668039 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ika@ Re:現代の価値観で断罪云々という詭弁(08/17) 植民地を持とうとする国も植民地になりた…
こわい~@ Re:日本の子供を劣化させようとする産経と東京都(04/10) マッカーサーの証言とされるもの 「largel…
名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…

ニューストピックス

2008年11月03日
XML
カテゴリ:海外の話
投票日まであと1日と迫ったアメリカ大統領選挙。
ブラッドリー効果さえ無ければオバマ氏の当選は間違いないと言えるところでしょうけど、民主党としては気を抜けないところでしょう。

まあ、現政権与党の候補者が現政権とは違うと言って当選しようというのはいかにも姑息だとは思いますし、いまだに「配管工のジョー」なんて持ち出しているあたり、よっぽど攻め手がないのでしょうねってことですか。だってオバマ氏の増税の対象者でもなく、本当の配管工でさえないなら、この人は「配管工のジョー」ではなく「活動家のジョー」でしかないでしょうに。オバマ支持に傾いている人が戻ってくるとは思いませんがね。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/190842/

で、日本でも未だにマケイン頑張ってと必死な人々が居る。

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/777953/
http://island.iza.ne.jp/blog/entry/777990

以前にも申したかと思いますが、共和党だろうが民主党だろうが、それを選ぶのはアメリカ国民。日本国民がどっちがいいなんて騒ぐのがお門違いではあるんですが、これまで共和党がいいんだと尻尾を振り続けて来た一部の人々が、自分の生活が脅かされそうになって、必死になっている姿はいかにも滑稽です。

日本とアメリカは別の国。しかも日本と違ってこれまでにも何度も民主党と共和党の政権交代を繰り返して来た国。
そのつもりできちんとした距離感を持って付き合って行けば、それで済む話なのに、これまで散々虎の威を借りて、自分のわがままを通そうとして来た人々が、そのツケを払わされそうになって慌てているってことですね。

ま、私の周辺にもそうういう人が一人います。
その件は、オバマ氏が勝ったら改めて想起いたしましょうか。








最終更新日  2008年11月03日 08時19分11秒
コメント(13) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


奇妙奇天烈、笑えるね。   ライコ さん
>まあ、現政権与党の候補者が現政権とは違うと言って当選しようというのはいかにも姑息だとは思いますし

は?あんたは、全体主義国家か何かの人かね?何が姑息なのかさっぱりわからんわ。つーか、君みたいな人間に姑息なんて言われた事を知れば、マケインも大喜びだろう。

共和制の国なら、与党議員が大統領を支持する可能性は、議院内閣制より低いだろうが。この間の金融法案が通るまでの経緯をアンタは見てないの?

>これまで共和党がいいんだと尻尾を振り続けて来た一部の人々が、自分の生活が脅かされそうになって、必死になっている

共和党支持を十把一絡げに勝手に妄想すんなや。
はっきり言って、私は共和党支持だけど、今回は、オバマが勝てばいいと思っている。オバマは、傀儡になるのが目に見えているし、目下の状況を観察すれば、頼みの支持率が急落、財政面でもミソが付くのは必至で、失政を重ねまくるだろう。これに安全保障面で失敗やってくれたら、完璧だわ。たぶん、奴が老練さを身につけて、クリントンのように保守化しない限り、絶対に転ぶと、私は予言してあげよう。

要するに、どう見てもババでしかない今回の大統領選は、無能なオバマに引いてもらって、民主党さんにはピエロになってもらいましょってこと。その間に、アメリカのプレゼンスはどんどん低下するので、日本が、プレゼンスを高めるチャンス。

まあ、確実に次回、クリントンファミリーがしゃしゃり出てくるのを防げるだけでも、日本にとっては、オバマが勝つ方がいいだろうねえ。マケインじゃ、いつ死んでもおかしくないもん。

共和党サイドにいるからって、ジャーナリストごときが生活脅かされるとかないわwww政府のスタッフならともかくもね。 (2008年11月03日 22時34分43秒)

ま、ネトウヨ君らしい「ポーズ」ですこと   白砂青松0715 さん
ライコさん

>は?あんたは、全体主義国家か何かの人かね?何が姑息なのかさっぱりわからんわ。

ま、「世襲」を良しとし、周りがそうなら北朝鮮のような国でも良しとするあなたのような人にはわからないでしょうね。

>共和制の国なら、与党議員が大統領を支持する可能性は、議院内閣制より低いだろうが。

意味不明。
議院内閣制も基本的には共和制の一形態でしかないのに。

>共和党支持を十把一絡げに勝手に妄想すんなや。

どこが十把一絡げなんです?
私はちゃんと「一部の人々が」と書いているんですけど。何を妄想しているのやら。

>要するに、どう見てもババでしかない今回の大統領選は、無能なオバマに引いてもらって、民主党さんにはピエロになってもらいましょってこと。

ま、こうやって自分の思惑違いが明らかになりそうになると、自分は本気じゃないってポーズをとって自分のプライドを守るっていうのは、まさにネトウヨ君達の常套手段。
ホント、姑息ですよね。

>共和党サイドにいるからって、ジャーナリストごときが生活脅かされるとかないわwww政府のスタッフならともかくもね。

十分にあるでしょうね。
これまで、何の分析もしていないのに、全く汗もかいていないのに、自分の欲求に近い形でブッシュ政権が行動して来たことをもって、それが自分の能力によるものであるかのように騙ってきた人々には、オバマ政権下では180度違う生き方が求められるのですから。

昨今の北朝鮮問題でのブッシュ政権の「変節」をめぐる右往左往を見れば、簡単に予想できることです。

(2008年11月05日 04時05分21秒)

姑息なのは、あんたでしょ   ライコ さん
>ま、「世襲」を良しとし、周りがそうなら北朝鮮のような国でも良しとする

誰が北朝鮮よしなんていいましたかね。民主主義を攻撃しているからって、それが直に独裁制に行きつくって発想自体笑えるけど。ついでに言えば、私は民主主義は必要だ、とも言ったよね。どこが北朝鮮なんだろうね。

>議院内閣制も基本的には共和制の一形態でしかないのに。

は?共和制って、君主制の対義語でしょ。だから、議院内閣制は、共和制の一形態ってのは違う。ま、私も大統領制というべきだったけど。

>ま、こうやって自分の思惑違いが明らかになりそうになると、

思惑違いというなら、私がどこでマケイン頑張れという思惑を表明したのか、言ってごらんなさいな。言いもしていない事を「思惑違い」なんて印象操作するあなたこそ、よっぽど姑息じゃん。

>これまで、何の分析もしていないのに、全く汗もかいていないのに、自分の欲求に近い形でブッシュ政権が行動して来たことをもって、

自分の欲求の通りにブッシュが動いていても、それが正確な読みだったら、立派な分析。ジャーナリストなんて物は、保守もリベラルも欲求に肉付けしてくれることを期待する読者層を相手に商売してんだから、読み手の読みたい物を書くに決まっているのであって、それが外れまくったら、保守だろうがリベラルだろうが、逆神と言われるだけの事。

彼らにとっては、政権なんかより、読み手の反応が怖いに決まってんじゃん。

>昨今の北朝鮮問題でのブッシュ政権の「変節」をめぐる右往左往を見れば、簡単に予想できることです。

別に右往左往してないじゃん。「残念だ」とか、「日本は、もうちょっとなんとかならんかったんか」とか、言ってるだけ。事態が急変して、変節漢になった朝日新聞とは、えらい違いだわ。 (2008年11月05日 17時34分34秒)

ムキになっちゃってまあ   白砂青松0715 さん
ライコさん

>誰が北朝鮮よしなんていいましたかね。

--
>世界がもし北朝鮮のような国ばかりだったら、自分の国も北朝鮮のようになるべきだと。

当たり前。経済体制がどうかはともかく、北朝鮮みたいな国ばかりなら、こちらも、より諜報、軍事、警察に力を入れざるを得ない。それを「北朝鮮的」というなら、それも結構。人権なんてお題目よりも、現実の政策的脅威の方が、私にとっては、はるかに重要。
--

「当たり前」、それが某所でのあなたのコメントでしょ。

>は?共和制って、君主制の対義語でしょ。だから、議院内閣制は、共和制の一形態ってのは違う。

なんで「だから」なのか全くもって意味不明。

>思惑違いというなら、私がどこでマケイン頑張れという思惑を表明したのか、言ってごらんなさいな。

マケイン頑張れと大騒ぎしていた人を「必死」と評したら、ムキになってコメントを書いたのはあなたですよ。

>自分の欲求の通りにブッシュが動いていても、それが正確な読みだったら、立派な分析。

それが不正確だったとバレたから、そして自分達は何らかの働きかけをしていると装っていたから、彼らは「必死」なんですよ。

>別に右往左往してないじゃん。「残念だ」とか、「日本は、もうちょっとなんとかならんかったんか」とか、言ってるだけ。

ブッシュ政権の指定解除を、こんな風にすりかえようとしているのを、

『民主党はブッシュ政権の指定解除を歓迎』
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/86/index4.html

右往左往と呼ばずして何と呼びましょう。

加えて、今更「残念だ」なんて、自分達が北朝鮮に圧力をかけているかのように装っていたのに、その他人事のような態度は何かってこと。
いくら頬被りしたところで、この人達が無能、もしくは騙りだったことは明らかってことです。

(2008年11月06日 06時43分39秒)

古森何某の話してんじゃねーYO!   ライコ さん
>マケイン頑張れと大騒ぎしていた人を「必死」と評したら、ムキになってコメントを書いたのはあなたですよ。

話はぐらかすな。コメントを書くのは、私の自由でしょ。別に古森何某に興味があったわけでも何でもないわ。

>ま、こうやって自分の思惑違いが明らかになりそうになると、自分は本気じゃないってポーズをとって自分のプライドを守るっていうのは、まさにネトウヨ君達の常套手段。
ホント、姑息ですよね。

なんて言ってきた。古森何某の話なんてどうでもいい、「アンタ」が「私」に対して、思惑違いが明らかになると、うんたらかんたらと言ってきたんだよ。だったら、その思惑とやらを見せてみろって言ってんだよ。人を姑息だと言いながら、そのザマは、一体何なのかしら。

>なんで「だから」なのか全くもって意味不明。

共和政は、君主制の対概念。よって、君主制下でも成立する議院内閣制を共和制の一形態なんて言っているのは、間違いじゃん。

>ブッシュ政権の指定解除を、こんな風にすりかえようとしているのを

何をすり替えているわけ?事実じゃん。

>加えて、今更「残念だ」なんて、自分達が北朝鮮に圧力をかけているかのように装っていたのに、その他人事のような態度は何かってこと。

はい?ジャーナリストごときが、「自分達」で圧力をかけているように装う事なんて出来るんですかね。証拠出しなさいよ、証拠。せいぜい「ブッシュ、ガンバ」とか、当局者と会談しましたって程度じゃねーの?「自分達」を「日本人」と解釈するなら、日本人も制裁に関与してるんだから、物申す権利はあるに決まってんじゃん。ブッシュが「やーめた!」なんて言ったら、「残念無念」と言うのが、日本人じゃないのかい。 (2008年11月06日 18時03分48秒)

ああ、追加   ライコ さん
>「当たり前」、それが某所でのあなたのコメントでしょ。

「世界がもし北朝鮮のような国ばかりだったら」という、ほぼ100%あり得ない仮定の話ね。ぶっちゃけ忘れてたわ。

でも、この見解は変わらない。「周り」といえば、普通、近隣諸国の事を考えるだろ。正確に引用してよね。 (2008年11月06日 18時26分45秒)

エントリに関係ないコメントは、ただのアラシですよ   白砂青松0715 さん
ライコさん

>話はぐらかすな。コメントを書くのは、私の自由でしょ。別に古森何某に興味があったわけでも何でもないわ。

いいえ。
エントリのテーマと無関係な書き込みなら、ご遠慮願います。
ここは私のブログであり、それがこの場でのルールです。

>古森何某の話なんてどうでもいい、「アンタ」が「私」に対して、思惑違いが明らかになると、うんたらかんたらと言ってきたんだよ。

エントリの内容を踏まえてのコメントであるとの前提で、こちらはレスしています。
あくまでも違うと言うなら、あなたのやっていることはアラシ行為です。

>共和政は、君主制の対概念。よって、君主制下でも成立する議院内閣制を共和制の一形態なんて言っているのは、間違いじゃん。

ですから私は「基本的には」と書いたんですけどね。
そもそも民主的な選挙を行っている議院内閣制の国というのは、君主制であっても立憲君主制であり、それと共和制と間に本質的な違いはありません。
共和制を名乗っていても、立憲君主制の君主のような大統領を置いている、ドイツやイタリアのような国だってあるのですから。

>何をすり替えているわけ?事実じゃん。

事実じゃないなんて何時言いました?
解除したのはブッシュ政権。
それに頬被りして民主党が支持したとか言うのは明らかにすり替えでしょ。

>はい?ジャーナリストごときが、「自分達」で圧力をかけているように装う事なんて出来るんですかね。

現に自分のお仲間をヨイショし、見解の異なる人を貶める文章をいろいろ書き連ねていたではありませんか。

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/386532/
http://island.iza.ne.jp/blog/entry/636107/

>でも、この見解は変わらない。「周り」といえば、普通、近隣諸国の事を考えるだろ。

世界がそうなら、近隣諸国もみんなそうでしょ(苦笑)。
言い訳にしてもオソマツ。

(2008年11月07日 15時43分45秒)

で、議院内閣制が共和制の一形態なんて言ってる人、他にいます?   ライコ さん
>そもそも民主的な選挙を行っている議院内閣制の国というのは、君主制であっても立憲君主制であり、それと共和制と間に本質的な違いはありません。

全く違うじゃん。アメリカやフランスの場合、大統領は、立派な権力機関でしょ。一方、立憲君主国の君主は、基本的に権力機関ではない。権力と権威の分離という視点から、何度もこれは指摘されてる事じゃん。元首であり、また君主に近い権威を持つ者が、国家権力の一機関を担うアメリカ型の共和制は、明らかに「権力と権威の分離」という視点から見れば、立憲君主国のそれと異なる。だって、首相って物は、「総理大臣」という呼称からして、あくまでも、その上に権威を頂く人々の代表者にすぎない。つまり、君主あるいは大統領なくして、首相は存在できないけれど、首相がいなくても、大統領は存在する事ができる。全然違うじゃん。

アンタのほかに、議院内閣制は、共和制の一形態と言っている論者がいれば、お目にかかりたい物。

>現に自分のお仲間をヨイショし、見解の異なる人を貶める文章をいろいろ書き連ねていたではありませんか。

はあ?仲間を支持して、論的を批判する事が、「圧力をかけているように装う」事なの?やっぱりアンタ、全体主義国家の中の人なんじゃないの?本気でそう思えてきたわwww

>世界がそうなら、近隣諸国もみんなそうでしょ(苦笑)。
言い訳にしてもオソマツ。

私は「世界がそう」であるケースについてしか言及してないじゃん。つまり、確率的に考えれば圧倒的に、近隣諸国>世界。そして、そういうケースは、後ろ盾が全く期待できないのだから、北朝鮮のような国家でもしょうがないじゃん、って言ってるだけだけど、何か? (2008年11月08日 19時35分11秒)

で、議院内閣制が共和制の一形態なんて誰が断定しているんです?   白砂青松0715 さん
ライコさん

>全く違うじゃん。アメリカやフランスの場合、大統領は、立派な権力機関でしょ。

語るに落ちるとはこのこと。「アメリカやフランスの場合」ってことは君主制同様権力機関とは言えない大統領もいると認識している訳だ。
つまりあなたは、大統領が権力機関であるものも無いものも含めて、共和制を十把一絡げに扱っているってんですね。

『共和制の国なら、与党議員が大統領を支持する可能性は、議院内閣制より低いだろうが。』

ならば、最初のあなたのこれが大間違いでした、で終わりですよ。

>アンタのほかに、議院内閣制は、共和制の一形態と言っている論者がいれば、お目にかかりたい物。

私でさえそんなことは言ってませんもの。
こちらが「基本的には」と断った事実を隠して、何を捏造しておられるのやら、です。

>はあ?仲間を支持して、論的を批判する事が、「圧力をかけているように装う」事なの?

ええ。それがデタラメだったんですから、そういう報道は事実ではなかった、即ち「装う」だったんですよ。

>私は「世界がそう」であるケースについてしか言及してないじゃん。

世界がそうなら当然「周り」もそう。その当たり前のことに気づけず、頓珍漢な難癖をつけたあなたのお粗末さが明らかになったってことです。

>そして、そういうケースは、後ろ盾が全く期待できないのだから、北朝鮮のような国家でもしょうがないじゃん、って言ってるだけ

意味不明というか自己矛盾。
政体がどうかと後ろ盾は関係ないし、後ろ盾の有無と北朝鮮のような国家でもしょうがないかとも関係ない。
自分たちが北朝鮮のような国になれば、後ろ盾なしでも国が守れるとでも思っているなら大間違い。その発想で国をほとんど滅ぼしたと言ってかまわない実例がすぐそこにあるのに気づけないとは。
ヤレヤレ。

(2008年11月10日 06時21分59秒)

で、基本的に議院内閣制が共和制の一形態なんて言ってる人、他にいます?   ライコ さん
>『共和制の国なら、与党議員が大統領を支持する可能性は、議院内閣制より低いだろうが。』
ならば、最初のあなたのこれが大間違いでした、で終わりですよ。

それは認めるよ。だって、あの時は、アメリカの話をしていたから、「アメリカ型の」共和制しか、想起してなかったんだもん。別に、言葉が極端に不正確って事もない。アメリカ型共和制の話をしているのに、そんな言葉尻をとらえられるなんて思わなかっただけ。

君の「議院内閣制は、基本的に共和制の一形態」の方が、よっぽど大間違い。

>こちらが「基本的には」と断った事実を隠して、何を捏造しておられるのやら、です。

「基本的には」と、留保をつけました、なんて言い訳になるか、アンポンタン。「基本的には」一形態なんだろ、だったら、そう言ってる論者を示してみなよ。つーか、間違ってんだから、訂正しなよ、見苦しい言い訳せずにさ。基本的にもクソも、全く別物なんだから。

>ええ。それがデタラメだったんですから、そういう報道は事実ではなかった、即ち「装う」だったんですよ。

事実でないという根拠を示しなさい。

>世界がそうなら当然「周り」もそう。その当たり前のことに気づけず、頓珍漢な難癖

私は、レアケースについてしか言及してないのに、それをコモンケースについて言及したと、捏造する、アンタの方が、よっぽど頓珍漢じゃん。

>政体がどうかと後ろ盾は関係ないし、後ろ盾の有無と北朝鮮のような国家でもしょうがないかとも関係ない。

関係あるじゃん。所詮、国際関係というものは、相対的にならざるを得ないのだから、相手に呼応せざるを得ない。パワーバランスの常識じゃん。自由主義の後ろ盾を持たない以上、自らを守るには、自ら相手と、対峙せざるをえない。結果的に、守り切れるかどうかというのは、全く別問題。でも、そうしない事には、絶対に守りきれない。それだけの事。 (2008年11月10日 18時08分47秒)

半可通でパワーバランスなんて言葉を振り回さないことですね   白砂青松0715 さん
ライコさん

>アメリカ型共和制の話をしているのに、そんな言葉尻をとらえられるなんて

自分で議院内閣制を持ち出しておいて「アメリカ型共和制の話」なんて言われてもねえ。

>「基本的には」一形態なんだろ、だったら、そう言ってる論者を示してみなよ。

別に私は誰かの権威にすがろうとかそういうことは考えてませんけど、一応、類例は示しておきますよ。

--
議院内閣制における政治と行政 -英国の実情をまじえながら-
国際基督教大学教授 西尾 勝

1 英国における議院内閣制

 先進諸国の政治体制の発展史は各国ごとに多様であり、一般化はむずかしいが、絶対君主制→立憲君主制→共和制(近代民主制)という流れが標準的な発展形態と言える。議院内閣制は、もう一つの政府形態である大統領制とともに、このうちの共和制(近代民主制)で採用された政府形態である。
(中略)
名誉革命以降英国の君主は「君臨すれども統治せず」という地位に退いたので、君主は確立された憲法慣習として、総選挙の結果が判明した時点で、第一党の党首を首相に任命する。そこで、実質的には共和制下の議院内閣制に等しい形態になっているということである。
http://ssl.jinji.go.jp/hakusho/h11/jine200101_2_024.html
--
ちなみにこれは人事院の年次報告書の一部、いわば日本政府のお墨付き。

>事実でないという根拠を示しなさい。

「何度も訪米し、そのたびに成果をあげてきた」はずなのに解除でしょ。

>私は、レアケースについてしか言及してないのに、それをコモンケースについて言及したと、捏造する

こちらは「周りがそうなら」と条件を示しているのに、コモンケースなどと捏造しているのがあなた。

>パワーバランスの常識じゃん。

自国の利益になるなら、独裁国家とだって手を組む民主主義国などいくらでもある。
政体なんて関係ない、それがパワーバランスの常識ですよ。


(2008年11月12日 08時21分17秒)

また曲解ですか。本当、好きだね。   ライコ さん
>そこで、実質的には共和制下の議院内閣制に等しい形態になっているということである。

はいはい。これだから、君は曲解が激しいんだね。「実質的には」「等しい」つまりこれは、「機能面」の話をしていて、「根っこは違っているけど、実質的機能は等しい」って言ってるんでしょ。一方、君は、「基本的には、議院内閣制は、共和制の一形態」と言っているんだから、原理原則は、「議院内閣制は、共和制の一形態」(だけど、例外がある場合がある)って言ってるの。

原理原則が、君とは全く正反対の事言ってんだから、例にはならないっしょ。

>「何度も訪米し、そのたびに成果をあげてきた」はずなのに解除でしょ。

本人は、本気でそう思ってんのかもしれないし、政権内に、その手の意見を醸成するよう働きかけをしてきたのは、事実かもしれないじゃん。また、アンタの憶測?

>こちらは「周りがそうなら」と条件を示しているのに、コモンケースなどと捏造しているのがあなた

は?「周り」は、「世界」に対して、コモンケースに決まってんじゃん。基地外?

>自国の利益になるなら、独裁国家とだって手を組む民主主義国などいくらでもある。
政体なんて関係ない、それがパワーバランスの常識ですよ。

だから?それは、民主主義国家が世界の趨勢を握り、圧倒的財力と組織力を持っているという前提があってはじめて成立する理屈じゃん。自分だけがお花畑の民主主義国家でございますなんてなれば、いざ戦争すんぞと言われた時、情報も筒抜け、国民は統制できないで、二進も三進もいかなくなるに決まってんじゃん。それは、パワーバランスの崩壊に他ならないっしょ。 (2008年11月13日 17時49分41秒)

妄想全開ですね   白砂青松0715 さん
ライコさん

>「根っこは違っているけど、実質的機能は等しい」って言ってるんでしょ。

『議院内閣制は、もう一つの政府形態である大統領制とともに、このうちの共和制(近代民主制)で採用された政府形態である。』

ですよ。これで「根っこは違っている」ですって?
日本語大丈夫? じゃないですね。

>本人は、本気でそう思ってんのかもしれないし、政権内に、その手の意見を醸成するよう働きかけをしてきたのは、事実かもしれないじゃん。

何の約束も結んでいなかったのは事実でしょ。
あなたのところは、口約束だけで済むような温い世界なんですか?

>は?「周り」は、「世界」に対して、コモンケースに決まってんじゃん。基地外?

おかしな人ですねえ。「周りに関係なく」以外が「コモン」であるはずないじゃありませんか。

>自分だけがお花畑の民主主義国家でございますなんてなれば、いざ戦争すんぞと言われた時、情報も筒抜け、国民は統制できないで、二進も三進もいかなくなるに決まってんじゃん。

そんなことはありません。民主主義国家であるか独裁国家であるかと、情報筒抜けや国民が統制できないかどうかなんてことは別問題ですから。

そもそもその理屈が正しいなら、この世に民主主義国家は存在しないはずなんですけど。

(2008年11月15日 10時48分04秒)


© Rakuten Group, Inc.