000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

志/源光

PR

Comments

inx1999@ ありがとうございます 志0122 様 早速のご対応ありがとうござい…
志0122@ 画像削除のお願い さん >この記事で使われている薔薇の写真は >…
画像削除のお願い@ Re:ことわざ と 天の教え -119(04/16) この記事で使われている薔薇の写真は 当方…
志0122@ ゆきさん1122さん >こんにちは。いつも素晴らしい言葉を・…
ゆきさん1122@ Re:ことわざ と 天の教え -096-2(03/24) こんにちは。いつも素晴らしい言葉を・・ …

Category

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

よびりん語録 New! よびりん2004さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

【活きていくうえで… New! おぎゃりん☆さん

陰を生じさせる恩返… New! 【亞】2さん

ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2008.05.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
石の浄化(メンテナンス)の頻度や方法についてお問合せを頂く機会が多くございます。


 「浄化は毎日した方が良いんですか?」
 
 「浄化は、どうやってするんですか?」
 
 「水に弱いとか色々聞きますが?」


など様々です。


ということで、今回は、「石の浄化の頻度」について、私の考え方をご紹介させて頂きます。
(「石の浄化方法」については、次回ご紹介させて頂きます。)


ご紹介させて頂く内容が、「絶対正しい」ということは全くございませんので、1つの考え方としてご参考にして頂けましたら幸いです。




【石の浄化の頻度について】

最初に、私は石だけでなく、全てのものに「魂」があると考えておりますので、これを前提にご紹介させて頂きます。


石の浄化をする頻度は、「毎日」、「1週間に1度」、「月に1度」、等のようにお決め頂かなくて良いと想っております。「1週間に1度」のように決めてしまいますと、「石の浄化をしなければいけない」という自分に対する義務的要素が強くなり、「石の浄化をする」ことが負担になってまいります。

自分にとって「負担」と感じている状態で、形だけ石の浄化をされましても、石の魂の浄化にはならない、と私は考えております。


石の立場になって考えてみます。
「今日も浄化をしなきゃいけない。面倒だなぁ。」と想われながら浄化をされても、石としては、石の魂が浄化されるどころか、持ち主様の感じている負担の「負」の想念を負いかねません。(自分を護ってくれたり、楽しませてくれる石なのにもかかわらず、自分の負の想念を与えてしまってはかわいそうですよね。)


もちろん、物質としての「石」は綺麗になるかもしれませんが、石の魂が浄化されないと、本来その石が持っている素晴らしさや輝きが戻ってきません。(私はそう感じています。)


人間社会でも同じようなことは沢山ありますよね。
「嫌だなぁ」と想っていることを、どうしてもしなければならない場合、どうされますか。


 「どうせやるなら、気持ちよくやろう!(楽しくやろう!)」と考え方を変えて行動する。
    →結果、意外と楽しんでいたり、何かを発見できたりします。


 「嫌だなぁ、嫌だなぁ、嫌だなぁ」の考え方のまま行動する。
    →結果、他のことまで「嫌だなぁ」のままで行動してしまいかねません。



石の浄化も同じなんですね。
「面倒だなぁ」と想ったときは、「石の浄化をやめる」、又は、『「どうせやるなら、楽しくやろう!」と決めて石の浄化をする』のどちらかにすれば良いんです。


「石の浄化」で最も大切なのは、「石を浄化してあげよう」、「石を気持ちよくしてあげよう」という、石に対する気持ち(心)であると私は考えております。
その気持ち(心)が、毎日の浄化に繋がればそれは素晴らしいことですし、「1週間に1度」でも「月に1度」でも私は良いと想っています。


「(何となく)浄化した方がいいかなぁ。」、「浄化してあげた方が良い気がする。」という自然に与えられた感覚も大切にされると良いと想います。
(このような自然な感覚は、石たちが「浄化して~」とメッセージを送っているのかもしれません。)

このように感じられた時は、感じられた「その時」に浄化をすると石たちも喜びます。

「思い立ったが吉日」的な考え方ですが、「その時」に感じたということは、「その時」に浄化をするだけの時間がある(与えられている)からこそ、その感覚が与えられたと考えることができます。(もちろん、「石の浄化」に限られた話ではありません。日常生活でもこのような「感覚」が、みなさんあるのではないでしょうか。)



石も私たちと同じように魂を持つものです。
持ち主様にかわいがって頂くと、嬉しくて喜びを表現してくれます。
浄化前と、浄化後の石の色艶や発色、輝きの違いを感じてみて下さい。楽しいですよ。


心を込めて石の浄化をさせて頂くと、石も浄化されますが、私たち人間の心や魂も浄化されているかもしれませんね。



皆様に沢山の幸が導かれますことを心より祈念いたします。

どうもありがとうございます。


「志」




◆古代エジプトの言葉-4◆ 
 「もしおまえが小人(しょうじん)から大人(たいじん)に出世したとしても、
 貧乏から裕福になったとしても、素朴に生きることを心がけなさい。
 頂点に達しても、その出世のせいでおまえの心を冷たくしてはいけない。
 おまえは神の財産の管理人になったに過ぎないのだから。」
                     (プタハヘテプ 第五王朝の宰相)



◆地球のかけら(石)の写真集-4◆
~クリソプレーズ~ 
 「カルセドニー」という石の中で淡緑色や黄緑色のものを「クリソプレーズ」といいます。
 「怒りの感情を抑える」、「極度の緊張を和らげる」、「素直な感情を引き出す」、「希望を
 持たせて隠れた才能や能力を引出す力がある」等といわれています。
 主産地がオーストラリアであることや、翡翠に良く似ていることから「オーストラリアン
 ・ジェード」とも呼ばれています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.05.16 19:50:15
コメント(4) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.