健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

小さな親切

『涙が出るほどいい話』 あのときは、ありがとう

主人を亡くしたショックで、心臓病とうつ病になっていた私。
ある日のこと。
病院へ行く途中に目まいがおこり、水たまりで転んで、スカートを泥んこにしてしまいました。
このままでは、病院へも行けません。

朝のラッシュ時で、大勢の通行人の中からは、くすくすと笑う声も聞こえ、
持病の不安がつのり、脈拍は一分間に百五十も打つほどで、
冷や汗がたらたらと流れ気が遠くなりかけたとき、突然、番長風の女子高生が、
「おばさん、これ履きなよ」
といって、私をガレージの陰へ連れて行ってくれ、紺色のひだスカートをするりと脱いで、
私にはかせてくれました。

「うち、このスカートきらいやねん。おばさん、返してくれてもいらないよ。今度は気をつけなよ」

と言って、ずた袋みたいなものの中から短パンを出してはき、
靴のかかとを踏んで走り去って行きました。

私はただただうれしくて涙がこぼれ、ボーっとしてしまい、名前を聞くのも忘れてしまいました。

きれいに着飾ってさっそうと歩いている人たちが、見て見ぬふりをして通りすぎるなか、
この言葉の荒っぽい女子高生の親切を受けた私は、
人は見かけによらないものだと、つくづく感じました。

自分の受けたご恩をほかの人に返したいと思いつつ、今日もあの場所を通って病院へ行く私です。

『涙が出るほどいい話』 あのときは、ありがとう

    「小さな親切」運動本部 編 河出書房新社 より


●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.