健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

財政借金は深刻

◆わが国財政の借金は年収の9倍超!◆

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

国の財政「財政破綻した夕張より悪い」 財政制度等審議会

◆わが国の財政が危機的な状況にあることは、政府・経済団体・マスコミなどがことあるごとに喧伝してきましたが、国民一人ひとりの実感は極めて乏しいのではないでしょうか。国民の間で危機感を共有していないことが、財政再建が進まない最大の原因だとして、国民による危機感の共有化を訴えたのは、経済同友会がこのほど発表した「活力ある経済社会に向けた財政健全化の道筋」と題した提
言です。

◆わが国は、現在、80兆円の税収に対して35兆円もの財政赤字を計上し、長期債務、つまり借金は740兆円を超えています。このような著しい財政の悪化を実感できないのは、数字が現実離れしていることが一因です。そこで、提言は、冒頭において、危機感をより実感してもらうために、国の財政の現状を平均的な世帯の生活状況に引き直し、年収630万円で年間280万円の赤字を出していることに相当すると指摘します。

◆こうした不健全な家計運営を続けてきた結果―現実の一般世帯であればとっくに破綻しているでしょうが、借金の総額は年収の9倍を超える5830万円にものぼります。それでも生活を切り詰める努力を怠り、毎年毎年、新たに借金を重ねています。健全な家計を維持するには、住宅ローンの場合では年収の5倍程度がほぼ限界。年収の9倍を超える借金を抱えていては、借金の返済負担を子どもにまで回さざるを得ないでしょう。

◆しかも、せっかく購入した住宅の価値が下落していたら大変です。仮に、住宅や車などの資産を売却し、預貯金もすべて借金の返済に充てようとしても、これでは生活の場や蓄えを失い、生活が成り立たちません。健全な生活を取り戻すためには、借金を一定レベルまで減らす必要があります。それには、まず生活費を年収以下に切り詰め、さらに借金の利払いを含めて年収の範囲内に抑えれば、借金の拡大は防げます。

◆しかし、より一層の努力をしなければ借金は減らせません。もちろん、生活を切り詰めるだけでなく、家計収入を増やすことも考えられます。どの程度の生活レベルを望み、そのためにどの程度がんばるかは、各家庭が選択すべきことです。
結局、「家族全員が危機的状況を真正面から受け止め、将来の生活設計を立てたうえで、支出削減と収入増への約束事をきちんと定めて、家計を健全化していく以外に道はない」というのが本提言の論旨です。


夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.