000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ika@ Re:現代の価値観で断罪云々という詭弁(08/17) 植民地を持とうとする国も植民地になりた…
こわい~@ Re:日本の子供を劣化させようとする産経と東京都(04/10) マッカーサーの証言とされるもの 「largel…
名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…

ニューストピックス

2009年01月28日
XML
テーマ:戦争反対(1066)
カテゴリ:海外の話

ソマリア沖の海賊による被害が問題となっておりますが、これに対応するために日本も自衛隊を出すべきだという声が出ています。

でも、これは自衛隊を出したいという思惑と、中国に遅れてはならないという見栄が入り混じった結果であり、本来の海上交通の安全という目的は二の次になっているというのが実情でしょう。

この問題については国連安保理決議1836で、関係国に海軍艦艇などによる海賊対策に積極的に参加することが求められています。
しかしながら、安保理決議による要請は加盟国に強制的な参加を求めるものではありませんし、また各国の法を反故にできるものでもありません。
よって日本が、憲法の制約上自衛隊派遣はできないと断ったところで、それをどうのこうの言われる筋合いは全くないと言えます。

その一方で、日本がどういった貢献ができるかということを考えるのは、また別の話ということです。

==============================

で、今回は海賊であるのですから、直接的な護衛や取り締まりに参加するなら、基本的には海上保安庁の巡視船で対処すべき問題です。

これに対して、海保の巡視船は長期間の活動には不向きとか、長官が派遣は困難と言ったとか、そのような否定的意見があるのは承知していますが、どちらも本質的な問題ではありません。

前者については、ソマリア沖を日本から見るから「長期間」とか「航続距離」とかいった問題があるように見えてしまうのであり、それは距離を埋めるための施設、具体的にはオマーンの南部(イエメンは政情に不安があるので)に補給のための港湾を確保することで、解決できる問題です。
軍艦に補給をするとなると、その国にとってもいろいろと政治的な問題が起きる可能性がありますが、警察活動への協力であるなら、それはずっと小さくできます。
そもそも、巡視船は長期間の行動はできないとか言いますが、本土から1700kmも離れた沖ノ鳥島を含む日本の領海を守ろうと思ったら巡視船の遠洋航海能力は必須のはず。不審船事件の際には巡視船は中国のEEZまで追跡しましたが、そこまでできるなら、ソマリア沖での海賊船の追跡も十分にできます。

後者は、単に海保は通常業務で忙しいというだけのこと。
だとしたら、その仕事の一部を自衛隊が肩代わりするなりなんなりといった方策を考えれば良いということでしょう。
まあ確かに、自衛隊というのはある意味日本で一番ヒマな公務員集団であるのかもしれませんけど。

------------------------------

そして、果たしてそういった直接的な艦艇派遣をせずとも貢献は可能ではないかという見方もあるでしょう。
むしろ、現在のソマリア沖の問題がソマリアの無政府状態に原因があり、それが一朝一夕には解決しそうにないというのであれば、国連が各国の海軍に要請をするのではなく海上の治安維持部隊を自ら創設するくらいのことをしてはどうか、そしてその旗振り役を日本が担ってはどうか。
上述のようにその部隊のための補給基地をオマーン南部に設置すれば、各国に艦艇を供出してもらうとしても、もっと小型のものでも対応できるでしょうし、指揮系統を統一することで、より効率的な活動ができるでしょうし。

あるいは資金援助という形での貢献もあるでしょう。それを「金だけ」なんて批判するのは自虐的な一部の日本人だけ。いくら軍艦があったって、国連決議があったって、資金がなければ活動はできないというのが各国の本音ですから。

==============================

ソマリア沖の海賊対策に自衛隊を派遣して、仮に武器を使用することがあったとしても、それが憲法で禁じている武力の行使に直ちにつながるとは、私も思いません。
でも、そういう疑念を呼び起こすことは事実だろうし、事態がエスカレートしたら憲法違反の行為に否応無く手を染めざるを得なくなるという可能性も捨てきれない。

そして自衛隊派遣でなくても、海賊対策に貢献できる方法がある以上、無理に自衛隊を派遣すべき必然性はないというのが、私の考えです。








最終更新日  2009年01月28日 02時56分42秒
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.