1050070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

志/源光

PR

X

Comments

王島将春@ Re:【 ラクシュミーさんの教え-1205】(12/14) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
一番下の絵の作者@ Re:【 ラクシュミーさんの教え-979 】(10/26) はじめまして 先日娘が私の描いた絵を検索…
inx1999@ ありがとうございます 志0122 様 早速のご対応ありがとうござい…
志0122@ 画像削除のお願い さん >この記事で使われている薔薇の写真は >…
画像削除のお願い@ Re:ことわざ と 天の教え -119(04/16) この記事で使われている薔薇の写真は 当方…

Category

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

よびりん語録 New! よびりん2004さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

【素直な心を考察す… New! おぎゃりん☆さん

潜龍の志は春の兆し… 【亞】2さん

ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2015.04.14
XML

【一粒万倍】

わずかな元手から多くの利益が上がること。。。
でもありますが
わずかなものでも無駄にしてはいけない、
という戒めの方が重要です。
物を大切にしているから、
わずかな元手から多くの利益が上がるわけです。



一銭を笑う者は一銭に泣く。。。
塵も積もれば山。。。
継続は力。。。
雨垂れ石を穿つ。。。


ものの扱い方や場所の使い方は、
その方のお心そのものを表している、
といっても過言ではないと思うのです。


ものの有難みを知って、それを大切に扱う方は、
その有難みを知っているからこそ、
ものを無駄にすることなく、ものと上手に接し、
ものを上手に扱うことができるのだと思うのです。
それ故に、ものから愛されるのだと思うのです。


ものの有難みを知らず、それを大切にせず粗雑に扱う方は、
 「古いものなんか捨てて、新しいものを買えばいい」
 「まだ使えるけど、新しいものの方がいい」
などのように、ものに対する感謝が無かったり、
ものの立場になっていないと思うのです。
それ故に、自分がものに対してしてきた姿勢と同じような現象が、
因果応報で自分も経験させて頂くことになると思うのです。


様々な「もの」が溢れる今の世の中、
「もの」を大切にしないことが
とても多くなっていると思うのです。


随分前の私と娘の会話です。


志  「 お前はパパとママのこと大事? 」

娘  「 うん! 大事♪ 」

志  「 そうかぁ~。ありがとう♪
     じゃぁ~、パパとママのこと大切? 」

娘  「 うん! 大切♪ 」

志  「 そうかぁ~、ありがとう♪
      じゃぁ~、何で【もの】を大切にしないの? 」

娘  「 ? ? ? 」

志  「 パパとママからもらった【もの】は、
     パパとママの気持ちが入っている【もの】なんだよ。
     それを大切にしないっていうのは、
     パパとママを大切にしていないのと同じなんだよ。
     誰かから頂いた【もの】は、
     それを下さった方の気持ちが入ってるんだよ。
     だから、頂いた【もの】を大切にしないということは、
     それを下さった方とか、その方の心を大切に思っていない、
     のと同じなんだよ。
       (仮に気持ちが入っていない【もの】だったとしても、
        「もの」に罪はありませんから同じですね。。。)
     買ったものも同じ。
     なんでも同じなんだよ。
     それに、【もの】にも魂があるし、生きてるからね。
     お前が【もの】だったとしたら、
     誰かに可愛がってもらえなかったら嬉しくないだろ?」

娘  「 うん。」

志  「 放っぽり投げられたりしても嬉しくないだろ?」

娘  「 うん。 」

志  「 だから【もの】は大切にしなきゃ駄目なんだぞ。 」

娘  「 うん! わかった!」

志  「 あと、捨てるときは、【今までありがとう♪】って言ってから捨てるの。
     そうすると、【ありがとう♪】っていう気持ちが【もの】にも伝わって、
     きっと、【もの】も嬉しいから。
     お前が【もの】だったら、【今までありがとう♪】って言われたら嬉しいだろ?」

娘  「 うん。 」

志  「 それと同じだぞ。 」

娘  「 は~い♪ 」



私たちが生かさせて頂く為に、
世の中には、便利な「もの」が沢山あります。
その「もの」の立場になって、
ありがたく取扱わせて頂くことは、
とても大切なことだと思うのです。


「もの」の心の目は、
きっと私たちの心を見ていると思うのです。


だからこそ、
自分が扱われたいように
「もの」を取り扱わせて頂きたいものですね。


その「もの」が喜ぶように大切に扱わせて頂く。。。
そういう「もの」に対する姿勢や、
「もの」に対する優しさや感謝の心が、
より良い「もの」とのご縁や出逢いを、
今ある「もの」が結び付けて下さるのだと思うのです。







「大自然に触れ合いましょう。常に笑顔でありましょう。
 人に、動物に、植物に、物に優しくありましょう。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201110040001/


「汝を愛してくれるものに最高のもてなしをせよ。
 それは家族であり、客であり、
 商品であり、自然であり、生物である。」(ビシュヌさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201109020000/


「愛することによって失うものは何もないのです。
 もっと家族を、そして人を、動物を、植物を、
 自然を愛さなければなりません。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201404150000/


「あなたが扱われたいように、他人を扱いなさい。
 汝が隣人からされたくないことを隣人に行ってはならない。
 隣人を自分自身として見ることで、
 人は正しい基準を得ることが出来る。」(ビシュヌさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201107150001/
  (「もの」も同じだと思うのです。)



※「太字」の諺とその解説部分は、よびりん♪さんこと、
 市川善彦さんのFBから引用させて頂いております。
 (市川善彦さんのご許可を頂いております。)



【女神経典】

【ラクシュミーさんの言葉】



一粒万倍01.jpg






Last updated  2015.04.16 05:32:52
コメント(0) | コメントを書く
[ことわざ と 天の教え] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.