健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

粗食のすすめ

粗食のすすめ 「健康と食生活 今日からできる10の提案」

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
食源病とは | 健康とは | 食生活の改善 | 身体の質 | 健康管理指標 | ガン予防 | 混合診療 | 健康世論調査 | 代替医療 | 健康オンチ | 亭主を早死に | 安全な水とは | 食の提言 | お手軽運動 | 賢い子の授かり方 | 米国小麦戦略 | 乳酸菌 | 筋肉の可能性 | 長寿の秘訣 | 加齢医学最前線 | 抗加齢最新情報 | 毒出し健康法 | 企業の健康創り | サプリメントベビーは賢い | 抗加齢医療 | 油脂類の摂り方 | 粗食のすすめ | 野菜ジュース | 食育のすすめ | マクロビオティック | 健康法活用実態 | なんでも相談室

2006年9月9日の午後、千葉県流山市初石公民館で行われた
流山市歯科医師会主催の市民公開講座を受講しましたので
簡単にまとめてみました。


会場 千葉県流山市初石公民館
内容 粗食のすすめ「健康と食生活 今日からできる10の提案」
講師 幕内秀夫さん(フード&ヘルス研究所代表、管理栄養士)
    鈴木公子さん(歯科医師) WHAのMLでのご縁


幕内さんの講演は、「学校給食と子どもの健康を考える会」主催の講演会で
数回聴いていますが、新たな気づきがありました。

鈴木さんの講演も写真を使った症例が豊富でとても説得力がありました。


◆今日からできる10の提案◆ 幕内秀夫さん
1.飲み物は水・麦茶・ほうじ茶 
  液体でカロリーを摂らない 
  今や1億総点滴時代 糖尿病増加の最大要因
  清涼飲料水、乳酸菌飲料、スポーツドリンク、ジュースなどは摂らない

2.ごはんをしっかり食べる
  ごはんは食生活の土台
  しっかり食べる 1日最低2回
  ごはんが少ないと間食(甘い菓子類)をしたくなる
  パンはごはんと違って砂糖、油脂や添加物が入っているものがほとんど
  また、副食も油物や食肉加工品などになりがち
 
3.朝食は、ごはん、みそ汁、漬け物
  常備食をうまく活用する

4.カタカナ主食は日曜日
  パン、スパゲティなど

5.子供のおやつは「食事」
  おにぎりが一番
  子供は甘いもの好き
  お母さんは砂糖が好き

6.未精製のごはんを食べる
  ごはんは胚芽(はいが)米、分づき米、発芽玄米、玄米、雑穀など、未精製の穀類

7.副食は季節の野菜中心にする
  副食は季節の野菜、海草、いも類、きのこ類を中心に
  かならず、動物性食品よりも多く食べる

8.動物性食品は魚介類を中心に
  肉類はできるだけ食べない
  牛乳、乳製品もできるだけ避ける

9.砂糖、油脂類は摂りすぎに注意を

10.できる限り安全な食品を選ぶ
  せめて調味料くらいはよいものを使いたい


◆子供の食生活改善10箇条
 1.ご飯をしっかり食べる
 2.飲み物で満腹にしてはいけない
 3.パンの常食はやめる
 4.おやつは主食に近いものを優先する
 5.未精製のごはんを食べる
 6.副食は季節の野菜中心にする
 7.醗酵食品をきちんと食べる
 8.肉類より魚介類にする
 9.揚げ物は控えめにする
10.食事はゆっくりよく噛んで


食に関する法律は3つしかない
・学校給食法
・監獄食法? 堀江容疑者が健康的になったよい食事
・食育基本法

このようなイベントに集まる人は女性が多い 7割女性
・1割は健康マニア
・3割はみのもんた症候群の人 ほとんど女性
 みのもんた症候群の人は情報に振り回されているだけで健康にはならない
・6割は普通の人

乳ガン、子宮筋腫、子宮内膜症などの女性疾患、アトピーなどは食事に問題が多い
9つまでに何を食べたか、食べさせられたかで人生が決まる

小中学生の肥満 急増
総コレステロール200以上の女子小中高生の急増
小学校で糖尿病抑制合宿が行われている異常な状態
液体でカロリーを摂っていることが最大の原因

食事の量 子供は食べる量がわかる
・子供:満腹になれば食べない
・大人の男性:だされたものはすべて食べる
・大人の女性:作ったものはすべて食べる

お母さんには「別腹」がある

大人は「心」でも食べる
「心」は身体に悪いもの(こと)が好き
 酒、タバコ、ケーキ

砂糖は酒、タバコと同じ嗜好品
・子供はソフトドリンク
・パン(女性はパン好き)
 しっとりさせるために果糖・ブドウ糖・液糖・砂糖が入っている

ヒトは何を食べる動物か 得点は
 母乳  重湯  お粥  ごはん
 100  90    80    70
 離乳は遅い方がいい

ヒトは「水」に「でんぷん」を増やしながら成長する動物

学校給食は最高の「食」教育の場
・普通の食事 完全米飯給食に
・パンには地場野菜が合わない
・パンには伝統的調味料が合わない
・最高の学校給食は福島県麻那郡熱塩小学校で全国から注目されている
・参加していた流山市長には重大な宿題になった


◆口の中から見えるもの◆ 鈴木公子さん
写真を使った症例 
害は知っていましたが、写真は本当に衝撃的
健康に悪いと思われていないものでの例

小児科医がすすめるポ○リ○ェットを飲み続けると
 乳歯はボロボロになる

祖父母が与えたヤ○ルトで幼児の歯はボロボロになる

缶コーヒー、ジュースや野菜ジュースで歯はボロボロになる

やわらかい食べ物だけだと歯茎はボロボロになる

パンを常食すると歯はボロボロになる

パン、麺類は食後歯周菌が繁殖するが、玄米ではあまり繁殖しない

医療が進歩しても、健康が大ブームでも、生活習慣病を患って一生治療しながら亡くなる傾向は悪くなる一方で、人間ドックの異常者は何と89%です。時流に逆らって天寿まで、健康・豊か・幸せを願うあなただけを精一杯支援いたします。
食源病とは | 健康とは | 食生活の改善 | 身体の質 | 健康管理指標 | ガン予防 | 混合診療 | 健康世論調査 | 代替医療 | 健康オンチ | 亭主を早死に | 安全な水とは | 食の提言 | お手軽運動 | 賢い子の授かり方 | 米国小麦戦略 | 乳酸菌 | 筋肉の可能性 | 長寿の秘訣 | 加齢医学最前線 | 抗加齢最新情報 | 毒出し健康法 | 企業の健康創り | サプリメントベビーは賢い | 抗加齢医療 | 油脂類の摂り方 | 粗食のすすめ | 野菜ジュース | 食育のすすめ | マクロビオティック | 健康法活用実態 | なんでも相談室

●HOME 「健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ、幸せを探求する研究所」に戻る ⇒


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.