112810 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

だめだめナースな日々語録


33l.jpg

 ご訪問ありがとうございます。
 windbagです。
 看護師って自分にむいてないと思い続ける日々。とはいえ免許もあるし他に芸はなし。
 無責任に仕事はしておりませんが辞めたい病は慢性化。
 私の日々のだめっぷり&愚痴をご覧下さい。

Thanks to
January 15, 2007
XML
カテゴリ:お仕事
衝撃的なことが夜勤であったんです。
忘れるところでした、という精神の持ち主な私って、かなりどうかと思います。


何かが麻痺してるかも…。


私はチーム員ではありませんでした。
大部屋に不穏(一時的なボケみたいなもの)のじいちゃんがいました。

2年目の子が受け持っていたじいちゃん、5リットル酸素吸入の必要があったのですが…
夕方からごそごそしまくりです。

ナースコールを自分で押してくれる様子はなかったのでセンサーを設置してナースコールが鳴るようにはしてありました。
酸素つけてください、つけないっ!という攻防が延々続いていました。

じいちゃんもなかなか負けていません。
そのうち、自分で酸素を止め、センサーのスイッチまで切るようになってしまいました。




…部分的にしっかりしているあたりがとても危険。

2年目ナースとじいちゃんのいたちごっこは突然終りを告げました。




2年目「windbagさん、もうダメです。抑制します、全然酸素してくれません、勝手に酸素オフにしてるしっ」


私「きっと興奮するでしょ、不穏時の指示先にいって、少し様子見てそれからにしたら?」


と言いつつ、一応抑制の準備をして既に他の患者さんが寝静まって暗い病室に2人で行ったところ…



案の定、酸素もせずにベッドサイドに立っています。


「…あれっ!?点滴が」(゚Д゚≡゚д゚)
と、2年目の子。

点滴のルート切れてます、綺麗に。  
Σ(・ω・;|||


で、本人側見たら、切れたルートのもう一方がぶら下がり血がぼたぼたぼた……おいっ!


「あっ、どうしたの!?とにかく点滴抜きましょう」

「どうしたもこうしたもあるかぁっ!」ヽ(`д´)/
やや興奮気味。




手を見れば、はさみっ!!!(lll゚Д゚)



げ…隠し持っていたか…ていうか、持たせていた家族、どうよ。




しかもしかも、どうしてやたら尖ったはさみなのっ!?


せめて先の丸いのだったら…









「危ないから、はさみ置いてくださいね」




「置けるかっ!もう一本あるはずだっ、それを探している」



いや、一本でいいでしょ。
充分です。

それに、声でかすぎです。











「他の方寝てますから、静かにしましょう」





「ぁあ”?寝ている場合じゃないっ!おいっ!みんな起きろっ!」















…はさみはさみ…


でも、とりあえず、左手に入ってた点滴だけは抜かせてくれました。


はさみは右手…。

こっそりとろうと右手にちょっと触ると、もっと凶暴に…。


「ここ病院ですよ、わかる?」



「おー!よくなろうと思ってきたのに、こんなところだとは思わなかったっ!ガスを吸わせやがってっ!」


Σ(・ω・ノ)ノ



それ…酸素ですけど……。

タイミングを見計らって、2年目の子はさみをとろうとしたら(勇気あるというか無謀というか…)さっと左手へ持ち替えました。

じいちゃん、意外と機敏。

でも、更に興奮です。



はさみ危ないからっ、こっちに向けないでぇっ!

「お前ら俺を殺す気だなっ!」




いえいえ…逆でしょ…。




結局、埒があかないのでもう一人応援を呼び、3人がかりでがっつり押さえつけました。

抱きつきたくもないじいちゃんにこれでもかとばかりに抱きつき、腕も肘の関節が動かせないようにしましたが…指にはめたはさみはなかなかぬけませんでした。







でね、がっつり押さえたはいいけれど、火事場の馬鹿力というか、じいちゃんすごい力で抵抗するので、誰も動けません…。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛

「殺される~!!!」ヽ(`Д´)ノ



という叫び声が虚しく響きます。



ナースコールをかろうじて1人が押すけれど、何故かぶちっと切られます。

押しなおして呼べども呼べども誰も来ません…。(゚Д゚)




…新卒がもう1人いるはずなんですけど…あっち、それほど忙しくないはずなんですけど…何やってるのっ!?と3人とも切れそうです…。(-_-メ)





当分経ってから、やっと来ましたけど…。









誰も怪我することなく、はさみを取ることができました。
で、もちろん抑制。部屋替えです。夜中です。



あとで、新卒に聞いたら、ナースステーションにいたけど、ナースコールを何度か切ったと…何やってんの…。




見に来いっ。




叫び声も聞こえなかったそうです。












どんな広い病棟よっ。



それまでも何度も鳴ってたけど、自分の受け持ってる部屋じゃないけど、ナースコール…鳴ったら取れ。そして来い、と思いました。


「患者さんの息止まってたらどうするの?」と言っても「はい…」と俯く…。










春にはまた新卒が来るっ…そしてベテランさんがやめていく噂もちらほら…




こわすぎです。
(ノД`)









じいちゃんが元いた病室には、血がぼたぼた散っている床と床灯台とはさみが残されていました。

どんな傷害事件の跡ですか…みたいな。



疲れました。






Last updated  January 15, 2007 02:24:11 PM
コメント(12) | コメントを書く

PR

Profile


windbag

Calendar

Category

Favorite Blog

猫のあくび 北 猫さん
*まれーすたいる i… emk_2さん
いろんなこと もっつんつんさん

Comments

 windbag@ Re:初めましてo(^-^)o(07/28) ケロロのケロたんさん ふっ…古い記事にコ…
 ケロロのケロたん@ 初めましてo(^-^)o わたしもそんな人、最近勤め始めたとこに…
 windbag@ Re[1]:ショッキングぅ。(01/15) Ann3221さん レスが遅くなってごめん…
 Ann3221@ Re:ショッキングぅ。(01/15) ありえな~い!!! 不穏の患者さんがい…
 windbag@ Re[1]:ショッキングぅ。(01/15) -ともりん-さん どこでも起こりえます…
 -ともりん-@ Re:ショッキングぅ。(01/15) お疲れ様です・・・。 なんとも、すぐに…

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.