健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

よく噛む

「よく噛むこと」はメリットがたくさん

人間だけが肥満しています。何をどう食べたらよいかは遺伝子が一番よく知っています。肥満した元気な高齢者がいないように肥満は最大の健康阻害要因です。体脂肪だけを減らす正しいダイエットに努力したいと願うあなただけを支援いたします。
危険な製品 | 隠れ肥満 | 子供の肥満 | 食べ方の工夫 | よく噛む | 盛り付けの量 | 効率よいダイエット12ヶ条 | 「隠れ肥満」急増 | 飲んで痩せる | 騙されるな | 早食いと肥満 | 肥満と戦う | なんでも相談室

◆噛むことで満腹中枢を刺激する 
よく噛んで食べることがダイエットによいといわれるのは、なぜか。
脳には摂食中枢と満腹中枢があり、食欲のコントロールをしています。満腹中枢を刺激するものの一つが血糖値。食べ始めると2~3分で上昇はじめ満腹中枢を刺激し、15分ぐらいから満腹中枢ブレーキが働き“お腹いっぱい”という状態にしてくれます。
ところが、よく噛まずに早食いをすると、満腹中枢がブレーキをかける前に食事が終わっているため、満腹感が得られず、ついつい食べ過ぎてしまいます。食事の時間はいつも5分で終了。そんな毎日では、太ってしまうのも当然でしょう。咀嚼回数が多いほど、カロリーに依存せずに満腹感が得られるため、肥満防止につながります。
また、噛めば噛むほど脳血流も増加して脳の働きが活発になり、記憶力や視力アップなどの効果が期待できます。スポーツ選手がよくガムを噛むことには、理由があるのですね。

◆噛むことで消費カロリーアップ!
噛むことのもう一つのダイエット効果が、消費カロリーのアップです。食事をすると、咀嚼、分解、呼吸、代謝という一連の流れの中で、食べ物のエネルギーが体熱となって消費されるのです。このエネルギーをDIT(食事誘発性誘導産生)と言います。噛まないで飲み込んだり、流動食を胃に流し込むことに比べ、よく噛んで食べることで、食後のDIT反応が高まることが確認されています。また、おいしいと感じながら、ゆっくり食事をすると、味覚や臭覚を刺激して交感神経が活発になることから、DIT反応が強く出ます。
生活の上で考えられるエネルギー消費には、生きるうえで最小限必要なエネルギー代謝である「基礎代謝」、運動で消費する「運動誘発性体熱産生」、食事で消費する「食事誘発性体熱産生」の3つがあります。このうち、総エネルギーの60~70%を基礎代謝が消費しますが、筋肉を鍛えると、基礎代謝がアップするだけでなくDIT反応も強まります。

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.