健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

健康産業の将来性

『健康ビジネスで成功を手にする方法』  起業・独立・副業・新規事業

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

著者がウェルネスの提唱者になった96年9月7日と、私が抗加齢(若返り)産業の世界的な超優良企業の中心人物とのご縁に天命を感じた日(96年9月6日)がほぼ同じというところに、運命を強く感じます。

出版社:私には夢がある
著者:ポール・ゼイン・ピルツァー
世界的に著名な経済学者。ソフトウェア業界の起業家として億万長者にもなり、非常勤の大学教授も務め、3冊のベストセラーも著している。
大学を3年間で卒業後、ウォートン・スクール・オブ・ビジネスに入り、15ヵ月後に22歳でMBA(経営学修士号)を取得。24歳でニューヨーク大学の非常勤の教授に任命され、同大学において20年連続で教鞭をとった。その間、22歳でシティバンクの最年少役員、25歳で最年少の副社長に就任する一方、いくつかのビジネスを起業し、26歳前に100万ドル、30歳前に1000万ドルの収入を得るようになった。過去20年間に、ソフトウェア、教育、財務サービスの分野で5つの企業を、創業、上場してきた。また、これまで二度、アメリカ大統領により政府の経済顧問に任命され、アメリカ政府関係者が本気で耳を傾けるようになる何年も前に、2000億ドル規模の貯蓄貸付組合(S&L)の経営危機が迫っていることを警告した。
著者のオフィシャルサイト

プロローグ:健康ビジネスに革命が起こる
次なる一大ニーズ:自動車やパソコンに比肩、2010年1兆ドルに成長するウェルネスビジネス
ウェルネス産業:健康増進、老化遅延、病気予防のための製品やサービスを提供するもの
すでにサプリメントやフィットネス・クラブ、健康食レストランなどが存在

「広範囲に普及する産業の5つの特徴」、人口の多いベビーブーマー世代のニーズに合致、バイオテクノロジーの進化で大きな発展が見込まれる。富を築くには流通にかかわるべき。

◆医療(疾病)産業:一般的なカゼから悪性腫瘍まで、病人に対し、「受身的」に提供される製品・サービスで、病気治癒ではなく、高利益の症状対処に専念。
ウェルネス(健康増進)産業:健康な人(病気でない人)が、より健康、老化遅延、病気予防するために、「積極的」に提供される製品・サービス。

医療産業従事者は、アメリカの成人人口の7分の1。病気治癒ではなく、高利益の症状対処に専念
次の1兆ドル(約120兆円)産業は、生物学と細胞化学における科学上の一大発見により生まれる

●広範囲に普及する産業の5つの特徴
1.価格が手頃:先端技術により価格が下がると爆発的に普及する
2.人気の持続性がある:人気の持続性があって行き渡る
3.消費が継続する:消費者が気に入って買い続ける消耗品がベスト
4.万人によって魅力がある:人気の持続性があって行き渡る
5.消費のために使われる時間が短くてすむ:忙しくても消費して楽しめる

ウェルネスは、消えることなく普及する産業
 ウェルネスの製品・サービスは、あらゆる製品・サービスの中で最高の人気の持続性を持つ

第1章 健康ビジネスにおいてなぜ革命が必要か
ウェルネスの提唱者になったきっかけ
誰もが経済を大切に思っていて手に入らない現実から経済学者になったが、25年後、間違った職に就いていることに気づいた。
96年9月7日、著者が45,000の聴衆に講演した時、半分が不健康・過体重だった。どんな富より健康が大切と訴えたくなった。

●この悲惨な現実
1兆ドルの食品産業、1兆5,000億ドルの医療産業が実に卑劣に陰謀を働いたも同然で、逃げ道のない消費者
▼肥満と栄養失調を生み続ける食品産業
  とてつもなく強大な経済力が、健康を妨げている
  中毒性のある加工食品に子供を誘き寄せるために給食制度を作った
  ジャンクフード文化の最恥部は、経営陣らが自社製品を避けていること
▼病気を生み続ける医療業界
  医療業界は、食品会社よりはるかに悪質
  医者は製薬会社の標的
  病気の原因や治癒ではなく、高利益の症状対処に専念
  製薬会社は悲惨な食事ででる症状に効果のある危険な薬を飲ませる
▼メディアは情報不足で無力
  しかも主たる広告主は食品・医療産業
  政府も同様に情報不足で無力

●ウェルネスという新しい波は、すでに始まっている
 草創期のウェルネス産業におけるビジネス
 2000年にはすでに、年間総売上高が約24兆円を記録。米国国内の自動車売上高の約半分

・ ビタミン
・ サプリメント
・ 美容整形手術
・ 近視の眼科手術
・ 美容皮膚科学
・ 遺伝子工学
・ 審美歯科
・ 予防医学
・ 医療費貯蓄口座
・ 高額免責ウェルネス保険
・ フィットネス・クラブ
・ 健康・運動器具
・ 任意の薬剤(バイアグラ、ロゲインなど)
・ 健康食品
・ 健康食レストラン
・ ダイエット製品
 
 今後10年間でウェルネスの売上高がアメリカだけで1兆ドルになる
 ウェルネス産業は、70年代、当代で最も偉大なウェルネス革命家が歴史的戦いに勝利したおかげ

●伝統的な西洋医学はいかにしてウェルネスを拒否したか
 運動、ビタミン、ミネラル、サプリメントによる重要な生化学的作用は、細胞レベルではなく分子レベルで起きていることがわかっている。
今日でも西洋医学教育の多くは、ビタミン、ミネラル、サプリメントの栄養や効能の重要性を無視。
ウェルネス革命は、ただの金儲けではない。

第2章 ウェルネスの需要を理解し、コントロールする
最初の2000億ドル(約24兆円)
ベビー・ブーム世代は最初のウェルネス世代
ウェルネスの「量の需要」と「質の需要」
ウェルネス産業こそ、新しい1兆ドル(約120兆円)産業である
ビタミン産業はいかにして「疾病」から「ウェルネス」にシフトしたか

第3章 食物を必要とする理由と、食糧供給をめぐる2つの問題
アメリカの食糧供給をめぐる二つの大問題
人はどのようにしてカロリーを摂取し、燃やしているか
タンパク質、ビタミン、ミネラルの重要性
食糧生産におけるビジネス・チャンスを変えた「緑の革命」
エンプティ・カロリーに支配された食糧供給
アメリカの食糧供給問題は経済学が生み出した

第4章 食品業界、レストラン業界で富を築く
ウェルネスで遅れを取った宗教と政府
肥満の原因は、乳製品
答えは大豆に。ウェルネスから生まれた新しいビジネス・チャンス
健康食が一般的になる

第5章 医学分野で富を築く
人類ではじめてウェルネスをめざした医者、ヒポクラテス
マルチ・ビタミンと新しい流通ビジネスの誕生
従来の役割を変化させ、ウェルネスをうながしている心臓内科医
運動はウェルネス分野における一つの起業チャンス

第6章 アメリカの健康保険制度
新たな経済的奴隷
高騰する医療費
経費削減のために、医師たちを締めつけている企業
病気予防や病気自体の治療ではない、症状に対する処置
医療保険制度の新しい時代を築く

第7章 ウェルネス保険
多くのアメリカ人消費者が、毎年数千ドルを健康保険に浪費している
顧客を疾病保険からウェルネス保険に転換させる
大企業もウェルネス保険を提供することになる

第8章 ウェルネス分野の流通で富を築く
無限の富に関する二つの原則
流通業が、製造業のビジネス・チャンスを凌駕する
「知的流通」と「物的流通」
過去に起きた変化は、未来では、より短時間で起こる
ハイタッチとハイテクを結合させる

第9章 自分が参入する分野を絞り込む
ウェルネス産業にツールとサービスを提供する
自分のニーズが満たされていない分野のビジネスをはじめる


夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.