063613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

株式「威風堂々」

いよいよ2016年 最終週

3連休明け(同時に今年最終週)の東京市場は対前日終値を挟んでの攻防 年末換金売りの影響は今のところなさそう・・だが来年1月にはトランプ氏就任式があるのでそれまでは様子見か・・だったら一旦ポジションを外してみるのも良いか その場合においても来年に入ってからで十分との動きにも見える。

日経平均株価は17.24円安の19410.43円 値上がり銘柄数は925 値下がり銘柄数は937で拮抗 売買代金は約7500億円 業種別株価指数は 内需中心に10業種が買われている。

日本駐車場開発はここのところの調整が済んだかな?北海道を除いて日本全国比較的気温も暖かく一時のパフォーマンスは見られなかったがチャート上は25日線をサポートとして第2ステージ準備完了状態 年末年始 その後のスキーシーズンを考えて少し拾っておきたいところ ちょうどいい調整であったと思う。


JAM(日本アセットマーケティング)限定的な決算でもPER3倍台、PBR1倍台は魅力 個人でも買いやすい株価だけに乱高下もありそうだが・・そのリスクより値上がりでのリターンが優勢か???親がドンキホーテって言うのも良い担保だ。

雑貨屋ブルドッグ(アクサスHD)普通に増収増益 JAMと並んでパフォーマンス期待銘柄。オリコン 往年のボロ株も今年は地熱発電で大健闘。


さくらインターネット、インフォテリア1年前の動意からここまでよく頑張り今尚3倍強の水準 完全なる水準r訂正 いざ第2ラウンドへ フィンテック関連としてフィスコ及びそのグループのネクスやSJIも押さえておきたい。


分割後大調整をしていたセプテーニ ようやく本来の形を取り戻しつつある。25日線も下げ止まって上に向いてきた。PER15倍はこの銘柄にしては割安かと思う。


トランプ相場も1月には実際に就任となるので一服か ここまで急激な円安 トランプ氏大統領選当選で何んと円は17円も売られた。これは間違いなく調整があると思う。日本経済が強くなるには銀行・不動産の内需がしっかりしないと信用度に欠ける。そう言った意味では銀行、不動産、小売りなに注目したい。バブルは良くないが・・・バブルが始まると踊るのは不動産だから・・・ケネディクス、いちごHD、JAM、ファンドクリエーション、アルデプロ、日本駐車場開発・・・いちごはモルガンスタンレー、チェーンマンハッタン、ステートストリートなどの外資がしっかり安定株主として支えてる。増収増益増配。ケネディクスはステートストリートに加えノーザントラストも・・・JAMはバンクオブNYノントリーティが安定株主・・・・日本駐車場開発はノーザントラストが安定株主 更にはトヨタも・・大きな担保があるので安心?アルデプロはBNPパリパが居る ただここは自己資本比率の改善を急がれたし。


三桜工、インタートレード、神戸発動機、ヤフー、豆蔵、テックファーム、オリコン・・・などが人気。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.