2016.12.13

【 ラクシュミーさんの教え-1204】

カテゴリ:カテゴリ未分類

「失敗してもその原因を追究したり、
 欠点を反省して改善していくことで、
 かえって成功に近づくことができます。」



失敗。。。


失敗を経験させて頂いた時は、
その失敗そのものにフォーカスしてしまい、
落胆したり、自暴自棄になってしまいがちですが、
それらを経験させて頂いているのは、
それなりの理由(原因)があるからだと思うのです。


それまでの自分の心のあり方や言動に、
 良心に背いていることがある。。。
 すべきことをしていないことがある。。。
 できることをしていないことがある。。。
 割愛すべきでないものを割愛している。。。
 ものごとの順番を大切にせず、気が急いている。。。
 先走り過ぎて、大切なものを見逃がしている。。。
など、
何らかの点において、人としてあるべき
正しい心のあり方に反していることがあるのだと思うのです。


そのことに自ら気付くことができるように、
そして、素直に反省・改善することができるように、
失敗という機会を与えて頂いているのだと思うのです。


失敗をした時は、
失敗を生じさせたその原因や、
その原因の元になっている
自分の心のあり方や言動にこそ
目を向けるべき時なのだと思うのです。


見方を返させて頂くと、失敗という経験は、
正すべきを正させて頂くことができる貴重なチャンス。。。
というでもあると思うのです。


失敗などの突発的なことが生じないと、
自分のことを冷静に、かつ、客観的に
顧みたりすることがない私たち故に、
突発的な境遇を与えて頂くことによって、
それまでの自分の心のあり方や言動に、
  おかしな点はなかったか。。。
  手抜きをしなかったか。。。
  順番を大切にしていたか。。。
  大切なことを省略しなかったか。。。
  驕れていなかったか。。。
  謙虚であったか。。。
  自分から逃げなかったか。。。
  自分に嘘を付いていないか。。。
  自分を騙していないか。。。
  自分を演じていないか。。。
  諦めなかったか。。。
  すべきことをしたか。。。
  できることはしたか。。。
  誠実であったか。。。
  良心に背いていなかったか。。。
などを自らに問い質し、素直に反省させて頂き、
正すべきを正させて頂くことができるのだと思うのです。


とはいえ、
 「これが失敗の原因だ。。。」
 「これが反省すべき点だ。。。」
と自分なりに答えを出してみても、
不完全で至らない点の多い私たちの答え故に、
必ずしも、それが失敗の理由(原因)に
なっているとは限らないと思うのです。


裏を変えさせて頂くと、
簡単に気付けるような原因であれば、
失敗する前に気付けると思うのです。


問題なのは、
 「これが失敗の原因だ。。。」
 「これが反省すべき点だ。。。」
と原因や反省点を見つけ出したことに自己満足してしまい、
原因を追究しなかったり、反省すべきを正しく反省しないなど、
安易に考えているその心のあり方が失敗を生み出していることに
気付いていないことだと思うのです。

 (それ故に、原因が追究されていない失敗や、
  反省すべきが正されていないその心のあり方が、
  更なる失敗を呼び込むことになるのだと思うのです。) 


不完全で至らない点が多いが故に、
修行をさせて頂いている私たちだからこそ、
日頃から、自分の心のあり方や言動が、
良心に従っているか否かを、自分で観察し、
顧みさせて頂くことが大切なのだと思うのです。


日頃から自分を観察し、自分を顧みさせて頂く。。。


そういう習慣を正しく身に付けさせて頂くことによって、
  手抜きをしなくなり。。。
  順番を大切にするようになり。。。
  大切なことを省略しないようになり。。。
  驕れることが少なくなり。。。
  謙虚であることが多くなり。。。
  自分と向き合うようになり。。。
  自分に素直になったり。。。
  自分を尊重したり。。。
  自分を信じたり。。。
  自分らしくなったり。。。
  自分の信じる道を歩むようになったり。。。
  すべきことは、後回しにせず、その時にしたり。。。
  できることは、後回しにせず、その時にしたり。。。
  誠実で真面目に過ごすようになったり。。。
  良心に従って過ごすようになったり。。。
と、より良い人生を過ごさせて頂くことが、
できるようになるのだと思うのです。


それもこれも、
失敗という突発的に与えて頂いた境遇があってこそ、
なのだと思うのです。


意味も無く失敗を経験させて頂いている、
ということはないと思うのです。


何らかの意味があって与えて頂いている失敗だからこそ、
その失敗をどのように受け止め、
その失敗とどのように向き合い、
その失敗をどのように活かさせて頂くのか。。。
が大切なのだと思うのです。


それは私たちの心のあり方次第だと思うのですが、
その心のあり方次第で、「失敗は成功のもと」になって、
成功を手中に収めさせて頂くことができ たり、
より良い人生を過ごさせて頂けるようになることもあれば、
「失敗が更なる失敗を呼び込む」こともあると思うのです。


この世的には、
 辛さ、苦しさ、悲しさを齎す失敗。。。
 不平不満、怒り等を感じてしまう失敗。。。
であったとしても、
人知の及ばない深遠なる天のお取り計らいは、
私たちにとって、大きなチャンスになっている、
ということを忘れてはいけないのだと思うのです。


不完全で至らない点の多い私たちが
失敗をするのは極自然なことだと思うのです。


失敗したその時に、
失敗を反省せずに、失敗したままにする。。。
なぜ失敗したのか、その原因を考えない。。。
その心のあり方や生き様こそ【本当の失敗】であり、
【失敗】を生み出す大きな原因なのだと思うのです。


失敗したその時に、
 失敗をそのままにせず、素直に反省して、正そうとする。。。
 同じことを繰り返さないよう原因を追究する。。。
など、失敗という経験を糧にして、より良くしようと、
努力、探究するからこそ、成功を引き寄せ、呼び込むことになり、
未来が拓けてくるのだと思うのです。



欠点。。。


不完全で至らない点が多いが故に、
修行をさせて頂いている私たち。。。
それは、欠点のない人間はいない。。。
ということでもあると思うのです。


自分の欠点を自ら素直に認め、
欠点が欠点である理由を正しく知り、
それを克服させて頂く。。。


その結果、当初は欠点であったものが、
長所としてその姿を変えていくのだと思うのです。


時に、不完全で至らない点、
欠点のある人間であるにもかかわらず、
「欠点は長所。。。」
と仰る方がいると思うのです。


自らの欠点を素直に反省し、
良心に従って修正された方にとっては、
修正された時点で初めて「欠点は長所」になると思うのですが、
自らの欠点を認めず、反省もせず、正そうともしない方が
「欠点は長所」と仰られても、自らの欠点を認めない、
反省しない、正さない、というその心のあり方、言動、生き様こそ、
その方の大きな「欠点」だと思うのです。
それを自ら露呈しているに気付けないからこそ、
「欠点は長所。。。」という自分に都合の良い
主張をしてしまうのだと思うので す。


それ故に、欠点は欠点のまま。。。


何ら改善されないどころか、
欠点を認めないことに意固地になっているが故に、
かえって自ら欠点を強調し、欠点を増やしてしまっている、
ことにもなりかねないと思うのです。


それが長所であろうと、短所であろうと、欠点であろうと、
自分を知ることに努めさせて頂き、
どんな自分をも素直に受け留め、認め、
反省すべきは、良心に従って素直に反省させて頂き、
正すべきを良心に従って正させて頂く。。。


それが長所をより長所たらしめ、
短所を克服させ、欠点を長所にさせる
心のあり方なのだと思うのです。


魂の修正や成長をさせて頂くことを目的、目標として
地上という修行の場で生かさせて頂いている私たちにとって、
 自分の欠点を知ることができないまま。。。
 自分の欠点を知ろうともしないまま。。。
 自分の欠点を正すことができないまま。。。
 自分の欠点を知っても、それを反省し、正そうとしないまま。。。
天に帰還することになってしまっては、
大後悔することになってしまうと思うのです。


後悔先に立たず。。。
大後悔しても時すでに遅し。。。
ということになってしまわないように、
ありのままの自分自身と向き合い、
自分の欠点や至らない点と向き合い、
それらを良心に従って素直に反省させて頂き、
心正しく修正させて頂く。。。


そのようにして成長させて頂いたとき、
私たちの心は生まれ変わっていると思うのです。


心の生まれ変わりと共に、
今生という人生の新たなスタート地点に立った、
ということでもあると思うのです。


魂の修正や成長を目的として、
地上で修行をさせて頂いている私たちにとって、
心が生まれ変わることや、
人生の新たなスタート地点に立つことは、
大成功なのだと思うのです。



失敗も欠点も、素直に認め、受け入れ、向き合い、
反省すべきを素直に、正しく反省させて頂き、
改善すべきを正しく改善させて頂くことによって、
成功に繋がることに変わりはないと思うのです。


ただその失敗や欠点を、
成功への道標にすることができるか。。。
それとも、
更なる失敗や欠点を膨らませる道標にするのか。。。
は私たちの心のあり方次第なのだと思うのです。



源光


失敗は成功のもと04.jpg


「過去を振り返りましょう。
 後悔するためではありませんよ。
 これからくよくよしないためです。
 「あのときはなんてばかなことをしたんだ」と思い出しましょう。
 そして「あのときはこうすればよかったんだ」という解決策を考えましょう。
 よりよい言葉、よりよい行動、よりよい考え方を、自分で発見するのです。
 次からそれを具体的に実行しましょう。
 頭の中だけで思うのではなく、必ず実行することが大切です。
 こうして以前、失敗したことも、成功するようになります。
 全てが好転してい きます。
 欠点が長所となって輝き、理想的な人間へと修正されて
 素晴らしい人生となって行くのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201312270000/


「あなたが自分の最大の欠点を修正できるならば
 そこから、あなたの本来の人生が始まります。
 それまでは助走期間に過ぎない人生です。
 助走のみで還って来た人は、
 一人の例外なく後悔の念にとらわれます。。。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201501060000/


「挫折、失敗、事故の原因は、
 挫折、失敗、事故そのものよりも興味深いのです。
 それを招いた原因を掘り下げてみましょう。
 これからの人生を実り多いものにするために。。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201406240000/ 


「原因のない結果はありません。原因を探求し続ける力が、
 人を発見者にも偉人にも成功者にも覚者にもするのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201405040000/


「身の回りで起こる、どんな良い事も悪い事も、
 自分に無縁なものはありません。
 全てに原因があるのですから、
 今から善因の種を撒いて生きていけばよいのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201312200000/


「過去の体験を「宝物」にするも、「ごみ」にするも
 自分自身の「心」次第ですね。
 みんな悩んで大きくなっていくのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201209170000/


「あなたの現在は、あなたの過去の総決算。
 現在の自分を真剣に、反省してまだ欠点があるというならば、
 それはこれからの人生において、学ばなければならない
 宿題が残っていることを示すのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201303170000/


「事を行った結果の失敗は
 成功の種となって、後で花開きます。
 事を行わなかったことは、
 後悔の種となって、後々まで無念の尾を引きます。」(ラクシュミーさん)
http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201501070000/


「人生とは試行錯誤の過程である。
 なんらの過ちもおかさない人は、何もしない人である。
 汝は、失敗と挫折から学まねばならない。」(ビシュヌさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201107260000/


「人生は、ぶっつけ本番のリハーサル無し。。
 これで失敗するなというのが間違いです。
 失敗しない人間は皆無。
 あなただけが失敗したのではありません。
 大損したのでもありません!!
 人は失敗から学ぶ動物です。
 「あの時ああすればよかった。。」
 そうです。ああすればよかったのです。
 しっかり学び取って次に活かせば良いのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201402100000/


「人間は努力する限り失敗したり過ちを犯すのです。
 しかし失敗から学び、過ちを修正して夢を叶えることもできます。
 失敗なんかしたくないし、過ちも犯したくなければ、
 努力しないでノンビリしていればいいわけです。
 ただし夢が叶うことは決してありません。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201406170001/


「誰でも間違いを犯します。
 なんでこんな間違いをしてしまったのか!!
 と悩み苦しむ人も多いのですが、
 消しゴムを持っている人は、サッサと消してしまいます。
 消しゴムは、それぞれ。。。
 あなたも事前にお気に入りの消しゴムを
 用意しておけばいいのです。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201411290001/


「人生は、三歩進んで二歩下がる。。
 このくらいが一番いいのです。確実に前進しています。
 寄り道をしたり、振り出しに戻ったり、失敗したりするのは、
 決して無駄ではありません。
 成長していくには、そういったことがとても大切です。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201311220000/


「人生で遭遇するすべての出来事には意味があるのです。
 生きていくこととは、その意味を理解することに他なりません。」(ラクシュミーさん)
 http://plaza.rakuten.co.jp/willmyself/diary/201407010000/



失敗は成功のもと01.jpg


失敗は成功のもと02.jpg





TWITTER

Last updated  2016.12.21 15:50:24
コメント(0) | コメントを書く