511767 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『3つの種まき』in所沢

PR

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

プロフィール


WiLL'S TT

カテゴリ

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

お気に入りブログ

184号まできました! New! コスコジ1030さん

埼玉県所沢市で学習… tomtom-tommyさん
所沢に住む教育系大… satea.さん
さくら塾塾長のつぶ… もちざくらさん
津島市・愛西市 つ… がっきー塾長さん
2013.12.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

受験第一弾という位置づけである北辰会場テストが、

ひとまず終わりを迎えました。

 

今年の受験生である6期生も、

これで北辰からも解放され、

本当の意味での受験へとシフトしていくことになります。

 

先日、ウィルについての説明を求めていただいた方に言われたことがあります。

「ウィルは中学生になると厳しいんですよね。」

どうもお母さん方の間ではウィルは厳しい塾に移っているようです。

過去には、「うちの子じゃウィルは無理無理」なんてことをおっしゃるご友人がいるなんてこともうかがったことがあります。

 

うちは厳しくないですよ。

 

定期テストに関して、他塾さんほど点数について執着はさせていませんし、

学校の過去問を使って、いわゆる「先生対策」なんてこともしません。

 

塾長の更新していたブログの記事にもある通り、

周りが手取り足取りやってあげて掴んだ結果や夢は、

それを取り巻く仲間や取り巻きとの共通の思い出にはなりません。

 

だからこそ我々は、最低限その学年に対して求めるべきレベルのハードルを設け、

自らの力でそのハードルを越えられるように、見守る立場に徹します。

 

見方によれば、それを立場的に厳しいととらえる人もいるのかもしれません。

でも我々にとっては当然のことであるから、そのようにするのです。

 

「意識を共有する」ことに一番の意義を感じ、

その共有した価値観を確立することに最大の喜びを感じます。

 

だからこそその学年みんなで前に進むこと、

同じ目的に向かって、みなで歩みを進めることに重きを置くのです。

 

「勉強のライバル」と言えば聞こえはいいですが、

ライバルはいなくとも同志がいてくれれば、それでいいのだと思っています。

 

自らの欲を引き上げることに気持ちを注ぐのです。

 

今回も前置きが長くなりました。

過去の月の結果と合わせて掲載します。

なお6期生の北辰総合成績に関しては、

後日近いうちにチェックを入れて公開いたしますので、

ひとまず今回の結果のみを掲載いたします。

 

<塾内平均偏差値>
     3教科  5教科  
  9月  60.3   61.5

10月  62.3   62.9

11月  63.6   63.7

12月  63.2   63.7

 

<12月偏差値分布>
※3教科or5教科の良い方を採用

ss70以上  4名

ss65~    10名

ss60~       4名

ss55~    6名

ss50~    なし

~ss50    1名

 

今回の印象としては、平均点の上がった科目に対して、

しっかりと得点を重ねて好成績に持って行ったのが勝因でしょう。

 

今回は12月の結果のみにとどめ、次回以降で9月からの6期生の軌跡をお送りします。

楽しみに見ていてくださいね。

 

 







最終更新日  2013.12.17 02:49:21



© Rakuten Group, Inc.