健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

マクドナルド

マクドナルドを30日間食べ続けたらどうなるか?

何気なく使っている日用品は危険なものが多いです。大手・有名メーカー品が安全、安心ではなく様々な弊害がでています。シャンプー、歯磨き剤から化粧品など安全、安心なよいものを愛用したいと願うあなただけを精一杯支援いたします。
合成シャンプー | 歯磨き剤 | 口紅 | 染毛剤 | 化粧品 | 携帯電話 | マーガリン | 漢方薬の実態 | 抗生物質天国 | 電子レンジ | 子供用化粧品 | 高温乾燥サウナ | 樹脂加工品 | GM食品 | マクドナルド | コンビニ食 | タバコ産業のウソ | 日焼けマシン | 室内汚染物質 | 医薬品副作用 | 何でも相談室

04年12月28日、12月1日の日記に書きました全米騒然、異例の大ヒットとなって社会現象にまで発展したという話題の映画スーパーサイズミーを見てきました。意外と若い方が多く朝1回目でしたが、かなり入っていました。

健康ばかりでなく本当に命懸けで映画にした映画監督、モーガン・スパーロック監督の勇気と行動は絶賛に値します。

▼映画スーパーサイズミーとは、
10代の肥満姉妹がマクドナルドを訴えた。マクドナルドのスポークスマンは、「我々の食品と彼らの病気や肥満とは何の関係もありません。我々の食品は非常に栄養価も高くヘルシーです。」といった。これを聞いたスパーロック監督は、そんなに栄養があってヘルシーならば30日間食べ続けても身体に害はないだろう、食べてやろう!と閃いて実験したドキュメント映画です。
ファーストフードの代名詞マクドナルドを30日間食べ続けたスパーロック監督は、どうなったのか。

3人の医師、管理栄養士、スポーツトレーナーの監視の元、事前の健康チェックでは全員が太鼓判を押す健康体に対して世紀の実験がスタートした。
初期は1日1Kgずつ太り、3日後には胃の調子が悪くなり、勃起不全、中毒症状から始まって高脂血症、高血糖、高血圧、脂肪肝、高尿酸など医師も信じられないと驚く勢いで次々と生活習慣病を患い、3週間後には死ぬからやめろと警告されても続けたスパーロック監督の30日後の運命はいかに。
これ以上知りたい方は映画館にどうぞ。

▼関連データ
毎日、4人に1人のアメリカ人がファーストフードレストランに行く。
アメリカ人は食事の40%を外食に頼っている。
マクドナルドは毎日4600万人が利用している。スペインの総人口より多い。
マクドナルドのコメント:「加工された食品が未加工の食品よりも有害だというのは一般常識である。」
アメリカ人成人の約60%が過体重か肥満である。
アメリカで最も食べられている野菜は「フライドポテト」。
マクドナルドはアメリカのファーストフード産業のシェアの43%を占めている。
1971年、マクドナルド1号店が銀座にオープン。
1975年、日本マクドナルド年商100億円突破。
1980年、日本マクドナルド年商500億円突破。
1984年、日本マクドナルド年商1000億円突破。
1991年、日本マクドナルド年商2000億円突破。
1997年、日本マクドナルド年商3000億円突破。
1997年、世界保健機関(WHO)は肥満を世界的な疾病と断定。

健康マニアからファーストフードの好きな不健康マニア?まで必見の映画です。食べ物を選べない子供さんを持つ親御さんも子供さんとご一緒に見られることをおすすめします。
日本も肥満が増え続けています。肥満は最大の健康阻害要因ですが、男性は肥満という自覚がほとんどないそうです。この映画に込められた警告をどう活かすかが問われていると思います。

これまで数々の予言を見事に的中させてきた世界で最も著名な天才経済学者、ポール・ゼイン・ピルツァー氏の近著『健康ビジネスで成功を手にする方法』では食品産業のことも暴露していましたが、再確認できました。

▼肥満と栄養失調を生み続ける食品産業
  とてつもなく強大な経済力が、健康を妨げている
  中毒性のある加工食品に子供を誘き寄せている
  ジャンクフード文化の最恥部は、経営陣らが自社製品を避けていること
▼メディアは情報不足で無力
  主たる広告主は食品産業
  政府も同様に情報不足で無力

モーガン・スパーロック監督からのメッセージ
日本のファーストフード会社トップ5への公開質問状と2社の回答
寿司で同じことをしたスーパーサイズ・ブログ
寿司では、無事に30日食べ終えており和食の方が健康食だということがわかります。
ニセネタや危ないネタが混入している回転寿司でなければ挑戦したいですが、朝食が困りますね。

私はマックをほとんど食べたことがありません。適当な店がなく、しかたなく入ってコーヒーなどを飲むときに店内のニオイに閉口していましたが、映画を見てから看板を見ただけで気持ちが悪くなりました。

日本が世界に誇るカップヌードルで同じことをされる勇気のある方はいないですかね。
カップめんだけ食べていてビタミン欠乏で亡くなった若い女性の記事が日経新聞02年10月15日夕刊にでていましたので、誰もやらずに結論がでていました。

タバコは1ヶ月でここまで健康を害しません。
死人のでていないと思われるマックより、死人のでたカップめんの方が悪そうです。
さあ、明日からの食事どうしますか。

たった1回の人生をどう生きるか、自分の食事にかかわっているほど生きていくうえで、食べることは決定的に重要です。

ヒトは食物から造られる以外の何者でもはない(医聖・医学の祖 ヒポクラテス)

何気なく使っている日用品は危険なものが多いです。大手・有名メーカー品が安全、安心ではなく様々な弊害がでています。シャンプー、歯磨き剤から化粧品など安全、安心なよいものを愛用したいと願うあなただけを精一杯支援いたします。
合成シャンプー | 歯磨き剤 | 口紅 | 染毛剤 | 化粧品 | 携帯電話 | マーガリン | 漢方薬の実態 | 抗生物質天国 | 電子レンジ | 子供用化粧品 | 高温乾燥サウナ | 樹脂加工品 | GM食品 | マクドナルド | コンビニ食 | タバコ産業のウソ | 日焼けマシン | 室内汚染物質 | 医薬品副作用 | 何でも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.