健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

油脂の摂り方

◆健康的な油脂類の摂り方◆

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
食源病とは | 健康とは | 食生活の改善 | 身体の質 | 健康管理指標 | ガン予防 | 混合診療 | 健康世論調査 | 代替医療 | 健康オンチ | 亭主を早死に | 安全な水とは | 食の提言 | お手軽運動 | 賢い子の授かり方 | 米国小麦戦略 | 乳酸菌 | 筋肉の可能性 | 長寿の秘訣 | 加齢医学最前線 | 抗加齢最新情報 | 毒出し健康法 | 企業の健康創り | サプリメントベビーは賢い | 抗加齢医療 | 油脂類の摂り方 | 粗食のすすめ | 野菜ジュース | 食育のすすめ | マクロビオティック | 健康法活用実態 | なんでも相談室

日本ではマーガリンがまだ健康によいと思っている人が多いとか、油脂の知識に無頓着な人が多いようです。
人類にとって必要な必須脂肪酸についてまとめました。


油脂面から健康的な食生活をめざすには、
・動物性食品は魚介類や卵くらいにする
・四足動物の肉はさける
・牛乳や乳製品はさける
・てんぷら、フライ類はできるだけ控えめにし、炒め物やドレッシングにはオリーブオイル
・マーガリン、ショートニングは使わない、食べない、食べさせられない
・オキアミオイルサプリメントの活用
ということになります。


▼オメガ3系脂肪酸
アルファ-リノレン酸(LNA) 多く含む食品:緑黄色野菜、亜麻仁油、キャノーラ油
エイコサペンタエン酸(EPA) 多く含む食品:魚油、オキアミ油
ドコサヘキサエン酸(DHA) 多く含む食品:魚油、オキアミ油

魚に多く含まれているオメガ3系脂肪酸は、関節や軟骨の健康、美肌、血液粘度を下げる、健康な心臓機能、健全な中性脂肪値の維持、正常な心拍リズムの促進、血管保護、神経系や脳の機能促進、うつ、アレルギー、炎症を抑えるなどの多才な効果・効能がわかってきています。
酸化しやすいのが欠点です。

米メリーランド大学メディカルセンター(ボルティモア)によると、オメガ3系脂肪酸による利益には以下のようなものがある:

・悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす。
・高血圧を改善する。
・心疾患を予防し、心臓発作リスクを軽減する。
・脳卒中リスクを軽減する。
・糖尿病管理に役立つ。
・関節炎の痛みを緩和する。
・減量を助ける。
・骨粗鬆(しょう)症を予防する。
・統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)などの精神疾患リスクを軽減する。

(出典:HealthDay News)

慢性心不全患者でオメガ3系脂肪酸は効果あり、スタチンには効果を認めず
魚介類に美白効果?! 「アスタキサンチン」のメカニズム解明
青魚の脂 EPA摂取で脂質改善 動脈硬化を防ぎ、血液サラサラ
慢性心不全患者でオメガ3系脂肪酸は効果あり、スタチンには効果を認めず
魚好きが日本人の心臓を健康に保つ
妊婦の魚摂取はリスクよりも利益が上回る
妊娠中は魚を食べよう 米研究所が論文
妊娠中の魚油摂取で子どもの視覚と手の協調が向上
魚食の効用はメチル水銀リスクを上回る
心臓病予防、やはり魚に効果 厚労省研究班調査で裏づけ
魚の油、心臓病予防に効果 2万人規模の研究で確認
タマネギで魚の水銀を“解毒”しよう
妊婦は魚の食べ過ぎに注意 水銀が胎児に影響 厚労省が注意事項を発表
妊娠中に水銀が少ない魚をたくさん食べると子供が賢くなる、米国の研究
クマにも解毒! サケを食べるクマがPCBに汚染
魚と全粒穀物をもっと食べなさい
オメガ3脂肪酸がアルツハイマー病による脳の損傷を防ぐ
焼き魚は脳卒中の原因「心房細動」を予防する?!
魚をよく食べると乳がんリスク4割減
オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸
魚を食べると、死亡リスクが減る&魚を食べると頭がよくなる
一流スポーツ選手の「運動後の息切れ」、魚油サプリメントで改善
冠動脈疾患予防のためにオメガ3系脂肪酸の摂取を
魚類はアルツハイマー病発症リスクを低下させる


▼オメガ6系脂肪酸
リノール酸(LA) 多く含む食品:ヒマワリ油、サフラワー油、コーン油、
           ほとんどの調理油、炒められた食物
アラキドン酸(AA) 多く含む食品:肉、動物性脂肪

オメガ6系脂肪酸も必須脂肪酸ですが、実際の生活で特に意識していない人はほとんどオメガ6系脂肪酸を摂っているのが現状です。

オメガ6系脂肪酸が前立腺がんを増殖

かつては、オメガ3系脂肪酸:オメガ6系脂肪酸=1:1で進化してきましたが、とうもろこしを栽培するようになってからオメガ6系脂肪酸が過剰になり、現代ではオメガ3系脂肪酸:オメガ6系脂肪酸=1:10~20とオメガ6系脂肪酸が著しく過剰になり、体内で炎症を起す、痴呆症、知的障害、前立腺肥大などの原因といわれています。
厚生労働省が、第6次改定日本人の栄養所要量で、オメガ3系脂肪酸:オメガ6系脂肪酸=1:4を目安にするよう呼びかけています。


▼オメガ6系脂肪酸を減らし、オメガ3系脂肪酸を摂ると
必須脂肪酸のバランスが整い、健康な免疫反応のバランスを助けます。
関節や軟骨の健康、美肌、血液粘度を下げる、健康な心臓機能、健全な中性脂肪値の維持、正常な心拍リズムの促進、血管保護、神経系や脳の機能促進、うつ、アレルギー、炎症を抑えるなどの多才な効果・効能がわかってきています。
賢い子孫を残すには、妊娠前から母乳で育てている授乳期までは母親が、離乳食を食べてからは2歳まで、オメガ3系脂肪酸をたっぷり摂るとよいそうです。


▼オメガ3系脂肪酸の摂り方
アルファ-リノレン酸は、代謝されるとエイコサペンタエン酸になりますが、わずか4%程度しか代謝されません。
そして、オメガ6系脂肪酸がこの代謝を阻害します。

効率よくオメガ3系脂肪酸を摂るには、青魚を食べることです。
しかし、日本ではあまり知らされていませんが、回遊魚の汚染は深刻です。
米国の食品医薬品局(FDA)と環境保護庁(EPA)は04年3月19日、共同勧告書を発表しました。

食べるなら食物連鎖の低い甲殻類(小エビ、ロブスターなど)、貝、イワシ、ニシン、タラ、がおすすめです。
最も効率よく2~4g/日のオメガ3系脂肪酸を摂るには、サプリメントがベストですが、含有量が少ない、汚染されていたり、鮮度に問題があったりしてよいものを選ぶのは簡単ではありません。

よいものを選ぶポイントは、
1.オメガ3系脂肪酸を2g摂るためにはどのくらいの量のカプセル数が必要か、数量の少ない品が高純度と思って差し支えないと思います。
 最も科学的といわれている健康雑誌・日経ヘルス誌にでていた日本の代表的なメーカーのものを計算したところ、143~13カプセルでした。
 私が調べ抜いた最も少ないメーカーは4カプセルでした。
 EPA、DHAの含有量が書いていないものは要注意です。
2.新鮮な魚が材料か
 新鮮な魚ではなく、内臓などの廃材から抽出しているメーカーもかなりあります。
 ふたを開けた時、飲む時の臭いの強いものは要注意です。
3.酸化防止剤としてビタミンEが配合されているか
4.汚染されていないか
 そして、忘れてはならないポイントが汚染です。
 魚は、食事における最大の汚染源とまでいわれています。
 重金属(水銀)、クロールデン、ダイオキシン、PCBs、DDTなどの有害物質がきちんと取り除かれているか

最もよいオメガ3系脂肪酸は話題の抗酸化物質アスタキサンチンを豊富に含むオキアミオイルです。

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
食源病とは | 健康とは | 食生活の改善 | 身体の質 | 健康管理指標 | ガン予防 | 混合診療 | 健康世論調査 | 代替医療 | 健康オンチ | 亭主を早死に | 安全な水とは | 食の提言 | お手軽運動 | 賢い子の授かり方 | 米国小麦戦略 | 乳酸菌 | 筋肉の可能性 | 長寿の秘訣 | 加齢医学最前線 | 抗加齢最新情報 | 毒出し健康法 | 企業の健康創り | サプリメントベビーは賢い | 抗加齢医療 | 油脂類の摂り方 | 粗食のすすめ | 野菜ジュース | 食育のすすめ | マクロビオティック | 健康法活用実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.