005832 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あなたがいなくて寂しいです

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


wenliao

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2021.08.12
XML
カテゴリ:生活綜合



香港トイフェアの期間中に開催される香港玩具業界のカンファレンスでは、毎回、業界の痛みや困難に焦点が当てられます。 今年1月に開催された「香港玩具産業2020会議」では、「玩具産業の競争力強化と新たな可能性の開拓」をテーマに、中国内外の玩具産業に携わる5人のゲストが、2020年の玩具市場の見通しをさまざまな角度から分析し、貴重な提言やアドバイスを行いました。


STEMトーイの未来に強気


蔡加赞香港貿易発展局によると、2014年から2018年にかけて、中国本土の家庭のおもちゃの年間平均コストは、1,069元から2,596元へと143%も上昇しています。 その大きな理由の一つが、ステム(科学、技術、工学、数学)玩具の急速な発展です。


近年、玩具業界ではSTEM玩具がトレンドの一つとなっています。 このタイプのおもちゃは、教育に重点を置き、子どもたちにたくさんの新しい刺激的な体験を与え、遊びながら学ぶことができます。 データによると、98%の親がSTEM玩具を購入したいと考えており、平均許容単価は414元で、通常の玩具の199元よりも高い。 その一方で、多くの親御さんがSTEM玩具の教育的機能を認識し、再び購入したいと考えています。


この調査では、男の子と女の子のおもちゃの購入の違いも分析しています。男の子はテクノロジー製品を買う傾向が強く、女の子は人形を買う傾向が強いようです。 しかし、男の子、女の子ともに「積み木」と「DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)」が最も人気のあるおもちゃのカテゴリーでした。


注目の記事:


玩具行業需要拓展國內市場,才能迎來美好未來!


成人玩具市場正在爆發,三大類趨勢正在顯現!


6歲以下兒童玩具的突破!


玩具市場全渠道的優勢大!







最終更新日  2021.08.12 18:28:13
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.