078773 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

With you

3

3.

どうやって家についたのか判らないほど
家についた時は、もう日付は変わって数時間経っていた。

家に入り鍵をかけた途端に、ドアをノックする音…?
今頃だれだろう?
「○×新聞ですが、○○さんですか?今回の事について
 何かご存知な事を教えてください・・・」


「・・・・・・・・・なにもわかりません!!!!!」


翌朝、空しく温もりのない布団に目をやる。
改めて現実だったんだと。。。。。

それからも数日、
報道とはこういうものかと思い知らされる事が何度も。

未だに判らない事を、その時に知るすべもない。

遺体は警察からの依頼で、すべての人が解剖所見に委ねられた。
その為、次女や長男、他の親族も数日またされた。
夫は41歳の本厄の年だった。
もう一人同い年の人もいた。子供も皆同じ年ぐらいだとか。
独身の人も。
二人目の子供が生まれて間もなくで、とてもかわいがっていた人も。

長女16歳、次女14歳、長男7歳だった。
数日待たされた長男にとっての対面は、
どんな表情をしていいのか、パパはどうしたのっていうふうだった。
『お父さんを良く見てあげてね。……我慢しなくてもいいよ。』
と言った途端、ぎゅっと掴んでいた手で、より私にしがみついて泣いた。

私はまだ両親のいる幸せを味わえている。
さすがに子供達がこんなに幼くして、
父親のいない寂しさを 味わう事になろうとは。。。。。


次ページへ




© Rakuten Group, Inc.