583092 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

白砂青松のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

名無し@ Re:「シーレーン防衛」幻想に囚われた人々(02/09) 白砂って誰か知らないけど、コメントが反…
http://buycialisky.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) cialis womangeneric cialis review ukcia…
http://cialisvipsale.com/@ Re:真・豪州安全保障事情2-減員? 増員?(02/20) generic cialis 90 pillscialis mit rezep…
見えていないよう@ Re:また、「勘違い自衛官」がおバカなことを言っているようで(1)(09/09) 現場の状況も見えていないようで笑える。
上総介@ Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27) 逆でしょ どちらの訳でもいいですが、あな…

ニューストピックス

2012年06月27日
XML
カテゴリ:歴史
4月10日付けのエントリでも書いたネタで、産経がまた騒いでいます。

--
論説委員・石川水穂 教科書検定で消えた「マ証言」
2012.6.23 03:07 [土・日曜日に書く]

 ◆断定を避けた都の教材

 「江戸から東京へ」と題する東京都教育委員会作成の教材が都立高校に配布され、今春から必修となった日本史の授業で使われている。「幕藩体制の成立」から今日の「国際都市・東京」までの400年の歩みが教科書風に書かれ、大人が読んでも勉強になる。

 注目したいのは、「第二次世界大戦と太平洋戦争」のところに掲載された「ハル=ノートとマッカーサー証言」というコラムだ。

 「ハル=ノートの原案を作成した財務省特別補佐官のハリー・ホワイトは、ソ連のスパイの疑いがあるとして非米活動委員会に出席しており、ハル=ノートの作成にソ連が関わっていたとする意見もある」

 「連合国軍最高司令官であったマッカーサーは、戦後のアメリカ議会において、日本が開戦したことについて『in going to war was largely dictated by security.』と証言しており、この戦争を日本が安全上の必要に迫られて起こしたととらえる意見もある」

 ハル=ノートは1941(昭和16)年11月、日米交渉でハル米国務長官が日本に中国と仏領インドシナからの全面撤退などを求めた最後通告だ。ホワイトは48年、米下院非米活動委員会でソ連のスパイ容疑を否認したが、米側の暗号解読記録などから、ソ連に通じていた疑いが濃厚とされる。

 マッカーサー証言は51年5月、米上院軍事外交合同委員会の公聴会の記録で、小堀桂一郎東大名誉教授がニューヨーク・タイムズ紙の記事を基に入手した。

 教材の英文は、その前に「Their purpose, therefore,」との語があり、「したがって彼ら(日本)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった」(小堀氏編「東京裁判 日本の弁明」から)という意味だ。

 コラムは断定的な表現を避け、生徒に考えさせる内容である。

 ◆「誤解するおそれ」と意見

 実は、これらの記述は小堀氏らが執筆した高校教科書「最新日本史」(明成社)の昨年度検定前の白表紙本にもあった。しかし、いずれも「誤解するおそれのある表現である」との検定意見が付き、執筆者側は2つとも削除した。

 文部科学省教科書課は「記述が不十分で、誤解を招きかねないと判断した」と説明している。

 米議会でのマッカーサー証言などは、広くは知られていないが、明白な事実だ。これらを知ることにより、生徒は先の戦争をより多角的にとらえることができる。事実を教科書に載せることがなぜ、誤解を招くのか。文科省からは、明快な説明が得られなかった。

 その一方で、事実かどうか疑わしい記述が検定をパスしていた。

 「約70万人が朝鮮総督府の行政機関や警察の圧迫などによって日本本土に強制連行され、過酷な条件で危険な作業に従事させられた」(東京書籍「日本史A」)

 「数十万人の朝鮮人や占領地域の中国人を日本本土などに強制連行し、鉱山や土木工事現場などで働かせた」(山川出版「詳説日本史」)

 外務省が昭和34年に発表した在日朝鮮人の実態調査によれば、日本内地に居住していた朝鮮人は昭和14年末から20年の終戦直前までの6年間で、100万人から200万人に増えた。増えた100万人のうち、70万人は日本に職を求めてきた渡航者と出生による自然増加で、残り30万人の大部分は鉱工業や土木事業の募集に応じて自主的に契約した人たちだ。

 ほとんどの朝鮮人は自由意思で朝鮮半島から日本内地に渡ってきた。すべて「強制連行」だったとする記述は誤りである。

 このほか、日本の占領政策によるベトナムでの餓死者「200万人」、マレー半島での「華人虐殺数万人」といった誇大な数字が今も教科書で独り歩きしている。

 ◆誤報事件から30年

 昭和57年夏、日本のマスコミは旧文部省の検定によって日本の中国への「侵略」が「進出」に書き換えられたと一斉に報じ、中国や韓国が外交ルートを通じて抗議してきた。しかし、そのような書き換えはなかった。

 にもかかわらず、当時の鈴木善幸内閣の宮沢喜一官房長官は「教科書の記述を是正し、検定基準を改める」とする談話を発表した。この宮沢談話を受け、近隣諸国条項が検定基準に加えられた。

 「侵略」「強制」などの表記に意見を付けることが難しくなり、中国や韓国などに過度に配慮した教科書検定が行われるようになったのは、それ以降である。

 今年は、その教科書誤報事件から30年になる。マスコミの教科書報道や検定のあり方について、改めて再検証が必要ではないか。(いしかわ みずほ)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120623/edc12062303070000-n1.htm
--

前回も書きましたが、この「マッカーサー証言」が、

--
「したがって彼ら(日本)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった」(小堀氏編「東京裁判 日本の弁明」から)という意味だ。
--

などと書くのは誤訳もいいとこ。

この部分の原文は

They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.

こういう文章なのですから、

『日本はそれら資源の供給が止まった場合、10-12百万人の失業者が出ることを恐れていた。従って、彼らが戦争に突き進んだ目的は主に「大量の失業者が出ることを回避するため」のためだった。』

とでも訳すべき。
この「Security」は、失業者対策もしくは治安対策であったと言ったのに、「大部分が安全保障の必要に迫られてのこと」などと勝手に誤訳して、「ホラ見ろマッカーサーだって自衛戦争だったと言っている」とはしゃいでいるという、何とも恥ずかしいネタです。

ちなみに、マッカーサーはこの証言の後半部分で、共産中国に対しても海と空から封鎖せよと言い、そうすれば中国はどうなるかという点について、

You must understand that in China itself, they have the greatest difficulty in merely supplying their present civil population. I don't suppose there is a year in China that from 5 to 10 million people don't die either of starvation or of the results of malnutrition. It is an economy of poverty, and minute you disrupt it, you will turn great segments of its population into disorder and discontent, and the internal strains would help to blow up her potential for war.

5-10百万人が餓えや栄養失調で死ぬかもしれず、経済的困窮から多くの国民が不満を持つようになり、その緊張が戦争への可能性を膨らませると言っています。

で、これが日本に対して仕掛けたことと同じだとマッカーサーは言っているのですから、仮に日本のそれが「自衛戦争」だとしたら、この中国への封鎖の結果として引き起こされる戦争も中国の「自衛戦争」だと言っていることになる。
つまり、マッカーサーは一種の侵略戦争を起こせと言っていたことになる。

それでは、自分で自分の主張(中国攻撃)の正当性を否定することになる。

これが産経の言う「明白な事実」ですか。冗談にしかなりませんね。

前回も書きましたが、これを習った都立高校出身者が、アメリカに行って得々とこの話をしたら、どんな恥ずかしい目に遭うか、少しは考えて欲しいものです。






最終更新日  2012年06月27日 21時54分34秒
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27)   マッカーサー語録を都合よく曲解してるアホ発見 さん
>彼らが戦争に突き進んだ目的は主に
>「大量の失業者が出ることを回避するため」
>のためだった。
これじゃ表現を変えただけで自存自衛と同義、それを理由にしてもやはり自衛戦争になるんだよ。

否定した心算になって否定になっていない無駄の長文垂れてご満悦か?(嘲笑
誤訳でもなければデマでもないな

自国民を養っていくためという権益を守るというのは
セキュリティ=自衛と同じ事
ドヤ顔で冗談みたいな詭弁で本質を歪めて取ろうとする無駄な足掻きをするとか失笑モノだ。出直せ (2016年08月11日 21時39分14秒)

Re:いつまでこんなデマを流すんでしょうね(06/27)   上総介 さん
逆でしょ
どちらの訳でもいいですが、あなたの訳からしても日本に対して行った事を中国に対して行えば中国も同じ道を辿ると言っているなら
アメリカがやった事が戦争を引き起こしたと自白してるじゃないですか
そもそも証言は国際社会に向けた物ではないので正当性を主張する場ではなく、相手側から仕掛けさせるテクニックを披露し、それによって初めて正当性を持った戦争にできると言う戦略上の話
翻訳云々の前に読解力をつけましょう (2016年12月27日 12時33分45秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.