616922 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…
見えていないよう@ Re:また、「勘違い自衛官」がおバカなことを言っているようで(1)(09/09) 現場の状況も見えていないようで笑える。
上総介@ Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27) 逆でしょ どちらの訳でもいいですが、あな…

ニューストピックス

2008年02月19日
XML
カテゴリ:安全保障

視界良好、波も穏やかな海上でイージス艦が漁船を真っ二つにしてしまいました。
漁船の乗組員の方々の無事を祈りたいところです。

しかしまあ、日本が世界に誇るイージス艦も乗組員がこれでは甚だ心もとない。
特にこの船は昨年就役したばかりの最新鋭艦、当然海上自衛隊の中でも選りすぐりのメンバーが乗り組んでいたはず。

相手が自爆テロのための爆弾を積んだ船だったら、まず間違いなく撃沈されている。こんな自衛艦が、インド洋のようなテロリストがウロウロしている(とされている)場所に行くのは止めた方が良いってことでしょう。

それにしても、何とか自衛艦を擁護したいのか、

----
 だが、軍事評論家の熊谷直氏は、「百パーセント、レーダーで探知できるわけではない」と話す。

 熊谷氏によると、高性能レーダーといえども、小さな船は波の陰に隠れてしまうことがあり、発見できない可能性はあるという。また事故が起きたのはちょうど夜明け直前で、心理的に安心感が生まれる『魔の時間帯』。さらに薄暗がりの中、海上の小さな船などは目視で見つけにくくなるといい、熊谷氏は「3、4人で見張りをしていても見つけにくいのではないか」と指摘する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000103-san-soci&kz=soci
----

こんな記事を書いている新聞社もありますけど、波高50センチで隠れる船ってどんな船よってところ。
これが本当なら、日本の敵対視する国に対しての「イージス艦撃沈マニュアル」ですね、これは。

==============================

で、本当のところは、私はイージス艦側は漁船を発見していたと思っています。
でも、いかに海の交通ルールとして自分達に避航義務があるとしても、「そんなの関係ねぇ」というのが乗組員の心情だったのではないかなと思う次第。

軍人というのは確かに命がけの仕事に就いているわけで、その使命感自体は尊敬すべきものではあるのでしょう。
でも、それが妙な特権意識につながり、一般社会の人々やそこにあるルールを軽んじる軍人を育んだこともあったのも否定しようのない事実。

「俺たちは日々命をかけているんだ、これくらいは大目に見ろ」
「安全な地でぬくぬくと暮らしている者達に、現場の厳しさの何がわかる」

といった具合。
今回も、

「漁船がいるのはわかったけど、こちらは日本の国民の命を守る自衛艦。簡単に進路を変えられるあちらが避けるべき。」

といった心境でそのまま進んでいったのではないかなと推測しているわけです。

75年前に「軍人は警官の指示には従わない」と兵隊さんがゴネて大問題となったゴーストップ事件なんてものがありましたけど、私はこういう意識というものは軍人という職業がある以上決してなくならないものだと考えるべきと思います。もちろん全ての軍人がそのような特権意識をあらわにするわけではないのですけれど、これをゼロにするのは不可能だということ。

それが良い悪いではなく、軍人というものを存在させる以上、その中には自分達の使命は世間のルールを守ることよりも価値が高いと勘違いし、事件を起こす者が必ず現れる。
我々の方がそう肝に銘じておくべきだということを、改めて今回の事件は教えてくれたのではないかなと、個人的には思っています。

公式には『見張り不十分』ということで決着がつくとしても。








最終更新日  2008年02月20日 03時44分04秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.