健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

善い離乳時期

◆早すぎる離乳食

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

人間は生命維持・代謝するために身体が必要な栄養素は53種あり、ベビーフードは20種類も入っていないものが多いそうです。吟味してください。
ミルクは牛の赤ちゃんの飲むものです。人間の赤ちゃんの飲むものは母乳です。哺乳類で自分たちの乳をあげないのは人間だけです。牛の赤ちゃんと人間の赤ちゃんの身体と頭の大きさのバランスを見てください。ミルクには牛の赤ちゃんの比率で育てる栄養素ですので、人間の赤ちゃんの脳に必要な栄養素が大幅に欠けます。脳細胞の脂肪酸の2/3は、オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)で、ミルクは母乳の1/30しか含有していません。
何らかの理由でミルクを選択された場合にはミルクを十分吟味してください。
オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)を2歳までに1日0.5~1gを毎日毎日欠かさずセッセと与えると賢い子になるそうです。質の悪いものが多いので吟味してください。
奇跡の脳のつくるを参考にしてください。
これからの情報は信頼できるウェブサイトからの情報です。

▼赤ちゃんの腸が完成する1才まで、お乳以外の蛋白は毒になる
ゴリラの離乳は2才である。ヒトは24才で全ての器官が解剖学的に完成する。それに対してゴリラは12才なので、動物学的にはヒトは4才までお乳だけで育てなければ行けなかった。ヒトの場合はどんなに短くても、赤ちゃんの腸が完成する1才まで、お乳以外の蛋白は毒になる。スポック博士の育児書では離乳食5ヶ月とあるが、アメリカで蜂蜜を与えた乳児がボツリヌス中毒になった。これは腸の未熟性による。それで、離乳食は2才頃からとなり、日本の戦前までの、江戸時代からの育児方に戻った。厚生省の指導で、昭和55年に離乳食は5、6ヶ月としたがそれでも早すぎ、現在アトピーなどが増えてきた。果汁にも蛋白成分がある。


医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
研究所設立 | 健康セミナー | 子供を守る勉強会 | 葉酸の重要性 | 奇跡の脳を創る | 受動喫煙防止 | 上手に禁煙 | 私の卒煙経験 | 若返り医学 | ガン治療 | やる気と免疫 | 心の病気 | アトピー性皮膚炎 | 自己免疫疾患 | 糖尿病 | 肩こり・腰痛 | かぜの治療 | 野菜・果物の重要性 | 正常分子栄養学 | ストレス解消法 | かかりつけ医 | 日本の医療の現実 | 脳卒中の予防 | 善い離乳時期 | 医師への質問 | 健康知力 | 体内浄化 | 新医薬部外品 | 瀕死の小児医療 | 不妊症 | 健康セミナー評価 | 骨粗鬆症 | 患者学 | 不妊症2 | 医療崩壊 | 医薬品の実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.