健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

脳卒中の予防

脳卒中を予防するには?

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

新聞にでていた脳卒中を防ぐ日常生活について、以下に注意事項をまとめてみました。
これだけでは十分な予防策ではありません。

(1)高血圧の管理
脳卒中の危険因子のナンバーワンに挙げられるのが高血圧です。血圧が高いというだけで脳卒中発生の直接の原因になるうえに、加齢とともに進む動脈硬化をさらに促進させるわけです。
特に、最高血圧(収縮期血圧)を下げることが脳卒中の予防につながります。血圧の値の目安としては120~135/80~85mmHgです。高血圧の人は適切な食生活を守り、必要があれば薬物治療でコントロールすることが大切です。
食事では特に塩分を取り過ぎないことが肝心で、1日7g以下におさえましょう。
その他、肥満の解消、節酒、禁煙も血圧のコントロールは必須条件です。

(2)禁煙
喫煙は、全身の血管を収縮させ、血圧を上げます。またLDLコレステロールを増やし、血流を悪くするので、動脈硬化を招きやすくなります。降圧剤の効き目も悪くするので、なんとしても禁煙したいものです。
なお、喫煙者の脳卒中にかかる危険率は、非喫煙者の2~3.5倍といわれています。

(3)糖尿病の治療をする
糖尿病があると、脳梗塞の危険率が2~3倍高くなります。糖尿病は脳の細い血管の動脈硬化を進行させ、脳卒中を引き起こします。

(4)アルコールの摂取法
軽い飲酒は脳卒中の危険率を下げるという研究データがあります。日本酒なら180ml、ビールなら500ml以内が適量です。なお、適量を越えると、その量に比例して危険度は増していきます。

(5)適度な運動を取り入れる
運動は肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などを予防・改善し、脳卒中の予防になります。

(6)ストレス解消
自分に合ったストレス解消法を見つけ、心身の疲れを翌日に持ち越さないような工夫しましょう。

脳ドックについて
脳は数ある臓器の中でももっとも検査の難しい臓器のひとつです。一般的な健康診断には含まれていませんが、現在は、脳ドックではCTやMRI、MRA、SPECT、PETなどの検査機器で、脳梗塞や脳出血を早期に発見することができます。動脈硬化は長い月日をかけて進行するので、毎年受ける必要はありませんが、心配のある人は、3~5年に一度くらい受診してチェックするといいでしょう。


医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.