健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

ガン治療

最先端のガン統合医療

統合医療ビレッジ腫瘍診療部統括部長 水上 治 先生(ガンの名医)
経過のいいガン患者は統合医療を実行できた人

コラボレーション先の統合医療ライフ・クリニック

統合医療とは

「ビタミンCがガン細胞を殺す」という本

「抗ガン剤で殺される!」

国立がんセンター・がん対策情報センター

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

ガンは死因の第1位で、年間30万人以上の方が亡くなります。
日本では2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなります。

◆86年、アメリカ上院労働・人間資源委員会での証言
▽アメリカ国立ガン研究所(NCI)の予防部長グリーンウォルド博士の証言
「現在の知識を十分に活かせばガンの70%、心臓病の60%は減らせる」

▽アメリカ国立ガン研究所(NCI)所長デヴィタ博士の証言
「ガン細胞の中には抗ガン剤対抗遺伝子とも呼ぶべき遺伝子があり、抗ガン剤をぶつけてもガン細胞はこの遺伝子の働きで、抗ガン剤に負けない細胞に変身させてしまうことがわかった。」

◆90年秋、アメリカ議会技術評価局(OTA)のガン問題専門委員会の発表
「抗ガン剤、放射線、手術を主体とする現代医学のガン療法は、過去50年来ほとんど進歩の跡が見られない。アメリカ国立ガン研究所(NCI)もゲルソン療法など自然で効果的なガン療法の研究に力を入れよ。」

アメリカでは、90年前半からガン死亡率が連続して低下しています。
最大の理由は、代替医療を積極的に取り入れたからです。

アメリカガン死亡率推移

こちらのグラフは、アメリカのデータです。2つの重要なポイントにお気づきですか?
ブルーのラインはガンに掛かった人、赤いラインはガンで亡くなった人の数です。
70年代と80年代を比べるとかかった人と比較して亡くなった人が増えています。
これは西洋医学・抗ガン剤治療が死亡率を高めた現実です。
この現実に気がついて代替医療を積極的に取り入れてから死亡率が下がったのです。

代替医療のベースは栄養療法で、サプリメントが主役となっています。

アメリカの先端医療学会は栄養療法が中心でサプリメントが主役となっており、日本の抗加齢医療の
トップ医師の著書に書かれています。

  サプリメントが人生を変えた

◆私のミッションステートメント
私は125歳の天寿まで一流抗加齢実践家として幸福・豊かに暮らし、
世界中の人々が質の高い健康とより幸福・豊かな人生を実現できるよう貢献します。

このミッションを実現するひとつとして、私は97年からアメリカに6回行き、主要大学の研究・開発などのトップ研究者から直接講義を受けて予防医学、抗加齢医学の知識・ノウハウをしっかり吸収して実践しています。

日本のガン患者、ガン死亡率はうなぎのぼりです。

死亡率グラフ

2015年ガン予測日経

ここ100年間の進行ガン治療は進歩のあとが見られないそうです。
100年前の英国での進行ガン生存率と今の日本での進行ガン生存率にほとんど差がないそうです。

約半分の人がガンにかかりますので、最善の治療を選びたいものです。

ガン幹細胞は生き残る.jpg

ガン患者の心理状態と生存率.jpg

アメリカでは国立ガンセンターなどでガン治療に使われている、症例ではステージ4でも間に合う可能性の高い代替療法があります。

日本の代替医療は法整備の遅れから信頼できないものばかりが目につきますが、世界に目を向ければ夢のようなものが存在しています。
日本も一部のガンセンターなどでは積極的に併用しています。

薬事法などの都合からこれ以上は書きませんが、お調べになる価値は高いと思います。
私が06年9月よりコラボレーションさせていただいた埼玉・行田市の
統合医療ライフ・クリニックでは、これらを実証していきます。
お調べになりたいのでしたら、お手伝いいたしますのでこちらからメールしてください。

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.