000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

志/源光

PR

Comments

inx1999@ ありがとうございます 志0122 様 早速のご対応ありがとうござい…
志0122@ 画像削除のお願い さん >この記事で使われている薔薇の写真は >…
画像削除のお願い@ Re:ことわざ と 天の教え -119(04/16) この記事で使われている薔薇の写真は 当方…
志0122@ ゆきさん1122さん >こんにちは。いつも素晴らしい言葉を・…
ゆきさん1122@ Re:ことわざ と 天の教え -096-2(03/24) こんにちは。いつも素晴らしい言葉を・・ …

Category

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

ユーキャン収録完了… New! 【亞】2さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

【今日の想い・・自… おぎゃりん☆さん

ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2010.07.01
XML
カテゴリ:【三種の神器】
三種の神器






【三種の神器 豆知識6】





【三種の神器 ~八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)~】




「八尺瓊勾玉」は、「八坂瓊曲玉」とも書くそうです。




「勾玉」は、「曲っている玉」の意からきているそうなので「曲玉」と書くことも自然ですね。






「八尺瓊勾玉」の「瓊」の字は、「ケイ」と読み、「赤色の玉」を意味するそうです。




「瓊玉(ケイギョク)」といえば「(赤色の)美しい玉」を意味するようです。




「 【三種の神器】について (詳細版-1) 」で、




天照大神から命により【三種の神器】を授かった




「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」の「瓊瓊(にに)」も同じ漢字ですね。






「八尺瓊勾玉」は、前回ご紹介させて頂いたアマテラスの「岩戸隠れ」の際に、




「玉祖命(たまのおやのみこと)」という「玉造部(たまつくりべ)」の祖神が




お作りになられたそうです。(玉造部・・・勾玉を造る者の意)




石凝姥命が造った「八咫鏡」と、玉祖命が造った「八尺瓊勾玉」は、




天布刀玉命(あめのふとだまのみこと)が捧げ持っていた榊に掛けられたといわれています。






ちなみに、【三種の神器】の「勾玉」は、別に「璽(ジ)」と表現されることがあるそうで、




【三種の神器】の「勾玉」と「剣」の二つを併せて「剣璽(ケンジ)」ということもあるそうです。




このとき、【三種の神器】の「八咫鏡」が「日(陽)」を表しているのに対して、




「月(陰)」を表している、ともいわれているようです。








「鏡」が「日(陽)」を表し、




「勾玉と剣が月(陰)」を表す。。。




ふっと思い浮かんだのは、よびりん♪さん の仰られる「正」と「従」の関係です。




【三種の神器】の「鏡(日・陽)」を「正」、「勾玉と剣(月・陰)」を「従」と




捉えることもできるなぁ~、ということです。




そうすると、やっぱり【三種の神器】は、「正」の方にも、「従」の方にも対応した、




「みんな」の【三種の神器♪】ということだなぁ~、と一人納得して笑ってしまいました(笑)音符




~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞0~∞~1~∞~0~∞~




三種の神器







【三種の神器】について】
(詳細版-6 勾玉は、健全な心を維持する命綱♪ )





【三種の神器 ~勾玉~】




「勾玉」は、古くから「魔除け石」、「幸福を呼ぶ石」といわれ、身に着けられてきたようです。




「勾玉」を持つことは、男性にとっては「戦のお守り」、




女性にとっては「美しくなる」とも言われていたようです。




 (女性の皆さん、直ぐに「勾玉」で検索しないようにご注意下さ~い音符




  「美しくなる」というのは永遠のテーマかもしれませんが、




  私たちの魂の永遠のテーマは、「魂が美しくなる」ことだと思うのです音符






そのような勾玉も時代の流れと共に庶民の間からは姿を消してしまい、




宮中の高官や知識人層の間でのみ受け継がれていったそうです。




このようなことになったのは、やはり、「勾玉」のもつ謂れ、




「魔除け石」、「幸福を呼ぶ石」というのが事実だったが故に、




それを庶民に広げないように(庶民には良いものを持たせないように)、




意図的に姿を消された(奪われた)のだと思われます。






「勾玉」は、その形から色々な説があります。





「獣牙模倣説」




「胎児模倣説」




「月神象徴説(三日月)」




「魚模倣説」




「釣り針模倣説」などです。






このような様々な説の中で、私が一番納得した説は、 「胎児模倣説」です。




なぜなら、【三種の神器】の「勾玉」が、「心の落ち着く場所」を表しているからです。




人間として、一番最初に「心の落ち着く場所」を経験させて頂けるのは、




お母さんのお腹の中だと思うのです。




そのお母さんのお腹の中では、私たちは「胎児」です。






お母さんのお腹の中は「宇宙」だといいます。




お母さんのお腹、という「宇宙」の中で浮いている胎児と




お母さんを結ぶ臍の緒は、胎児の命綱でもあります。




胎児の命綱ゆえに、胎児の形をした「勾玉」は、




「心の落ち着く場所」を導いてくださるのだと思うのです。




そして、「心の落ち着く場所」で過ごさせて頂くことにより、




「幸せ」を感じるのだと思うのです。






「勾玉」は、私たちの心を健全に保つ為の命綱なのかもしれませんね。






みなさんの「心の落ち着く場所」は、どこですか?




私は、「自宅」が一番落ち着きます音符








最後に、昨日の よびりん♪さん のブログ




ご紹介されておりました「仙台四郎」さんのお話しに関する




秘話をご紹介させて頂きます。




よびりん♪さん からご教授頂きました♪




よびりん♪さん、どうもありがとうございます音符(ハートハートつけちゃいます)






~ご教示頂いたこと~




仙台四郎さんは、お母さんから貰ったお守りの「勾玉」を財布に入れていたそうです。




その「勾玉」の入った財布に紐をつけて、首からぶら下げていたそうです。




そして、その財布の中には、小銭は数枚だけだったそうです。




~以上です~







四郎さんをいつもニコニコ笑顔にしてくれていたのは、お金ではなく、




お母さんがプレゼントしてくれた「勾玉」だったのだと思うのです。




なぜなら、その「勾玉」が、四郎さんにとって、お母さんと繋がる




「心の落ち着く場所(もの)、心安らぐ場所(もの)」だったからだと思うのです。




だからこそ、それをいつも身に着けているだけで、




いつもニコニコ笑顔で、「幸せ」だったのだと思うのです。








お金が幸せを与えてくれるのではなく、




自分の心の落ち着く場所、




心安らぐ場所に身を置くからこそ、




幸せになる、幸せを感じる、




ということなのではないか、と思うのです。






そのようなことを頭に入れながら、




「心の落ち着く場所、心安らぐ場所」に導いて下さる




「勾玉」を身に着けたり、持ち歩かせて頂くと、




四郎さんのように、いつもニコニコ笑顔になり、




自ら福を呼び寄せる(福の神様の四郎さんがやってくる?)ようになるのかもしれませんね音符










皆さんに、本当のスマイル笑顔スマイルが生まれますように。音符音符




わっはっはっ大笑いきらきら








大笑い笑い大笑いのエネルギーを超越するものなし!!




大笑い笑い大笑い は「輪」の「波動」です。




だから、




大笑いわっはっはっ!! 大笑い」と笑うのです。




大笑い輪っ波っ波っ!! 大笑い




大笑い笑い大笑いが、 きらきら【運(雲)】きらきらを運んできます!!




大笑い笑い大笑いのエネルギーを超越するものなし!!








皆様に沢山の幸が導かれ、絶えない大笑い笑い大笑いが生まれますよう心よりお祈り申し上げます。




どうもありがとうございます。




大笑い大笑い






 【 Twitter を始めました 】 






~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞0~∞~1~∞~0~∞~




「今のあなたに必要と感じられる石」




~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞~0~∞~1~∞0~∞~1~∞~0~∞~




◎ 平和と希望、愛のシンボルマーク ◎

愛のロゴマーク(大)

こちらは、無料のロゴです。「大」、「中」、「小」の3種類ございます。詳細は写真をクリックして下さい。



2009年5月1日、「幸せを呼ぶバッジ」が楽天さんで販売開始となりました。

下記URLより商品の詳細がご覧頂けます。

http://my.auction.rakuten.co.jp/rms/mya/mb/profile?uno=ufYg3zY4T0u


「平和と希望、愛のシンボルマーク」に関する詳細は、「フリーページ・リスト」内をご参照願います。








Last updated  2010.07.02 02:38:19
コメント(6) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.