健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

盛り付けの量

盛り付けの量

人間だけが肥満しています。何をどう食べたらよいかは遺伝子が一番よく知っています。肥満した元気な高齢者がいないように肥満は最大の健康阻害要因です。体脂肪だけを減らす正しいダイエットに努力したいと願うあなただけを支援いたします。
危険な製品 | 隠れ肥満 | 子供の肥満 | 食べ方の工夫 | よく噛む | 盛り付けの量 | 効率よいダイエット12ヶ条 | 「隠れ肥満」急増 | 飲んで痩せる | 騙されるな | 早食いと肥満 | 肥満と戦う | なんでも相談室

ボウルに入れたスープや、容器に入れたポップコーンを食べさせる実験から、「人間は、盛りつけられたものは途中で食べるのをやめられず、多く盛りつけられると結果的に多く食べてしまう」と証明した研究者がいる。

米イリノイ大学のブライアン・ウォンシンク博士らで、研究者たちは、この研究結果から、肥満問題を解決するには、1回に盛りつける分量を減らすことだと言っている。
実験はこうして行われた。まず、被験者の学生に、ボウルに満たしたトマトスープを出す。このボウルには、被験者には見えないように、チューブがつながっていて、スープをが減ってもつぎつぎと補給されて減らない。被験者たちは、味覚のテストでもするのかと思って試験にのぞんで、スープを飲み始めた。試験は何度もくり返し行われ、その結果、こっそり補給されるボウルからスープを飲んだ被験者は、通常のボウルで飲んだ被験者より平均40%多くスープを飲んだ。
おいしくない古いポップコーンでも、量の多い容器からはたくさん食べることもわかった。映画館に映画を見に来た人たちに、できたてと、できてから14日経過した古いポップコーンを、それぞれ大きい容器と小さな容器に入れて無料で提供した。すると、古い新しいに関わらず、大きい容器をもらった人の方が、ポップコーンを多く食べた。とくに、古いポップコーンをもらった人たちは、ほとんどの人が、「これはまずい」と言いながらも、大きい容器だと小さい容器からのときより、ポップコ-ンを33%も多く食べた。


●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.