健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

エルトゥールル号その2

エルトゥールル号事件のこと
(国民同胞平成10年3月号より転載)
占部賢志(福岡県、高校教諭)

■1.テへランに孤立した邦人■

昭和60(1985)年3月18日の朝日新聞朝刊に「イラン上空飛行すれば攻撃/イラクが民間機に警告」という見出しが躍った。
当時はイラン・イラク戦争(1980-1988)の真っ只中であり、長びく戦闘にしびれを切らしたイラクのサダム・フセインは、ついに総攻撃体制に入ったのである。

その一環として、あろうことか、テへラン上空を航行する航空機はいづれの国のものであろうと撃墜するという方針に出たのである。期限は日本時間の3月20日午後2時。

明けて19日の朝刊トップは「邦人に動揺広がる/脱出路探しに必死」と大書。外国航空の特別便が一部運航することにはなったものの、自国民優先のため日本人ははじき出されてしまい、邦人一行の不安におののくさまを伝えた。

外務省は救援機派遣を日本航空に依頼したが、 「帰る際の安全が保障されない」として日本航空側はイラン乗り入れを断念したという。事態はますます深刻度を増した。同日タ刊には「テへラン 邦人300人以上待機」という見出しを掲げ、現地に釘付けとなった邦人の孤立状況が続報された。

■2.日本・トルコ関係史に無知な朝日■
こうして、もはや万事休すと思われた土壇場、翌20日の朝刊に「テへラン在留邦人希望者ほぼ全員出国/トルコ航空で215人」という朗報が載った。
何とトルコ航空機がテへランに乗り入れ、邦人215人を救出してくれたのである。

まさに間一髪であった。掲載された写真には無事脱出できた子供たちを含む邦人家族の喜びの顔が写っている。

さて、ここで考えなければならないのは、なぜトルコが危険を冒してまで邦人を助けたのかということであるが、この疑問に対して朝日新聞の記事はこうである。

すなはち「日本がこのところ対トルコ経済援助を強化していること」などが影響しているのではないかと、当て推量を書いておしまいなのである。
自国の歴史に無知とはこういうことを言う。日本とトルコには歴史的に深いつながりがあるのだ。この記事を書いた記者が知らないだけである。
無知だけならまだしも、金目当ての行為であったかのように書くとは冒涜もはなはだしい。トルコは長いあいだ日本に対する親愛の情を育ててきた国である。

■3.駐日トルコ大使のコラム■
その証左として、昨(平成9)年一月の産経新聞に載った駐日ルコ大使ネジャッティ・ウトカン氏のコラムを紹介する。

これを読むだけでも、トルコが何故日本に親愛の情を寄せるに至ったかの消息が明らかになろう。それは日露戦争をさらに遡る明治二十三年の出来事に端を発している。
勤勉な国民、原爆被爆国。若いころ、私はこんなイメージを日本に対して持っていた。中でも一番先に思い浮かべるのは軍艦エルトゥルル号だ。1887年に皇族がオスマン帝国(現トルコ)を訪問したのを受け1890年6月、エルトゥルル号は初のトルコ使節団を乗せ、横浜港に入港した。三ヵ月後、両国の友好を深めたあと、エルトゥルル号は日本を離れたが、台風に遭い和歌山県の串本沖で沈没してしまった。

悲劇ではあったが、この事故は日本との民間レべルの友好関係の始まりでもあった。
この時、乗組員中600人近くが死亡した。しかし、約70人は地元民に救助された。手厚い看護を受け、その後、日本の船で無事トルコに帰国している。当時日本国内では犠牲者と遺族への義援金も集められ、遭難現場付近の岬と地中海に面するトルコ南岸の双方に慰霊碑が建てられた。
エルトゥルル号遭難はトルコの歴史教科書にも掲載され、私も幼いころに学校で学んだ。子供でさえ知らない者はいないほど歴史上重要な出来事だ。

ここに挙げられたエルトゥールル号遭難に際して、台風直撃を受けながらも約70人のトルコ人を救助した地元民とは、和歌山県沖に浮かぶ大島の村民である。

■4.島民挙げての救援活動■
当時、通信機関も救助機関もない離島のこととて、救助は至難を極めたという。怒涛に揉まれ、岩礁にさいなまれ、瀕死のトルコ人達に対して、大島村民は村長沖周の指揮のもと、人肌で温め精魂の限りを尽くして救助に当たった。

さらには非常事態に備えて貯えていた甘藷や鶏などの食糧の一切を提供して精をつけ、彼らの生命の回復に努めたのである。
この事件の詳細な消息は、陣頭指揮をとった沖村長がみずからまとめた「土耳其軍艦アルトグラー號難事取扱二係ル日記」に克明に記されている。知る人も知ろうとする人も少ないだけである。
ちなみに、エルトゥールル号遭難4年前の明治19(1886)年には、同じく紀州沖でイギリス貨物船ノルマントン号事件が起こっている。
こちらの方は現在も小中高の歴史教科書に掲載されていて、多くの子供たちも周知の史実である。

難破して沈没する船を放置して船長のドレイク以下外国人船員は全員がボートで脱出、乗り合わせていた日本人乗客25名は見捨てられ、全員船中に取り残されて溺死するという無残な結末となった。
にもかかわらず、領事裁判権を持つイギリス領事は船長に無罪判決を下した。のち日本政府は船長を殺人罪で告訴したが、3ヵ月の禁鍋程度で賠償は一切却下。まさに不平等条約の非情さを天下に知らしめた事件である。

それからまもなくエルトゥールル号の遭難事件は起こった。大島の村民もノルマントン号事件に見られた残酷な仕打ちは知っていたであろう。それでも前述のように異国の人々の救助に献身したのである。

■5.明治日本人のオープンマインド■
いったいこの精神の高さはどこから来るのか。この点に関して、トルコ大使に就任した遠山敦子氏と東京大学教授の山内昌之氏は、こう述べている。 (中央公論社「世界の歴史」第二十巻月報)

山内: 明治時代の初等教育の普及率は大変な高さですね。小学校の就学率は、明治30年代で90パーセントを突破します。
1891(明治24)年には非識字者は26.6%でしたが、明治の最後の年になると字が読めない人の率は2.9%に低下しています。 (中略)これが明治日本の成功の大きな理由だと思います。
そして、そこにエルトゥールル号救助の際の献身的な行為が生み出されてくる。

遠山: そのとき、救助にあたった村民たちがエルトゥールル号の乗組員を人肌で温めて蘇生させたとか、村中の二ワトリをかき集めてご馳走したとか、エルトゥールル号事件には、私は大変感動しておりまして・・・。言葉は通じないけれど、1890年にすでに日本の国民は、地方でもオープンマインドをもっていて、いざというときには人類愛というか人間愛を発揮できたんですね。

山内: そこに困っている人たちがいる、遭難している人たちがいたら助ける、そこに理屈は何もない。この無償の行為に強く心がうたれますね。やはり初等教育の普及といったことが背景にあって、知らず知らずに人間愛が生まれてくる。これがやはり文明というものだと思います。

この対談で山内氏は初等教育の普及が育んだ人間愛について言及しているが、たしかに沖村長とともに救援活動に最も功労があったと言われる樫野区長の斉藤半右ヱ門は、当時樫野小学校創立期の学務委員として初等教育確立に尽カした人物である。救援活動の過労と心労のためか翌年死去したが、誠実な人であったという。

ただし、筆者は近代教育が与えた影響は否定しないが、むしろ側隠の情は近代以前から地下水のごとく育まれていたと見るべきではないかと想像する。そうした精神的基盤があったればこそ、わが国の近代初等教育に生命が宿ったと見る者である。

■6.「当然のことをしたまでです」■
いずれにせよ、一世紀を経た昭和60年に身の危険をも顧みずトルコがテへランに孤立した日本人を救出したのは、エルトゥールル号事件に対する恩義を背景として培われた親日の行為だったと見てはじめて得心がゆく。

じつは、このエルトゥールル号事件のことを授業の教材にすべく、昨年七月にトルコ大使館から貴重な資料を送っていただいた。

その際、邦人救出に対して感謝の旨を伝えると、大使は通訳を通じて「いやぁ大したことではありません。当然のことをしたまでですよ」とこともなげに謙遜されたが、忘れ難い言葉である。

かくてこれらの資料のほか和歌山県の串本町や、この事件の顛末を調査研究された和歌山県立串本高校の森修先生(故人)の遺族の方などから送っていただいた資料をもとに、昨秋「日本・トルコ関係史-エルトゥールル号事件の顛末-」と題する主題学習にこぎつけることができた。

今どきの高校生であっても、こうした史実に学ぶと、例えば「明治の人々は、見ず知らずの外国人に広く優しい心で接している。トルコの人も今も変わらず日本人を思っていてくれてジーンとした」と率直な感動を示すものである。

一方、経済援助に対する見返り行為だと憶断する朝日新聞の記事に対して、「自分が日本人であることが恥ずかしくなった。感謝することが大事だと思う。経済的にではなく、気持ちで恩返ししたい」と胸のうちを吐露する生徒もいて頼もしい。

             ★★★

歴史教育とは、闇に隠されてしまった史実をも虚心に掘り当て、今の世に鎮魂と顕彰の記念碑を打ち立ててゆく地道な作業である。
目下、春を迎へて如何なる史実をどのように取り上げるか、思案と勉強の最中である。

■ 関連記事 ■
JOG(7) 国際派日本人に問われるIdentity昭和44年に、山口康助氏(現・帝京大学教授)がトルコの古都ブルサに泊った時、ある古老が片言の日本語を混えて、
「ジャポン! ニチロ、アラガート(日本の人たちよ! 日露戦争に勝ってくれて有難う)」と、呼びかけてきました。続いて古老は、日本が日露戦争に勝った時、トルコ人は狂喜して、息子や孫に「トーゴー」「ノギ」の名前をつけ、イスタンブールの街には、「東郷通り」「乃木通り」ができた事など、語ったそうであります。


●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.