健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

自己免疫疾患

アレルギー疾患(自己免疫疾患)を改善する方法

自己免疫疾患:アトピー性皮膚炎・花粉症・喘息・鼻炎・リウマチなど
アトピー性皮膚炎はこちら


医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

花粉症に夢にも思わない善いもの見つけた

関連ウェブサイト
厚生労働省ホームページ「花粉症特集」
厚生労働省 リウマチ・アレルギー情報

関連のある私のフリーページ
代替医療 統合医療
“お手軽”運動で体の悩みを解消

関連のある私の楽天日記(新しい順)
花粉症:治療薬、副作用に注意 ドライバーや受験生、適切な服用を
ぜんそく:国際基準では2倍以上の児童生徒に 厚労省調査
乳酸菌食品で花粉症緩和 厚労省研究班「一定の効果」
花粉症やアトピーの電話相談センター 厚労省、設置へ
黄砂、花粉症悪化の原因にも? 大分の大学が調査
子供の3割が花粉症 ロートがネット調査
ついに花粉症の季節、最新治療と予防策を知ってこの春に備えよう
子供の「ぜんそく」率、10年で倍 学校保健統計調査
リウマチ治療薬:アラバ錠で16人死亡 副作用で肺炎起こす
観測史上最高の花粉飛散量に関する情報
花粉症は低年齢化も進む「国民病」
アレルギー対策に正しい知識を・厚労省、HPで特集
花粉飛散量、来春は最大30倍に
リウマチ系疾患のはずが実はビタミンD不足?
秋にスギ花粉!? 冷夏の翌年の猛暑…要注意
“アレルギー”3人に1人…厚労省調査
体内細菌の変動がアレルギーの原因の可能性
副作用がなくて効くと信じている人が多い漢方薬の実態


▼すべて専門医が実際に行っている科学的に根拠のある治療方法です。
 根気よく実践することがポイントです。
▼自覚症状のない隠れアレルギーも要注意です。
▼突然死の12.5%はアレルギーによるショック死です。徹底的に気をつけましょう。



◆身体の外からのケア
☆洗濯は合成洗剤、柔軟仕上げ剤を使う、
 一般ボディソープ、石鹸を使う、
 合成シャンプー、リンスを使う、
 一般歯磨き剤を使う、
 一般化粧品を使う、
 化学繊維を着る。
 これらには有害な石油系合成界面活性剤が使われています。
 どれも使用を止めると83%の方のアレルギーに有効と日本アレルギー学会が発表しています。
 真剣に探せは、高品質、安全・安心、割安なとても善いものが見つかります。


◆身体の内からのケア
▼自己治癒力の回復

 
日々の食事を理想に近づける。
 栄養素の摂取が理想的になると、身体の細胞一つひとつがしっかり機能するようになり、自己治癒力や調整機能が回復します。
 ☆先天的に自分が分解できないアレルゲンを排除する。
 ☆十分な睡眠。
 ☆適度な運動。
 ☆喫煙されている人は禁煙する。
 上手に禁煙するコツ
 ☆飲酒も控える。

関連のある私の楽天日記
ハンバーガーが体によくない理由を分子レベルで解明
食の提言
あぶないコンビニ食
ファスト・フードは肥満とインスリン抵抗性のリスクを高める
話題の映画、スーパーサイズミーを見てきました
マックを、1日3食、1ヶ月間食べ続けるとどうなる?「スーパーサイズミー」

1.砂糖を摂らない
 最悪は白い精製糖、蜂蜜や黒砂糖もやめる。腸内細菌のバランスが崩れ免疫力が落ちる。
 果糖、オリゴ糖を使う。:日経ヘルス・サプリメントバイブル p170
 注意:オリゴ糖:フラクトオリゴ糖は、善玉菌だけが増える。
 清涼飲料水などには大量の白砂糖が使われているので、飲まない。

2.胃・腸の状態を良くする
 腸が悪いと免疫力が落ち、免疫力が落ちると腸が荒れる。肌が荒れる。
 ゆっくり噛んで食べる。月に2回、週末にプチ断食をして腸を休ませる。:日経ヘルス2000‐9 p15
 ヨーグルト菌はあまり腸に定着しないので、生きたまま腸まで到達、腸内定着する質のよいカプセル入り腸内善玉菌がベスト。
 抗生物質は腸内善玉菌を皆殺しにします。
 塩素の入ったままの水道水をそのまま飲むと、腸内善玉菌を皆殺しにします。
 ヨーグルトの砂糖入りはダメ。ヤクルトは砂糖が入りすぎでダメ。

3.脂肪酸のバランスを良くする
 サフラワー油、コーン油などオメガ6系脂肪酸(リノール酸)が多く、オメガ3系(DHA、EPA等)の脂肪酸が少ないとアレルギーを起こしやすい。:日経ヘルス2001‐11 p29
 理想的にはオメガ3系脂肪酸:オメガ6系脂肪酸=1:1 現実は、1:20とオメガ6系脂肪酸が異常に過剰。
 外食は油の種類が特定できないので、中華料理、フランス料理は避けて日本食に。
 マーガリン、ショートニングは欧米では禁止されている最悪の脂質です。

 関連の私の楽天日記
 オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸
 効率よくオメガ3系脂肪酸を摂るには

4.必須ビタミン・ミネラルを十分に摂る
 質のよい総合ビタミン・ミネラル剤を摂ることは、当たり前過ぎること。
 空気、水と同じく身体を作るために絶対必要なおかずのひとつ。
 欧米化、外食化、加工食化、コンビニ化した食事はカロリー栄養だけに偏った欠陥食であり、
 野菜に含有されているビタミン・ミネラル・植物栄養素が激減しているので、
 食事だけで生命代謝、細胞分裂に不可欠な53種の栄養素の種類と量を摂ることは不可能で、
 専門家共通の見解です。
 免疫も食品の栄養素から作られるのです。

 サプリメントの規格がないに等しい野放し状態の日本で、
 効果があって安全・安心な本当によいものを選ぶのは簡単ではありません。
 私が10年以上真剣に探して見つけたピカイチサプリメントは、
 選択条件を完璧に整え、『医薬品を超えた著効を見せる』(最も科学的と評判の高い健康雑誌・N誌)と
 4ページにもわたり掲載された会社の製品でした。

5.炎症対策
 免疫反応により発生した活性酸素の攻撃を受けた関節などの細胞は、
 激しい炎症にさらされ、炎症を起こした細胞はさらに免疫反応を引き起こします。
 炎症を抑えるには、まず、炎症の原因となる活性酸素を抑制することです。
 強力な抗酸化物質の十分な量とバランスを整える。

 関連フリーページ
 活性酸素
 抗酸化物質
 『アンチオキシダントミラクル』の要約

6.他のサプリメントの活用
 ☆免疫機能を安定化して、過剰な免疫反応を抑える。
 ☆精神安定
 リウマチやアトピー、ぜんそくなどの自己免疫疾患は、ストレスを感じたり
 精神的に不安定になるような時に症状が悪化します。
 ストレスの内容や、感じた時の精神状態によって対処法が変わります。

 ・ストレスを受けて落ち込むタイプ
 ・ストレスを受けて怒り狂うタイプ

 リウマチは医師でも治せない難病ですが、しかるべき対処をきちんとすれば
 驚くほどの結果がでることが多いです。

7.先天的に自分が分解できないタンパク質(アレルゲン)を含む食材を知る
 ベスト検査を受ける。:日経ヘルス2001‐7 p85
 通常の病院での食品アレルギー検査は、ほとんど当てにならず500品目もの検査は不可能。
 ものすごく正確に検査してくれるが日本ではここしかないのが残念。

8.季節によりどうしても免疫力が下がることがある
 春先や梅雨時、11月頃は、気温の変化が激しく、特に気圧が急に下がるので免疫力が落ちやすい。
 春は杉花粉、秋はブタ草の花粉などでも免疫が影響を受けます。:日経ヘルス2001‐12 p118

9.水道水は残留塩素など有害物質が約300種混入しており、逆浸透膜浄水装置で浄化すると安全です。
 私は、質がよくて割安な逆浸透膜浄水装置を愛用しています。
 有害物質により体内で大量の抗酸化栄養素が浪費されます。
 全国の浄水器世帯普及率は62%、水道水の実態を知る水道局員世帯ではほぼ100%だそうです。

 関連フリーページ&日記
 安全な水とは
 8.2%の井戸水が環境基準を超過 環境省まとめ

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.