000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

上総介@ Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27) 逆でしょ どちらの訳でもいいですが、あな…
マッカーサー語録を都合よく曲解してるアホ発見@ Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27) >彼らが戦争に突き進んだ目的は主に >「…
今はシーレーンが危険だとご存じだとは思いますが@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) どうもこの話を読んでいると安保法案に関…
Nightmare@ Re:「米軍がパラシュート降下」は産経が流した虚報&捏造(04/28) 書き忘れていたことがありました。 3/16 …

ニューストピックス

2011年02月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

東京のロシア大使館の前で、北方領土をロシアが占拠していることに怒った者がロシアの国旗を侮辱したそうな。
自称「保守」の連中が国旗、国旗と大騒ぎをするから、こんな馬鹿げたことが起きるんですよ。

--
『ロシア、右翼の国旗侮辱で日本に捜査要求』

 東京のロシア大使館前で右翼の活動家がロシア国旗を侮辱する行為を行ったとされる問題で、ロシア外務省は8日、日本大使館の井出敬二公使を呼び、日本の当局が捜査をして犯人を処罰するよう要求した。

 同外務省が出した声明では、日本側が国際義務に従い、ロシア大使館がきちんと業務ができるようにし、同様の事件の再発を防止することも求めている。

 モスクワの日本大使館の周囲では7日以来、若者組織の抗議デモが続いている。(共同)


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/490777/
--

で、これに続いて国旗大好きの産経新聞では、こんな「産経抄」を載せている。

--
【産経抄】2月10日
2011/02/10 08:49

 ロシアの動きは、相変わらず素早い。タス通信によると、北方領土の日の7日、東京の在日ロシア大使館前で、右翼の活動家がロシア国旗を引き裂いた。ロシア外務省は翌日、日本大使館の井出敬二公使を呼び、当局が犯人を処罰するよう要求する。

 ▼同じく7日、菅直人首相は、「許し難い暴挙だ」と、メドベージェフ大統領の国後島訪問を批判した。この発言に対するロシア側のいら立ちが、背景にあるのは言うまでもない。ただせっかくの首相の勇ましい弁舌も、鳩山由紀夫前首相が講演で、北方領土の2島先行返還論に言及した直後とあっては、効果も半減だ。

 ▼前原誠司外相のロシア訪問を前に、出はなをくじく外交戦術でもあろう。そうした政治的な思惑を差し引いても、国旗の侮辱に対して強い姿勢で臨むのは、国際社会では当然といえる。

 ▼これまで日の丸は、中国や韓国で何度も燃やされ、切り裂かれてきた。そうした行為に対して、日本政府は弱腰でありすぎた。いや政府の責任だけではない。公立学校の入学、卒業式で、国旗に対して起立しない教師の姿がみられる、世界でも珍しい国である。

 ▼教育委員会や校長が国旗、国歌に敬意を示すよう求めると、「憲法違反」だと抗弁する。先月東京高裁は、さすがにそんな非常識を認めない判決を下した。原告の東京都の教職員たちは、きのう上告した。救いは、こんな先生ばかりではないことだ。

 ▼栃木県内のある公立学校では、毎朝、掲揚塔に国旗を掲げるのはもちろん、全教室でも常時掲揚している。地区最悪といわれた学校を立て直した校長から送られてきた、改革の記録で知った。校長の要望で、学校名を公表できないのが残念だが。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/490912/
--

何を言いたいのかさっぱりわかりませんな。

「国旗の侮辱」に対して、強い姿勢で臨むのは当然だと。だからこの右翼活動家を厳罰に処せというんでしょうか?
ところが、そんな言葉は一言も無いまま、話がスルッと「日の丸」の話にすり替わり、それへの「敬意」を示さないという教職員への批判になっています。

イヤハヤ、こんなおかしな文章を書いて恥ずかしくないのでしょうか。

だって、ロシアの国旗を侮辱したのは右翼なんでしょ。だったら、その者がそういう日の丸への敬意を示さない教職員、即ち彼らが左翼教師とレッテルを貼っている者の影響を受けて、国旗を侮辱する行動に出たなんて話は成立し得ない。

むしろ、やたら国旗だ国歌だと大騒ぎしている者が、こういう右翼を育んだんでしょうに。

国旗が大事だと大騒ぎするから、じゃああいつらを懲らしめるには国旗を傷つければ良いという発想になって来る。
国旗なんてどうでも良いと思っている者は、気に入らない国があったとしても、その国の国旗を傷つけたって、それもまた「どうでも良い」程度の意味しかもたないと思っているのですから、わざわざこんなことをしません。

まあ、それがわかっているから、こうやって誤魔化そうとしているんでしょうけどね。産経に真っ当な倫理観を期待すること自体が時間の無駄ってことです。

ちなみに、この産経抄「公立学校の入学、卒業式で、国旗に対して起立しない教師の姿がみられる、世界でも珍しい国である。」なんて書いてますけど、大嘘もいいところでしょう。そもそも学校の入学、卒業式で、国旗に対して起立しろなんて大騒ぎしている国の方が珍しい。かつて文部省がちゃんと調べていましたよね。

ついでに言えば、産経はかつてこんな記事を載せていた。

--
【軍事情勢】国旗を侮辱する国、される国
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/454794/
--

さて、日本も立派に「国旗を侮辱する国」の仲間入りとなったと。
これも自分たちの運動のおかげだと、国旗大好きの皆さんは胸を張っているんですかね。
どうも、産経抄は腰が引けているみたいですけど。






最終更新日  2011年02月13日 00時28分37秒
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.