健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

野菜の重要性

野菜・果物の重要性

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

老化の真犯人、ほとんどの病気の真犯人である活性酸素は、文明が進むほど増大します。
ここ10年間で10倍になっているそうです。
この活性酸素の悪影響を抑えるためには、ビタミンやミネラル、抗酸化物質がたっぷり入った野菜・果物を毎日たくさん食べる必要があります。
しかし、
1.食事の欧米して野菜を食べる量が減った
2.野菜や果実栄養価の激減した
3.精製食品の多用してビタミン・ミネラル・植物栄養素を削ぎ落としている
4.外食や加工食品の増加
などからどんなに食事に努力しても、生命を健全に維持・代謝するために身体が必要な53種の栄養素の種類と量は摂れず、健康を維持するために必要な抗酸化物質も摂れないことは、専門家共通の見解です。
その結果、成人病=生活習慣病の若年年齢化が加速、早老傾向がでてきています。

厚生労働省の国民栄養調査(2001年11月)によると、下回ると病気になる最低量の栄養所要量すら下回っている栄養素は、
 カルシウム(発育不良、不眠、骨粗鬆症、神経過敏、関節痛、動悸、手足の痺れ)
 鉄(貧血、体力低下、呼吸困難、皮膚の炎症、頭痛、肩こり、不眠、冷え症、耳鳴り)
 亜鉛(発育不良、疲労、味覚障害、不妊症、性的発育遅れ、傷が治りにくい)
 銅(発育不良、不眠、骨粗鬆症、神経過敏、関節痛、動悸、手足の痺れ)
 ビタミンE(発育不良、不眠、骨粗鬆症、神経過敏、関節痛、動悸、手足の痺れ)
 ビタミンB1(便秘、脚気、倦怠、胃腸障害、心臓肥大、血圧異常、神経障害)
 ビタミンB6(ニキビ、貧血、関節炎、精神不安定、めまい、抜け毛、学習障害)
 食物繊維(便秘、大腸ガン、高脂血)

という悲惨な現状で、年々摂れていない栄養素の種類が増えているようです。
さらに問題なのは、平均では摂れているビタミンCも半数以上の人は最低量の栄養所要量すら下回っていることです。
そんな時代の強力な救世主が、抗酸化物質がたっぷり配合された総合ビタミン・ミネラル剤です。
サプリメントの規格がないに等しい野放し状態の日本で、効果があって安全・安心な本当によいものを選ぶのは簡単ではありませんが、何を選ぶかが最も重要です。

*******************************************************************************

草月ホール(東京都港区)で「毎日野菜5皿分(350g)と果物200gを」をテーマに、「野菜フォーラム」が開催され、そのレポート記事をご紹介いたします。

◆1人当たりの野菜消費量、日米で逆転した
米国はマクガバンレポートなどをベースにした栄養政策の転換から、野菜の消費量が急速に伸び、95年に日本を越してしまうという逆転現象がおきた。

野菜消費量減少0204.jpg

野菜摂取量2.jpg

◆野菜は、活性酸素の重要な制御に関わる重要な食材
◆’90年代に入り、米国で野菜・果物の摂取増を目指した「5 A DAY」運動展開
◆日米のティーンエイジャーのコレステロール値も逆転
◆昨年日本でも、「5 A DAYプログラム」参考に野菜・果物の消費啓発活動行う協会団体設立
(出典:ヘルスネットメディア)

野菜の栄養価激減

信じていた有機野菜も同様に栄養価がないとはショックです。
有機野菜の栄養価同じ.jpg

当てにされている野菜ジュースも気休め程度でした。 野菜ジュースの実態.jpg


医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.