658623 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

埼玉県所沢市で学習塾を営む塾長の頭ん中

PR

Profile


tomtom-tommy

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

2020.04

Favorite Blog

Fun with... New! さだ・貞國貴信さん

2008.06.13
XML
カテゴリ:入試情報

北辰テストの結果(平均偏差値)にはこだわりたいと思っている。

その数値は、塾生のレベルや教務力を如実に現すからだ。



定期テストも教務力を表す指標となりえなくはないが、
中学校ごとに違いがありすぎるし、
また同じ中学校においてさえ、毎回平均点大きく異なる。

やはり、県内のほぼ90%が受験する模試で、
結果が点数ではなく偏差値で出る北辰テストの方が、
指標として用いるには、はるかに優れていると思う。



さて、この北辰テストだが
昨年から受験時期が早まってきていることに注意が必要。

中学3年生の9月・10月・11月・12月の北辰テスト、
4回中良いもの2回の結果が私立の合否を判定する上での指標となる


というのが埼玉県の高校入試の慣習となっていたが、
昨年から7月も含む高校が増えてきているのだ。


なぜかと私立の入試担当の方に伺うと、
その理由は、昨年ある高校が7月からを導入して、
受験者増となったことにあるとのこと。

う~ん・・・個人的にはそういうような私立には
あまり良い印象は持てないんだけど(ーー;)。

ポリシーが無いというか、節操が無いというか・・・
少なくともそういうのを「流れを読んで即対応」とは言わないと思う。

なぜかって、もちろん策として安易だということもあるけど、
7月から入れるということは、4回中2回が、5回中2回になるわけだから、
要するに合否判定ラインを下げて安売りしてでも、ということでしょう。

いい生徒を、他が声をかけるより先に声かけしたいと言うのなら、
たとえば7月からにする分、11月までにするとか、

せめて、基本9月から12月の4回だけれども、
実際に生徒と話して、目を見て、確認した上であれば、
各種検定を見るような感覚で、7月やその前の北辰も見ましょう

というように濁すとかの方がまだ良いのではないかと思う。


とにかく、そんな僕のどうでも良い雑感はテキトーに聞き流してもらって、

知っておいた方がいい入試情報としては、

『北辰テストは7月から受けましょう!』
です。

塾へ行っていない方は特に気をつけてくださいね。









Last updated  2008.06.14 04:45:08
[入試情報] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.