健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

団塊の勤労意欲

団塊世代の8割が「60歳すぎても仕事続けたい」

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

野村総研(NRI)が2005年11月18日発表したセカンドライフに関する意識調査によると、団塊世代の8割が60歳を過ぎても仕事を続けたいと考えており、この約15%が起業の意欲を持っていることがわかった。
NRIは、団塊の世代のセカンドライフのキーワードを「挑戦」としている。

全国の55歳以上60歳未満の会社員・公務員500人を対象に実施したネットアンケート。
それによると、「仕事を持ち続けたい」とした人は78.2%に達し、22.8%は「そのめども立っている」と答えた。
これに対し「もう仕事はしない予定」は15.6%で、あとの6.2%は「わからない」だった。

仕事を続ける理由」(複数回答)は、
「頭や身体をなまらせないため」(62.7%)
「経済的な理由、老後の生活資金のため」(60.9%)
「自分の生きがいややりがいのため」(48.1%)
「家にずっといるのは嫌だから」(36.1%)
など。
とはいえ、現役時代と同水準の所得を望んでいるわけではなく、希望収入は「月10万円以上30万円未満」が66.2%と多数を占めていた。

また、「仕事を持ち続けたい」のなかでは、
「これまでの会社で定年延長」の希望者が最も多く39.4%
次いで、「パートタイムやアルバイトなど時間ベースで働きたい」が15.9%
「自分自身で、あるいは仲間と会社を作ってみたい」という起業派は15.1%
だった。

NRIは、1000万人の団塊世代の12%(仕事を持ち続けたい人×起業希望者)が起業を志し、その半分程度が実際に行動すると、年間12万人のセカンドライフ起業が現れると推計。現在の新規開業数は年間9万件程度と低迷しているので、セカンドライフ起業は日本の開業数を大きく増やす可能性があるとしている。

(出典:NIKKEI BP)

夢は見るものではなくて、叶えるものです。たった一度の大切な人生を精一杯エンジョイするには、どんなお仕事を選ぶかがとても重要です。『ユダヤ人大富豪の教え』の自由人になれる好条件が揃ったビジネスで、必ずお役に立ちます。
健康産業の将来性・可能性 | 事業説明会 | 就職否定して起業 | 成果主義動向 | 副業意識動向 | 家計疲弊 | 厚生年金 | 国民年金 | 転職事情 | 大変な時代 | 働くことの意識 | 勤労者の悩み | パワハラ実態 | 起業十戒 | 若者はいま | 大増税の準備? | 今後生き残る仕事 | 人口増加過去最低 | 05年大予測 | 生活保護 | 中高年フリーター急増 | ついteruオフ会 | 父の小遣い | 財政借金は深刻 | 経営の原点12カ条 | 老後の不安 | 給料が半分に | 長時間労働深刻 | 残った日数は? | プロ意識 | 団塊世代の悲運 | 人口減目前 | おカネがあれば | 老親が心配 | 団塊の勤労意欲 | 日本人の給料 | ご縁を活かす | 格差社会の現実1 | 賢いマネーライフ | 年金見込水準破綻 | 格差社会の現実2 | 雇用が奪われる? | 所得格差過去最大 | 親の勘違い | 年金がわかる | 20の勇気 | 欠陥年金 | 子ども格差 | 日本を襲う官製不況 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.