健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

時間管理と活用

解っているようで実行できないことを自分のために書いてみました。

☆計画的な行動
少ない時間を効果的に活用するには、仕事や私生活に計画性を持たせる。
毎日、毎週、毎月半年先1年先と計画を把握できるようにスケジュール表を作る。その際必ず具体的大敵目標を掲げ、達成状況をチェックする。

☆遊びと仕事の区分け
一日中、仕事に専念することは難しい。仕事の能率や効率を考えると適当な遊び(休憩)の時間も大切である。ただ遊びと仕事の区分けをしっかりとつけておかないと、無駄な時間が多くなり逆効果である。

☆定型的仕事のルール
毎日の仕事を考えて見ると、必ずやらなくてはならない仕事が意外にも多いものである。漫然と仕事をするのではなくそれをルール化すれば短縮され、時間を効率的に活用することができるようになる。

☆待ち時間の利用
毎日のスケジュールの中で忘れてはならないのが“待ち時間”である。この時間を普段気になっていることや次の仕事の段取りなどに利用する。交通機関での移動中等。

☆すぐやる習慣
時間を活用するためには、時間の管理法だけではなく、本人の意識も大切である。
意識を育てて、すぐやる習慣をつけ、時間の重要さを体得する。怠慢が最大の時間の浪費だということを知るべきである。

☆お互いの時間を大切に
相手の時間を尊重するということは、自分の時間を大切にすることにもなる。訪問する、会議に出席する、電話をかける・・・どんな場合にも、時間を守らないと相手に多大な迷惑をかけ、信用も失う。

☆勉強する時間をもつ
時間の管理と活用がうまくなれば、自分の自由になる時間も増えるはずである。
無為に自由な時間を浪費するのではなく、充実した生活をするために、その時間を自己啓発に当てる。

☆毎日の反省
終業したら、その日の反省に為に5,6分の時間を割り当てる。その日の目標は達せられなかったのはなぜか、時間の管理はどうだったか。次の日にまで同じ問題を持ち越さないように注意する。

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.