健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

老後の不安

◆老後の不安◆

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

ガン、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病で亡くなる人が70%、
多くの方が望む老衰死はわずか2%。

突然死の原因となる死の四重奏の肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧は
予備軍を入れて推定5500万人。

残念なことに医療が進歩しても健康が大ブームでも、私達の健康レベルは
悪くなる一方なのです。
人間ドックの異常者は年々増え続けていて昨年は何と87%です。

健康的に暮らしていても生活習慣病で亡くなることが運命とも思えるほどです。
これでは年をとることが不安で当たり前だと思います。

短命化の兆しがはっきり見えますので大丈夫です。
日本で常識的に暮らしていたら平均寿命以下で死ねますから。


戦後の栄養改善運動が生活習慣病を蔓延させた真因です。
これを放置しているのは「不作為の罪」です。

なるべく健康で暮らしたい人は、食生活の見直しが必須です。

私達の身体は食べているものから創られています。
たった1回の人生をどう生きるか、自分の食事にかかわっているほど生きていくうえで、
食べることは決定的に重要です。
飽食から崩食、さらに呆食時代だと気づいてください。

老後不安は病気、貧乏、孤独という3匹の鬼が待ち構えているからです。
この日記をよくお読みになると最善解決策のヒントがあります。



私の関連フリーページ
食生活の改善
食の提言
マクドナルドを30日間食べ続けたらどうなるか?
あぶないコンビニ食

カテゴリー別にした時期からの食・栄養関連楽天日記

********************************************************

◆「年とること不安」8割・長寿医療センター、20~70代調査
年をとることに不安を感じている人が全世代を通じて80%を超え、認知症(痴呆症)で介護が必要になることなどへの不安が強いことが3日、国立長寿医療センター(愛知県大府市)などが20~70代の人を対象に昨年実施した調査で分かった。

長生きしたいと考える人は20、30代でも50%台にとどまり、高齢社会に対して国民が持っている暗いイメージが浮き彫りになった格好だ。

調査結果によると、年をとることに「かなり不安を感じる」と回答した人は31%、「やや不安に感じる」が52%に上った。女性(85%)の方が男性(81%)より高く、年代別では75歳以上(69%)より、現役世代である40~54歳(88%)、20~39歳(67%)の不安感の方が強かった。

(出典:NIKKEI NET)


◆「高齢者になるのは不安」8割 長寿医療センター調査
高齢者になるのを不安に思う人が8割、長生きしたくない人が4割。高齢者医療の拠点として老化や老年病などの研究をしている国立長寿医療センター(愛知県大府市)の調査で、こんな結果が出た。特にがんや認知症(痴呆(ちほう)症)への不安が目立ち、年をとることと病気や介護が結びつき、暗い気分になっていることが浮かび上がった。

昨年8~9月、全国の20~70代の男女2224人に質問票を送り、2025人から回答を得た。

「高齢者になることに不安があるか」との質問に、「かなり」「やや」が計83%。何が不安か尋ねたところ、「自分が寝たきりや認知症になって介護が必要になること」(78%)が1位。「自分が病気になること」(72%)、「退職に伴い定期的な収入がなくなること」(68%)が続いた。心配な病気で多いのは、「がん」(77%)、「認知症」(70%)だった。

「長生きしたいと思うか」の質問には「あまり思わない」「まったく思わない」が計41%だった。

(出典:朝日新聞)


◆高齢者の3割が「ずっと働きたい」 就業率も上昇
厚生労働省が発表した2004年高年齢者就業実態調査によると、55~69歳の高齢者の約3割が「年齢に関係なくいつまでも働きたい」と答えた。また、実際に仕事をした人の割合は男女とも前回調査(2000年)を上回るなど、高齢者の働く意欲が高まっていることが分かった。

年齢にかかわらず働きたいと答えたのは、男性35.2%、女性は28.4%。04年9月中に収入を得られる仕事をした人は、男性は71.5%で、前回調査を0.6ポイント上回った。女性は1.4ポイント上昇の45.6%だった。

一方、定年制を設ける事業所のうち、60歳以上を再雇用するなど継続雇用制度がある割合は67.5%。このうち「原則として希望者全員」に適用する事業所割合は23.3%で、「会社が特に必要と認める者に限る」(61.9%)が大半を占めた。また、定年年齢が65歳以上の事業所割合は8.3%だった。

厚労省は「年金支給年齢引き上げなど経済面だけでなく、生きがいなどを理由に高齢者の就業の意欲は高まっている。適用者の制限はあるが、企業側の制度整備も進んでいる」としている。

調査は個人約1万8000人、従業員5人以上の約8000事業所が回答した。

(共同)


夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.