616717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…
見えていないよう@ Re:また、「勘違い自衛官」がおバカなことを言っているようで(1)(09/09) 現場の状況も見えていないようで笑える。
上総介@ Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27) 逆でしょ どちらの訳でもいいですが、あな…

ニューストピックス

2008年03月21日
XML
カテゴリ:時事
大阪の橋下知事が、労働時間のことで大騒ぎしていますね。

そもそも勤務時間外に朝礼をやろうとして、時間外労働となるというごく当り前の指摘をされて反発しているってところからして変でしたけど、今度は休息時間の廃止に喫煙禁止ですか。

この「休息時間」と「喫煙」なんて、そもそもこの知事さんが本当にやりたかったことでも何でもないでしょう。
あの朝礼の時に逆ギレして、『私語があったりとかたばこを吸ってたりとかいうのは、これは全部(給料から)減額させていただきます』なんて言ってしまったことに対して整合性を取るためだけのものでしょう。

ちなみに、橋下知事は昨年7月にテレビで「1人の禁煙家のために会社内を嫌煙にできるか」というテーマでコメントを求められた時に、

「スモーカーが喫煙する権利もある」
「喫煙することでスモーカーの従業員の効率がよくなり、仕事もはかどる」


とおっしゃっていたそうです。二次情報ですけど。

「喫煙擁護・橋下徹弁護士」
http://blog.goo.ne.jp/1tabako/e/ebd410892118d8a2409b415a013d94ce

つまり、この「休息時間」や「喫煙不可」は府民のことを考えたものでも何でもない、ただ、自分のプライドを守るためだけのものってこと。

そんなものに、何で皆さん同調できるんでしょう。

========================================

そして、この問題もそうですけど、その前段にあった橋下知事に反論した女性職員の発言に対して、気持ち悪いことに

--
橋下知事を「あんた」呼ばわり 大阪府庁に女性職員批判殺到
http://www.j-cast.com/2008/03/14017864.html
--

なんてことになっているようですね。ちなみに、この記事の「あんた」はどうも捏造っぽいですけど。

あんな知事の暴言に対して職員が何も言わないようなら、その時点でその組織はおしまいでしょう。
私には、あれは大阪府という組織にまだ救いがあるかもと思わせるものでしたけどね。

で、その職員批判というか、知事擁護というか、その手の発言の中で多用されているのが、「民間では」

皆さん、一体全体「民間」をどんな世界だと思っているのでしょう。
始業時間から昼の休憩まで、あるいは昼の休憩から終業時間まで3~4時間、煙草も吸わせず私語もさせずでぶっ続けで仕事? それらの行為を見つけたら給料減額?
そんな「民間」があるとしたら、よっぽどのダメ企業でしょう。

従業員はスイッチを入れれば動き続ける機械なんかじゃない。
そんな環境で従業員を働かせたって効率が上がる訳がない。ミスや事故の元にさえなりかねない。
まともな企業なら、午前、午後に1回ずつくらいは休息をいれさせるものですよ。
モニターを見つめる職種なら、1時間の連続作業をしたら10分休憩するといったガイドラインを厚生労働省が作っていますし。

もちろん、それを規定に書いているところは少なく、職場の慣行としてやっているところがほとんどでしょうけれどね。でも、公務員がそれをやるとまた「ヤミ休息」とか言って叩かれるから、そうやって条例で定めていたんでしょうね。

それを、本当の「民間」で働いたこともない者が、自分の思い込みだけで、あるいはそれをは知った上で、公務員という「敵」と戦う「正義の味方」に自分を仕立て上げるために、こういうことをしているんだってこと。

これまた、府民にとってプラスになるかどうかなんてどうでもいいんでしょう。

まともな民間企業なら、橋下知事やそれを擁護している人々の様に従業員を機械扱いなどしない。
効率を高め、ミスを少なくするためにもちゃんと「人間」として扱うものです。

一時期よりは多少改善したとはいえ、長く続く労働力の供給過多から、どうも、どんなに職員の待遇を悪くしても、彼らは辞めない、辞めてもかわりはいくらでもいるとでも思っている人が世の中には沢山いるみたいですね。

でも本当に有能な人間は、そんな職場環境ならサッサと辞めて、もっと条件の良いところに移ってしまいます。
で、結局残るのは仕事のできない人間と、新たに採用する「これまで職につけなかったという程度の能力」の持ち主。

そんな組織を残されて、大阪府民はハッピーなんでしょうかね?

私は正反対の結果しか生まないと思いますけど。

昔と違って、自分の能力に自信がある人は、よりよい条件を求めてどんどん職場を移るこのご時世に、職員をただ締め付ければ働くと思っているならとんでもない時代錯誤。
というか、橋下知事も含めて、まともに組織で働いたことがない人々なんでしょうね、こういう発想をしているのは。







最終更新日  2008年03月22日 00時21分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[時事] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.