨な現実
 1兆ドルの食品産業、1兆5,000億ドルの医療産業が実に卑劣に陰謀を働いたも同然で、
 逃げ道のない消費者
▼肥満と栄養失調を生み続ける食品産業
  とてつもなく強大な経済力が、健康を妨げている
  中毒性のある加工食品に子供を誘き寄せるために給食制度を作った
  ジャンクフード文化の最恥部は、経営陣らが自社製品を避けていること
▼病気を生み続ける医療業界
  医療業界は、食品会社よりはるかに悪質
  医者は製薬会社の標的
  病気の原因や治癒ではなく、高利益の症状対処に専念
  製薬会社は悲惨な食事ででる症状に効果のある危険な薬を飲ませる
▼メディアは情報不足で無力
  しかも主たる広告主は食品・医療産業
  政府も同様に情報不足で無力

◆40~55歳の4人に1人が独立・起業を考えている◆
 05年5月22日の日経新聞記事によると、
 アンケートは40~55歳の会社員と公務員618人に聞き、
 4人に1人が独立・起業を考えているそうです。
 その理由は・・・

 「すべて自己責任になるが、自分の考えで仕事を進められるのは魅力」
 「大学卒業直後に起業した時は失敗したが、今なら十分やっていく自信がある」
 などの理由があげられていました。

 一方、独立・起業をしない理由では・・・

 「資金や気力がない」
 「今の仕事に満足している」
 が多かったそうです。

◆65歳のイメージ◆
 あなたは、65歳になった時のご自分の姿をどのようにイメージされておられますか?

 日本の平均的なサラリーマンは毎日10時間程度働きます。
 1週間にして50時間、1年間だと2,400時間・・・。
 60歳の定年までに、何と90,000~100,000時間も働くのです。
 さらに、通勤時間をプラスするとさらに拘束時間が増えます。

 この膨大な時間を会社の仕事のみで過して、あなたはどうなっているのでしょうか?
 こんなに働いたのだから、当然幸せな老後が過ごせると想いたいのが普通です。

 しかし、老後には病気、貧乏、孤独という3匹の鬼が待ち構えており、
 ほとんどの人は鬼の餌食になるようです。
 あなたは「絶対大丈夫だ」と自信を持っていい切れるのでしょうか?
 あなたの残された日数は、何日ですか?
 死ぬまでに、いくらかかるのかな

 20年後、30年後に年金がきちんと支払われているかどうかも疑問です。

 国の財政「財政破綻した夕張より悪い」 財政審

 あなたがサラリーマンを続けることができているかどうかも疑問ではありませんか?
 これが、少子高齢時代の厳しい現実です。
 2007年から団塊世代が確実に現役生活から引退をやむなくされます。
 天変地異がない限り、必ずあなたの周りに起こってくる近未来のシナリオです。
 今より、健康保険を巡る状況や家計に直結する消費税などの負担が、
 改善されることはありえないでしょう。
 政府をあてにしていても、家庭を守りきれないでしょう。

 このような悲惨な状況を少しでも改善するためには、いったいどうすればいいのでしょうか?
 もちろん今の仕事をやめて新しいビジネスを始めるなどということはリスクが高すぎます。
 ましてや、インターネットやマスコミで、日々喧伝されている底の浅い情報に踊らされる
 あなたではないことは承知しています。


 まだ、この文章をお読みいただきき、ありがとうございます。
 あなたはご自分の人生を、前向きにとらえ向上させることにご興味がある方だと思います。

◆ウェルネス産業の登場◆
 前述しましたが、これほど好条件が揃ったビジネスは、他にはないと思います。
 自動車、コンピュータの次にくる巨大産業がウェルネス産業なのです。

 私は、運よくこのウェルネス産業の世界的な優良企業の中心人物とのご縁があり、
 流通部門の事業構築を任されてビジネス展開しています。
 この企業が世界トップクラスの頭脳集団と共に研究・開発した健康・美容に関わる
 高品質・割安価格のブランド品の流通を担う新しいビジネスです。
 経済誌・週刊エコノミストの表紙を飾り、業界で成長著しいと報道された会社です。
 最も重要な点は、あなたの成功を支援する世界最高のビジネス環境とノウハウをも
 提供できることです。


 ご興味のある方は、いつでも下記アドレスにご連絡してください。
 メールはこちらから


最後までお読みいただきありがとうございました。


夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.