1051322 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

志/源光

PR

X

Comments

王島将春@ Re:【 ラクシュミーさんの教え-1205】(12/14) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
一番下の絵の作者@ Re:【 ラクシュミーさんの教え-979 】(10/26) はじめまして 先日娘が私の描いた絵を検索…
inx1999@ ありがとうございます 志0122 様 早速のご対応ありがとうござい…
志0122@ 画像削除のお願い さん >この記事で使われている薔薇の写真は >…
画像削除のお願い@ Re:ことわざ と 天の教え -119(04/16) この記事で使われている薔薇の写真は 当方…

Category

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

よびりん語録 New! よびりん2004さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

【素直な心を考察す… New! おぎゃりん☆さん

今週は名古屋と東京… 【亞】2さん

ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2016.12.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「多くの人は、問題を回避するために
 より多くの時間とエネルギーを費やしているのです。
 解決するためにエネルギーは使うようにしてください。」



問題は、
自分の魂の修正や成長に繋がる必要なことだからこそ、
与えて頂いているものだと思うのです。


ただ無暗矢鱈と与えて頂いているものではなく、
天の無償の愛による偶然を装った必然で、
 その人にとって必要な問題を。。。
 その人にとって適切な時期に。。。
 その人にとって相応しい形で。。。
与えて頂いているのだと思うのです。


私たちの魂の修正や成長の為に与えて頂いている問題。。。
それはその問題を解決させて頂く為に与えて頂いているもので、
決して、回避する為に与えて頂いているものではないと思うのです。


それにもかかわらず、私たちは
自分勝手な自分基準のものごとの見方で、
 都合が良くないこと。。。
 やりたくないこと。。。
 したくないこと。。。
 目を背けたいこと。。。
などと感じたことについては、
何とかしてその問題を回避しよう。。。逃げよう。。。として弁解したり、
問題を無かったことにしよう。。。気付かなかったことにしよう。。。
などという思いを抱いてしまうことがあると思うのです。


時に、その抱いた思い通りに、
 回避することができた。。。
 逃げる事ができた。。。
 無かったことにすることができた。。。
 気づかなかったことにすることができた。。。
ということもあると思うのです。


しかしながら、
その問題を与えて頂いている理由は、
自分の魂の修正や成長の為。。。


裏を変えさせて頂くと、
自分の魂の修正や成長の為に、
解決しなければならない必要な問題。。。


その問題を解決しない限り、
魂の修正や成長に繋がらない。。。


その時こそは、
 問題を回避することができた!
 問題から逃げる事ができた!
と思っていても、
その問題は、
 解決しなければならない問題。。。
 乗り越えなければならない問題。。。
故に、
自ら解決し、乗り越えなければ、
何度でも同じような問題を与えて頂く、
ということになるだけなのだと思うのです。


つまり、与えて頂いている問題は、
決して逃げ切れるものではない、
のだと思うのです。


回避することができた!
逃げる事ができた!
と喜んでいても、それは単なるぬか喜びに過ぎず、
逃げ切れるものではないものから回避する為、逃げる為に、
更なる苦悩や苦労をすることになる。。。
その苦悩や苦労が無駄であることに気付くまで続く。。。
そういうことだと思うのです。



同じ労力であれば、
問題を回避する為に無駄に浪費するのではなく、
問題を解決する為に無駄なく活かした方が、
効率的で、前進すると思うのです。


決して逃げ切ることができない問題から
逃げる為、回避する為に労力を費やしても、
決して逃げ切れいないが故に、
無駄な労力を増やし続けるだけだと思うのです。


問題から目を背け、問題を回避、
問題から逃げる為に労力を浪費することは、
自分自身を貶めながら、魂の修正すべき点を増やす、
ということになると思うのです。


決して逃げ切ることができない問題なのであれば、
逃げずにその問題と向き合う。。。
そして、問題を解決する為に労力を活かす。。。


例え、直ぐに解決できなかったとしても、諦めることなく、
解決しようという前向き、積極的、肯定的な姿勢が、
問題解決への道を前進させていると思うのです。


そのような姿勢で問題を解決することができた時は、
その解決の為に活かし続けた労力を超える喜びに包まれるだけでなく、
自ら解決したという「経験」と「自信」という
エネルギーが自分を包むと思うのです。


その「自信」というエネルギーは、
新たな問題を解決する為の
原動力にもなっていくのだと思うのです。


問題と向き合い、問題を解決する為に労力を活かすことは、
自分自身を向上させながら、魂の修正や成長を促す、
ということなのだと思うのです。



問題を与えて頂いた時は「0」。。。
労力「1」をどのように使うか。。。
問題を回避する為に労力を浪費すれば「-1」に。。。
問題を解決する為に労力を活かせば「+1」に。。。


同じ労力「1」の使い方でも、その使い方が異なると、
その結果「2」の差を生み出していると思うのです。


それを繰り返していけば、
その差はどんどん大きくなってしまうと思うのです。


魂の修正や成長をさせて頂く為に、
地上という修行の場で生かさせて頂いている私たち。。。


修行の場で与えて頂いている問題は、
私たちの魂の修行の為に必要な問題故に、
回避するのではなく、解決することに
意識を向けさせて頂きたいものですね。


そうしなければ、
労力を無駄にしてしまうだけでなく、
人生そのものを無駄にしてしまいかねないと思うのです。


人生を有意義にさせて頂く為には、
問題を与えて頂けることに感謝させて頂き、
与えて頂いた問題と向き合い、
問題を解決する為の努力を楽しませて頂くくらいの
気持ちで過ごさせて頂くことが大切なのだと思うのです。


問題という扉を開ける(解決させる)鍵は、
その問題に対する自分の心のあり方に
あるのだと思うのです。



源光


幸運の鍵02.jpg


「苦しみや哀しみは、逃げたりせず、
 同化することで和らぎ、
 師とすることで、
 真実の世界、輝く世界への道が
 眼前に開けるのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201608120000/


「人生は、ハプニングが起きたときに
 面白さが出るか、投げ出すか、自暴自棄になるかで
 全く違う結果になるのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201605160000/


「同じ現象でも
 挑めばチャンス。。。
 逃げればピンチ。。。
 ただそれだけのことです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201505300000/


「過去を振り返りましょう。
 後悔するためではありませんよ。
 これからくよくよしないためです。
 「あのときはなんてばかなことをしたんだ」と思い出しましょう。
 そして「あのときはこうすればよかったんだ」という解決策を考えましょう。
 よりよい言葉、よりよい行動、よりよい考え方を、自分で発見するのです。
 次からそれを具体的に実行しましょう。
 頭の中だけで思うのではなく、必ず実行することが大切です。
 こうして以前、失敗したことも、成功するようになります。
 全てが好転していきます。
 欠点が長所となって輝き、理想的な人間へと修正されて
 素晴らしい人生となって行くのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201312270000/


「世の中の役にたたないことを
 いくら努力しても意味がありません。
 ただ努力だけという人は、
 エネルギーを無駄にしているにすぎないのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201412210000/


「一生懸命やりますとか、頑張りますでは、
 何をやってもうまくいかないのです。
 この仕事や勉強は何のためにしているのか。
 この仕事は、勉強はどういう結果に結びつくのか。
 それを考えながら、具体的に行動しなければいけないのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201409180000/


「苦難に直面したら嫌々耐えるのではなく、
 現状を受け入れて、前向きに耐えるのです。
 人は誰でも、逆転のエネルギーが内在しているのですが、
 これを使わずに嘆いてばかり。。。
 もったいないことですよ。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201312240000/



光が差し込む扉.jpg






Last updated  2016.12.09 13:39:55
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.