000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

bassplayer's holiday

定演レポ(2004.12)

※以下は主観でお送りします(笑)

12月の定期演奏会。
前日のゲネプロから当日のリハまでドキドキ。
団員数がものすごく多いから、指示を伝えるのがものすごく大変そう。

本番。
オープニングのマーチは、昔の課題曲。
クラシックの「愛の挨拶」、マーラーの5番はゆっくり休ませていただきまして(笑)。
「第六の幸運をもたらす宿」。
今、キョンキョン(←死語?)の化粧品のCMでマーチが使われてますね。
バイオリンの高音に血管が切れるんじゃないかって勢いで吹きました。

そして金管低音あんさんぶる。
10分間の休憩中に早着替え。
楽屋が狭くてワヤワヤ。
鏡でちろっと服装チェックしてから出ると。
「おぉっ!!」と、ほかの団員さんから歓声(悲鳴?)。
40cm丈のスカートなんて、履いていいのだろうか、24歳・・・・・・
音楽のほうは、始めにテューバさんが速くてあせったけど。
なんとか乗り越えました。

金管五重奏、木管アンサンブルの間にまた着替え、今度はステージドリル!
小・中学校のときの「なんちゃってマーチング」以来だからドキドキ。
でも、始まっちゃったらあとはノリで。
目の前でスポットライトの当たるソロのお兄様・お姉さま方カッコよかったぞ♪

バタバタしたあとポップスステージ。
ハリウッド映画メドレーは、問題のETもきちんと吹けました♪
頭の中は「ミスターのET師匠」のままでしたが(笑)
「モリコーネのメロディ」でまたソロにほれぼれ♪
「ハリウッドを食い尽くすゴジラ」は、叫び声も「音楽」に入るという面白い曲。
団員さんの役者な姿をたくさん見ました(笑)

アンコールでは、団員さんのお子さんがハンドベルで共演!
一生懸命な姿に感動~~(T_T)
マライア・キャリーのクリスマスソングをシメに吹きました。

んで、これが驚愕のサンタ服でございます。
サンタ服

ベッドに広げて撮るなってか(笑)


© Rakuten Group, Inc.