378083 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

wildpowerアスリートブログ

PR

Freepage List

Profile


ハルク伊藤

Free Space

Category

Archives

2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Favorite Blog

【県北】〔普代村〕… New! 岩手県職員さん

岡谷合唱団クリスマ… HiroYさん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2011.07.18
XML
カテゴリ:詩・短歌
被災地の高速道路では、りさい証明があると料金が無料になる。
その為か利用車の台数もかなりの量だ。
勿論、増えれば増える程事故の確率も高まってくる。

昨日、東北自動車道を北上する際、前方の様子に異変を感じた。
左車線の車全てが、減速し始めてとろとろ運転となった。こちら側の追い越し車線も、後を追うようにとろとろ運転となり、100m程進んだ所でぴったりと止まったのだった。

暫くするとゆっくりと動き始め、10m程進んではピタッと止まり、また暫くするととろとろと動き始める。
その繰り返しが延々と続き、
300m前進する為に要した時間は約1時間半であった。

外気の気温は35度、アスファルトの照り返しや、ましてや無風状態の高速道路はかなり厳しい状況だった。

後に、事故が2件あったと聞かされたが、「なるべくしてなった」と言わざるを得ない。
渋滞する以前の状況でも、危険運転と思える急な割り込みや、強引な追い越しが何回もあった。
これでは、何時何どき大事故が発生してもおかしくはないと思っていた矢先の出来事だったが、被災者の高速道路無料化が仇とならないように、呉ぐれも安全運転を心掛けてもらいたい。

フォト短歌「高速道路事故」










Last updated  2011.07.18 18:36:18
[詩・短歌] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.