健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求

フリーページ

知的健康法


研究所設立


健康セミナー


食育勉強会


葉酸の重要性


奇跡の脳を創る


受動喫煙防止


上手に禁煙


私の卒煙経験


若返り医学


ガン治療


やる気と免疫


心の病気


アトピー


自己免疫疾患


糖尿病


肩こり・腰痛


かぜの治療


野菜の重要性


正常分子栄養学


ストレス解消法


かかりつけ医


医療の現実


脳卒中の予防


善い離乳時期


医師選び


健康知力


体内浄化


新医薬部外品


瀕死の小児医療


不妊症


健康セミナー評価


骨粗鬆症


患者学


不妊症 2


医薬品の実態


脱・医療費亡国論


勤務医が辞める理由


医療崩壊


医師の自殺・過労死


新型インフルエンザの予防策


医師と製薬会社の関係


災害時の口腔ケア


健康政策原典


食源病とは


健康とは


食生活の改善


身体の質


健康管理指標


ガン予防


混合診療


統合医療


健康オンチ


亭主を早死に


安全な水とは


食の提言


お手軽運動


賢い子の授かり方


米国小麦戦略


乳酸菌


筋肉の可能性


長寿の秘訣


加齢医学最前線


抗加齢最新情報


毒出し健康法


社員元気で会社も元気


サプリベビーは賢い


抗加齢医学


油脂の摂り方


粗食のすすめ


野菜ジュース


食育のすすめ


マクロビオティック


健康法活用実態


最新の運動法


睡眠指針12か条


農業を日本の先端産業に


備蓄リスト


メンズヘルス


妊娠の心得


高齢化社会


統合医療2


子供の体力低下


放射線健康効果


長寿と性格


活性酸素とは


活性酸素関与疾患


抗酸化物質


参考書の要約


サプリ選び方


サプリ優先順


ピカイチサプリ


プラセボ効果


栄養機能食品


効用表示


健康食品評価


健康食品誇大広告


薬と食物飲み合せ


簡易サプリ選び


特定保健用食品


最新サプリメント情報


サプリ法制化の遅れ


ビタミン


サプリメントの医療費削減効果


サプリQ & A


起業・複業


健康産業の将来性


就職否定&起業


副業意識動向


家計が疲弊


厚生年金


国民年金


働くことの意識


勤労者の悩み


パワハラ実態


起業十戒


若者はいま


今後残る仕事


05年大予測


生活保護世帯


中高年フリータ急増


財政借金は深刻


経営の原点12箇条


老後の不安


給料が半分に


長時間労働深刻


残った日数は?


プロ意識


おカネがあれば


老親が心配


団塊の勤労意欲


日本人の給料


ご縁を活かす


格差社会の現実1


賢いマネーライフ


年金見込水準破綻


格差社会の現実2


雇用が奪われる?


所得格差過去最大


親の勘違い


年金がわかる


20の勇気


欠陥年金


子ども格差


日本を襲う官製不況


成果主義失敗時代の生き残り


政策提言


アジア2位に転落


世界一冷たい格差社会


賃金抑制は限界


成熟社会化


,年金試算


新政権冬が来る


櫻井よしこ氏講演


郵政改悪


雇われない働き方


自滅した日本


国民の怒り爆発


日本自信喪失


経済オンチ政権


立ち上がれ!


貧困ビジネス


戦後教育の失敗


収入激減


瀬戸際40代


日本は変われない


マスゴミ


真の近現代史観


沖縄は日本領土


老後1億円必要


危険なもの


合成シャンプ


歯磨き剤


口紅


染毛剤


化粧品


携帯電話


マーガリン


漢方薬の実態


抗生物質大国


電子レンジ


子供化粧品


高温乾燥サウナ


樹脂加工品


GM食品


マクドナルド


コンビニ食


タバコ産業のウソ


日焼けマシン


室内汚染物質


医薬品副作用


牛乳神話の崩壊


健康食品


電磁波


食品添加物


割り箸


遺伝子組み換え


ベビーパウダー


放射能漏洩は起こらない


ダイエット


危険な製品


隠れ肥満


子供の肥満


食べ方の工夫


よく噛む


盛り付けの量


効率よいダイエット12ヵ条


隠れ肥満急増


飲んでやせる


騙されるな


早食いと肥満


肥満と戦う


メタボダイエット


心に残るお話


イチローの作文


ありがとう


ひがみ七訓


つもり十か条


天寿


天国と地獄


一歩踏み出す


燃えるコトバ


幸せを感じる


どん底から


成功の秘訣


悩んだ時に


人との関わり方


命の深み


エルトゥールル号の遭難


エルトゥールル号その2


時間塾


シベリア犬クマ


堀江青年


癒しのコトバ


登頂成功


恐怖心は幻想だ


桐島洋子さん


斎藤一人さん


アインシュタインが見た日本


航空ルート変更


時間管理と活用


人生を変える


豊かなのはだれ


これから始まる


相田みつをさん


落合信彦さん


不可能とは


夢は叶う


子育て四訓


人生の目的


前向き人間


最強のオバサン道


うさぎとかめ


7つの『悪』習慣



小さな努力


インディアンの教え


大将のいましめ


パラシュート


幸せになる


何もしない恐れ


小さな親切


最高の奇跡


子ども


思った通りになる


お母さん


管理職心得


堀井学物語


指導者に望む


道のうた


人生成功の秘訣


自分に期待


成長するものだけが生き残る


経営の真髄


継続の極意


老人の詩


明治神宮の森


夫婦円満の秘訣


人間の基本


素敵なコトバ


奇跡を呼ぶボクサー


7つの習慣


勇気


あなたが世界を変える日


あなたの中の最良のものを


逆説の十か条


世界がもし100人の村だったら


千の風になって


縁を生かす


PTA会長のお話


「眞相箱」の呪縛を解く


親ばか力


揺らぐ沖縄


厳選情報


浮き趾健康ぞうり


統合医療ライフ・クリニック


クリニック施設


糖尿病患者さん


元氣な百寿者倶楽部


アスリート サポート実績


2017/06/25
XML
カテゴリ:病気・医療関連
おはようございます。
いつもありがとうございます。
毎日毎日、多くのステキなことがあり、感謝しています。


認知症予防は早くて60歳から、70代80代が取り組むものというイメージがありますが、60歳未満から始めた方が効果が出やすいようです。

認知症予防には、様々な研究、報告がありますが、認知症予防に効果があると言われているのは、禁煙、運動の習慣化、脳トレ、血圧・血糖管理、食事は適度な糖質制限、塩分制限、糖質を最後に食べるカーボラスト、品数豊富なバランスのよい魚・和食、カテキンやビタミンD、教育年数の延長、社会性ある認知刺激余暇活動、睡眠などのよい生活習慣を総合的に組み合わせることだそうです。中でも効果があると言われているのが息が弾む程度の中強度の有酸素運動と言われています。
脳に刺激を与えるには、運動強度60~80%のランニングを1日20~30分×週3回がよさそうです。



しかし、誰もが息が弾む程度の中強度の有酸素運動を習慣にできるわけではなく、料理教室もおすすめで、特に料理が得意ではない男性におすすめしたいです。

健康・長寿は教養と教育が必要だ!
・今日、用があること
・今日、行くところがあること


日本でも認知症は増加し、厚生労働省の2012年調査では認知症患者は462万人、認知症予備軍の軽度認知障害(MCI)患者は推計400万人、合わせると65歳以上の高齢者の4人に1人でしたが、別の調査では認知症患者の高齢者推計は550万人と65歳以上の18%となり、20年で6倍に増えていました。
2025年には認知症高齢者が700万人(5人に1人)に急増し、軽度認知障害(MCI)患者と合わせると軽く1000万人を超えるわけです。
また64歳以下までの認知症を若年性認知症と呼び、まれに10代後半で発症することもあるそうで、若年性認知症の推定患者数は約3万8000人と言われています。

認知症将来推計2014.jpg

英国では20年前に比べ、1年間に認知症になる人の割合が20%減ったそうで、社会全体で健康増進を図れば、認知症の増加が抑えられるようです。


ジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動を続けることで、脳の血液の流れが良くなり、脳の白質の衰えを抑えることができ、高齢になっての認知能力が衰えを最小限に抑えることができるそうで、インターバル速歩やスローランニング、階段昇降はおすすめです。
筋肉は鍛えることで何歳になっても増やせますので、筋力の衰えが進む40代後半、遅くても50代からインターバル速歩やスローランニングを習慣にすると健康・長寿にプラス効果が期待できますね。

天皇、皇后両陛下は、皇居御所の庭を約1キロ散策することを日課とされておられましたが、2年ほど前からスローランニングを取り入れられ、50段程度までは階段をお使いになっておられるそうです。

また歩きながら計算するとか、頭と体で2つのことを同時に行うデュアルタスク(2重の課題)がよいそうです。
よい知識をつけて出来そうなことから無理なく生活習慣を改善していくことがポイントだと思います。

遅発性アルツハイマーの爆心地が青斑核と呼ばれる脳の小さな領域だと分かり、この部位は、高齢者における認知機能の維持に大いに関連しているそうです。
青斑核にある神経細胞は睡眠時間が少ないほど死滅することから、高齢者の脳年齢は睡眠時間が大きく関与しているそうです。

認知症予防2.jpg

認知症予防1.jpg

筋力トレーニングは、使っている筋肉に意識を集中して動かすことで、筋肉と脳を結ぶ神経回路が刺激され、脳細胞を活性化でき、認知症予防に役立つそうです。
筋肉の脆弱化を防ぎ、介護予防にも役立ちますので、一石二鳥です。
歩行速度は新しい認知症診断テストの鍵とまで言われています。運動機能や筋力と認知症リスクに関する研究成果が数多く報告されていますが、適切な負荷、量の運動を習慣にすることは重要ですね。


全国40~69歳の男女1200人を対象とした「認知症予防に関する意識調査」によると、認知症の予防に役立つ情報に関心がある人は6割近くにのぼり、認知症予防に有効だと思われる食事や運動習慣を改善するための情報を望んでいるそうです。

2012年内閣府・高齢者の健康に関する意識調査によると、健康管理の行政への要望の1位が認知症でした。
また50~70代の脳に関する意識調査では、91%が脳の働きに老化を感じていますが、何か対策を講じている人は24%しかおらず、対策をしていない人の85%が対策を知らない・わからないと回答しているそうです。

アルツハイマー病につながるリスク.jpg

認知症には、アルツハイマー型以外に、血管が破れたり、詰まったりする脳卒中により神経細胞が壊れる血管性認知症も知られています。両タイプの認知症には共通の危険因子として動脈硬化の原因とされるメタボがあり、若年期からのメタボの積極的な管理、予防が、認知症予防に有効だそうです。そのためには、食生活や運動、禁煙など日常の生活習慣を改善することが大切だと言われています。


最も罹りたくない認知症は何種類かあり、その一つのアルツハイマー病は世界経済危機をもたらすと警告されたり、国際アルツハイマー病協会から認知症増大予測で対策強化の政策提言が出るほど増えていますが、よい治療法がないので高齢化国を悩ませています。最もよい対策は個人が取り組む的を射た認知症予防策の習慣化です。

そんなことから厚生労働省は2012年に「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」が発表されたり、2013年12月に「主要国(G8)認知症サミット」、2014年11月5日6日には「G8認知症サミットの後継国際会議」が日本で開催され、認知症対策は重要な国家戦略として2015年1月に「新オレンジプラン」が発表されています。


一番多いアルツハイマー病は、一言で言うと「脳内にゴミがたまる現象」で、そのゴミとして比較的知られているのが、βアミロイドと呼ばれるたんぱく質ですが、数年前くらいから注目を集めているのが、「タウ」と呼ばれるたんぱく質で、βアミロイド以上に悪さをすることが分かったそうです。


運動で得られるメリットはたくさんあり、いくつになってからはじめても遅すぎることはありませんが、やらない人はやりませんね。

日本は平均寿命こそ世界一ですが、国民の約7割は岩盤のような健康管理無関心層(筑波大大学院・久野譜也教授)で、2014年厚生労働白書によると健康管理は「何もしない」派が46%もいるそうです。そんなことから日本人の主観的健康度は主要35カ国中34位(2016年OECD調査)と韓国と同率最下位で、驚くほど低率です。
健康的な生活習慣を無視して好き放題の人は、やらない理由を探すのが得意だったり、「一寸先は病み」の現代で将来の健康がいかに蝕まれるかの想像力が乏しいとか、根拠のない自信を持ち過ぎの傾向などがあるようです。

世界23カ国の健康意識調査で、健康的な食生活は23カ国平均は59%が意識しているのに対して、日本は半分以下の29%・最下位で、十分な睡眠をとる:54%(ワースト3)、定期的な運動:39%(最下位)という世界一の健康オンチ国です。

厚生労働省の調査によれば、運動など健康増進の習慣がある人は男女とも3割にとどまり、健康のために出費してもよいと考える金額の平均はわずか月3000円と驚くほど低額です。


終末期医療専門医の著書「死ぬときに後悔すること25」によれば、後悔の1位は「健康を大切にしなかったこと 」で、死ぬ時に気がついても後の祭りで間に合いません。
また、55~74歳の男女1060人に聞いた「リタイア前にやるべきだった後悔」の健康部分の第2位が「スポーツなどで体を鍛えればよかった」なので、後悔するなら今からやっても十分間に合います。

・人生で今日が一番若い。
・他人と過去は、変えられない。自分と未来は、変えられる(カナダの精神科医・エリック・バーン)
・予防に1ドル投資すると医療費が3.27ドル減り、生産性が2.73ドル向上する。(ハーバード大学)
・やる気よりやること。やる気があるだけではやらないのと同じです。行動こそが勝負です。(百寿医師・日野原重明先生)
・運動をする時間がないと考えている人たちは、遅かれ早かれ病気のための時間を見つけなければならなくなる。(エドワード・スタンリー伯爵)
・健康こそ最大の資産であり、史上最高の投資である (リチャード・ブランソン:ヴァージングループ会長)
・健康な身体を維持する意志力がないということは、人生を左右する重要な状況において、積極的心構えを維持する力にも欠ける。(ナポレオン・ヒル)


世界最大の医療研究機関、アメリカの国立衛生研究所(NIH)が提唱した認知症予防のための生活習慣は、

1.運動習慣をつける。
2.高血圧を改善する。
3.人的交流など社会認知活動を増やす。
4.2型糖尿病の改善する。
5.地中海食などバランスのいい食事を摂る。
6.適正体重の維持(生活習慣病の改善)。
7.禁煙する。
8.うつ状態の改善。

の8つをあげ、最大の予防策は運動習慣だと言っています。

医学雑誌「The Lancet」にアルツハイマー病は7つの要因を避ければ予防できる可能性がある論文がでています。

1.糖尿病
2.高血圧
3.運動不足
4.肥満
5.うつ病
6.低教育水準
7.喫煙


国立長寿医療研究センターが認知症予防のために開発した、運動と頭の体操を組み合わせた「コグニサイズ」はよい方法だと思います。

ウォーキングをしている人はたくさんおられますが、十分な効果を得るにはインターバル速歩、インターバルスローランニングがおすすめです。
ストレッチ、ウォーミングアップをしてから
・運動強度:70% 3分
・運動強度:40% 3分
この6分を1セットとして繰り返して1回3~10セット、週20セット(120分)がよいそうです。

運動強度は心拍数で管理するのが一番です。 

 

・70%強度 
 運動している私の場合は134
・40%強度
 運動している私の場合は98


しっかり予防するにはよい生活習慣が最善薬になり、有酸素系運動が一番重要と言われていますが、日本人はWHOから65%が運動不足と指摘されていますので、さらに患者が増える心配ネタの一つだと思います。


時代は進み、アルツハイマー病の原因と言われている細胞内異常タンパク質をうまく除去することが出来る革命的な発明がされ、これも活用しています。

認知症の予防もむずかしくないと思っていますので予防したい方は、お互いに明るく楽しく元気に笑顔で顔晴(がんば)りましょう。


私のライフワーク:質の高い健康とより幸福・豊かな人生を実現するお手伝い。
私が発明しているのは、「人類を救う宇宙人」であるという可能性です。


認知症関連ブログ 新しい順
認知症予防 歩く速さに気を付けて!
認知症「前段階」、半数は回復 高齢者4年間追跡調査
「音楽体操」、脳トレより認知症に有効 三重大准教授「単に体動かすより高い効果」
最新の認知症予防 オートファジー
フィンガー研究が示した総合的な認知症予防の有効性
老後も安心! 認知症にならないための眠り方
認知症を予防する飲酒量は? 1日当たり0.5合程度が上限
米国で認知症の有病率が低下
9時間以上の睡眠に認知症のリスク? 長時間睡眠に潜む4つの疾患
認知症発症率は年々低下している? 英国に見る認知症発症率の変遷
認知症を予防する運動とは
認知症予防は40代から! 「脳の老化」薬の要らない防止法
アルツハイマー型認知症は「新型の生活習慣病」 歯止めがかからない少子化と人口減
交通量の多い地域の住民、高い認知症発生率 大気中の汚染物が脳内に侵入か
「孤独感」を抱いているとアルツハイマー病に?
認知症になりやすい人の特徴 認知症の予防策
アルツハイマーは脳の糖尿病である 東北大が実証
日本人の3人に1人が認知症に! イギリスは22%下げたのになぜ?
脳を活性化し認知症を予防・改善 注目集める学習療法
認知症、55歳からの対策が肝心 「75歳で発症」遅らせる
アルツハイマー型認知症は「早期発見」を 注意すべき「もの忘れ」の特徴
50年以上続くヒサヤマ・スタディから判明 認知症を防ぐ食事
WHOの分析レポートより「認知症研究は予防が最重要」
長生きしても認知症にならないためにできること
脳エクササイズ 世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
認知機能低下には筋量より身体機能が関係
「人と関わる」ストレスが、あなたの脳を鍛える! 将来の認知症を防ぐ「知的な負荷」
軽度認知障害の約半数が認知症に 予防と回復方法について
軽い運動でリラックス ストレスが認知症を招く
軽度認知症から健康に戻るために 「チェックリスト」で早期発見を
日本食は認知症予防によい 東北大
認知症予防、「体動かすこと」が「筋肉量」より重要
「認知症サポーター」は地域支援の担い手 認知症対策は「待ったなし」
認知症6割以上が不安 不安と取り組み大きなギャップ 手軽な予防策人気
歩く速度で分かる軽度認知障害チェック
英国で認知症が20年で20%も減少 健康増進が理由? 大学研究
認知症、生活習慣で予防
中年期からの高血圧は認知症リスクが10倍!?
認知症サポーターに「上級」  厚労省、育成へ講座費補助
カギは糖尿病予防と牛乳 久山町研究から見えてきた認知症予防策
料理こそ認知症予防 料理通して「達成感」が大事
ウォーキング、階段が脳を若々しく保つ 活発な運動が認知症の予防に効果的
OECDが考える日本の認知症ケアの課題とは? 認知症に対する世界の取り組み
運動によってアルツハイマー病の原因物質をつくる酵素GSK3βの活性化阻害が判明
注意すべき「アルツハイマー型認知症」初期サイン4つと予防法注意すべき「アルツハイマー型認知症」初期サイン4つと予防法
福祉国家スウェーデンの認知高齢者ケア 45%が一人暮らしを継続
メタボリックシンドロームが認知症リスクを上昇 若いうちから対策を
認知症には「中年からの運動」が有効ー米ボストン大学報告
アルツハイマーの爆心地”青斑核”が、認知症治療に革命を起こす
認知症を防ぐには 「歩きながら計算」で頭の体操
認知症大国・日本で始まりつつある研究とは
認知症を予防できる時代が到来!?
認知症、「脳のごみ」除き予防 検査装置や治療薬 開発進む
食事、運動、脳活 今すぐできる「認知症予防」
認知症対策に「強めの筋トレ」 記憶力改善に効果
100歳でも認知症と無縁!健康脳になれる脳コンディショニング
「物忘れが減りました」 筋トレで認知症を予防する試みに注目
認知症の前段階MCI 生活習慣改善で症状回復も放置で発症50%
「頭が悪くなる」はホントだった? テレビっ子は“認知症予備軍” 1日3時間以上の視聴で悪影響
認知症予防に取り組む人の6割が行っている生活習慣は?
サルコペニアの予防・改善は、認知症の予防にもつながる!
認知症になったら施設希望47% 内閣府が初の意識調査
筋肉をつければ若く、健康に、そして認知症も予防できる? 摂取した糖分の運命は筋肉が決める
老後にアルコール依存症 退職・死別きっかけ 認知症リスク高く 兆候あれば早期治療、家族の支援大切
ビタミンD不足で認知症に? 認知機能の低下を促進
脳が健康な人に違い発見、年を取っても「ビタミンDが高め」で「血糖値が正常」
物忘れ増えた? 気づいたら 軽度認知障害、運動で防ぐ
認知症を予防したい、どうすれば良いのか、日常に取り入れやすいものは?
ウォーキングが脳の老化を防ぐ 運動量が多いほど認知機能は改善
週に5時間以上の運動で認知症になる確率が1/5に!
認知症は食の影響も大きい 圧倒的に不足しているのは魚と野菜
カテキンと緑茶に熱視線、「がん」に対抗し、「認知機能」を高め、「血管」を健康にする
物忘れ、認知症を防ぐ“脳にいい7つの生活習慣”
若者でも認知症に! 予防法は?
遺伝的にアルツハイマー病になりやすい人に魚の油、オメガ3脂肪酸が効果的
認知症の社会費用14兆円 家族介護分4割超す 慶大医学部グループ推計
緑茶にアルツハイマー病の予防効果? 運動と一緒で EGCgに効果
緑茶が守る脳細胞 老人斑予防 カテキンが下げるリスク
脳の萎縮速度を4割も落とす2条件、魚の油に豊富な「オメガ3脂肪酸」と「ビタミンB」
40代からじわじわ進行する認知症 予防と改善には糖質制限食が有効
血液検査で分かる認知症リスク 約100施設が実施
認知症研究・進行阻止、発症前が勝負 重症治療から戦略転換
やせ過ぎが認知症につながる、常識覆す結果に、195万人分のデータを分析
アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク
食生活の改善、運動、脳トレを総合的に実行すれば認知機能の低下を予防できるとの研究結果
地中海料理を元にした「マインド食事法」 アルツハイマー型認知症のリスク半減!
食生活の改善、運動、脳トレを総合的に実行すれば認知機能の低下を予防できる
耳の後ろの皮膚でアルツハイマー病を診断可能か、米国神経学会議
熱い料理はアルツハイマー病につながる、「AGE」が脳にあらぬものを運び込む
認知症 生活習慣でリスク4倍の差 ライフスタイルでの予防とケア
指先体操、脳を活性化・準備いらず・種類も多く 高齢者も手軽、認知症予防
認知症高齢者10年後は5人に1人 認知症対策、省庁超え国家戦略案

****************************【以下転載】****************************

認知症予防は早くて60歳から、70代80代が取り組むものというイメージがありますが、認知症予防研究において、被験者数や介入期間、介入時期、追跡期間がどれ位が妥当であるかについて論じた論文では、60歳未満が効果が出やすいと示唆されているようです。


60歳未満が効果が出やすい

認知症というのは生活習慣病といった一面もあり、それゆえ生活全般の管理が認知症予防で大事になってくるのですが、これに最適な年齢というものはあるのでしょうか。

どのような取り組みが認知症に効果的かを調べた研究は数多くあるのですが、今回取り上げる論文は、ヨーロッパで行われている大規模研究を例に取り、認知症予防研究において、被験者数や介入期間、介入時期、追跡期間がどれ位が妥当であるかについて論じたものです。

従来の研究の多くは60~70歳台を対象にしたものが多いのですが、費用対効果で見ればもっとも効果が出やすいのは60歳未満の年代であること、こういったことから被験者の数や介入時期,評価方法などに工夫が必要であることなどが述べられています。

やはり認知症予防は早めのほうが色んな意味で安くあがるのかなと思いました。


論文要旨

最近の疫学研究は、血管および生活習慣に関連する危険因子と認知症との間の多数の関連を示している。

しかし、認知症発症を予防または延期する上でこれらの危険因子を目的とした介入の有効性を示すランダム化比較試験(RCT)の証拠はまだ不十分である。

欧州では、これらの問題に取り組むために、認知症予防のための多要素介入(preDIVA、FINGER、MAPT)に関する3つの大規模RCTが開始されている。

方法論的な違いにかかわらず、3つの研究すべてが心血管および生活習慣に関連するリスク要因を対象としている。

新たに設立された「欧州認知症予防イニシアチブ(EDPI)」におけるコラボレーションにより、現在知られていない最適なターゲット人口、介入およびアウトカム対策の包括的な調査が可能となる。

進行中の研究データと実行中のシミュレーション解析を組み合わせることで、将来の多国籍臨床試験の認知症予防に関する正確なサンプルサイズ計算を含む最適設計の決定が容易になる。

認知症予防を目的とした介入は、追加の費用や参加者や医師の負担を増やすことなく、様々な保健医療システムで大規模に実施することが実用的で容易でなければならない。

介入の最適年齢がアウトカムアセスメントの最適年齢に先行するため、従来の試行設計では、2つのいずれかの次善策のタイミングが導かれる可能性がある。

介入と結果の評価を時間的に分離することは潜在的な解決策だが、非常に長い追跡調査を必要とする。

認知症予防研究の経験を持つ研究グループと、これらの主要プロジェクトのための整理された物流の国際的な協力は、将来の大規模な認知症予防研究の成功のために重要である。EDPIの創設は、この方向で重要な第一歩であるといえる。

(出典:ノウナウ)






最終更新日  2017/06/25 05:00:04 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
ハヤシ@ Re:保育園近くのKDDI携帯基地局、住民らで撤去を要請(02/24) はじめまして。鎌倉在住です。裏駅から数…
新鮮美感@川島@ Re:日本人の脳卒中予防に最適な身体活動量(06/13) 染谷さんのfacebook、乗っ取られていませ…
Fugu-chan@ Re:輸入も増える「魚」は食べるべきか、避けるべきか?(03/15) カナダ西海岸で今問題になってるのは、小…

お気に入りブログ

広告に偽りあり New! ビューティラボさん

竹内睦泰の小倉宮百… New! むっちゃん1217さん

EA 地球軍隊 (3) リ… New! 神風スズキさん

●まるで魔法の世界~♪ New! 幸運体質セラピスト工藤ももさん

ウルトラマラソン報告 New! いたる34さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.