000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Windful

PR

X

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

強風…そこそこ怒ること

2011.03.29
XML
昨日、常務理事の慰労会で「反省」を口にしていたH主事。



相変わらずで、口ばっかり!
自分の担当の仕事を、きちんとしないでさっさと帰ってしまった。

本当に腹が立つねぇ。

軍の指揮を執らせたら、指揮官不良で小隊全滅だよ、これは。
(決して、中隊長以上の能力があるとは思えない)






最終更新日  2011.03.30 04:25:53
コメント(0) | コメントを書く


2011.02.15
何かと問題の多い、H氏。
小生が研究所に入ったときに、現在小生が就いている管理職になったのだから、まあ随分と長い時間同職にいるのだが、とにかく仕事を人に放り投げて、ついでに失敗の責任も人に放り投げる。

昨年度末に科研費で疑念の出張をしているのだが、すでにバレバレなのに本人はあくまでも白をきりとおしている。



…なのにねぇ、その証拠となるような領収書を平然と出してくるんだものなぁ。。。
迂闊としか言いようがないねぇ。

もっとも、直接の証拠とするにはも少し固めなければならないのだが。






最終更新日  2011.03.30 03:41:53
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.10
今日は、御茶ノ水の研究所。

まぁ、自分の担当の仕事の他に、相変わらず自分の仕事を放り投げてくる不逞の輩がいるものだから、忙しかったねぇ。



…自分の仕事をきちんとこなさないのに、言うことだけはえらい。えらいもんだなぁ(怒)






最終更新日  2011.03.30 03:07:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.25
今日は我が研究所の研究員総会。
従って、K大は休講。

研究所は狭くて全員参加の会議が出来ないので、別に会場を借りて13時から3時間。
昨年よりも1時間多めにとってはいたものの、時間が足りなかった。

原因の一つは…H主事だねぇ。
司会者だったのだけれども、余計な感想や情感を様々な説明の間に挟むものだから、最後の方で小生が諸手続の説明をする時間がほとんどなくなってしまった。

なんのために、貴重な時間を割いて研究員総会を開いているのか、判ってるのかなぁ???






最終更新日  2010.08.23 00:04:47
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.02
ウニちゃん(久々だねぇ!)の提出した業績報告に、虚偽(査読なし業績数本を査読ありとしてきた!)があったので、他にも類例がないかと、火曜日にメールにて全研究員に一斉点検を指示した。
我が研究所では、年度の業績報告は人事手続の一環としているので、虚偽の報告は問題が大きい。

そうでなくとも、研究職の世界では、現在、業績の査読の生むが大きな評価のポイントとなっているので、査読なし業績を、査読あり業績と報告するのは、質が悪いと言うしかない。

もっとも、ウニちゃんのことだから悪意のものではなく、自分が出した業績が査読を受けているものかどうかも理解できていなかったことは容易に想像できる。

もっとも…確認の指示を出したら、1時間ほどですぐに「間違いでした」とメールしてきたところを見ると、分野違いで知っている者がいないとタカをくくって虚偽報告をした可能性も否定できない。。。。。



その「間違いでした」メールは、まず小生の個人アドレスに着信し、別に打ったメールが所内のオフィシャルアドレスに着信した。その後、小生の個人アドレスに数度、この関係のメールが着信。

一応、公式の手続でもあるし、人事手続とは言っても業績の問題は公開情報となるべきだから、個人メールというのはいかがなものかと思う。

それと同時に、ウニちゃんのメールに必ず「本件では、大変な御心配をおかけ致しまして…」とあって、カチンと来ていたので、本人の錯誤を詫びる文面に「御心配…」とは誤用ではないか?、と少々怒りのメールをしておいた。もちろん、返信無用にて(苦笑)
(心配なのは、ウニちゃんではなく、ウニちゃんも一因となって斯界でかなり下げられてしまった我が研究所の評価。。。)



ウニちゃん、国文学出身。本来ならば、日本語がもっと理解できていてよいはずなのだが。。。






最終更新日  2010.06.03 04:41:06
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.28
3時限目の講義。
いつも6~7人の出席があるのだが、今日は3人しかいなかった。

そのまま、通常の講義をしてもよかったのだが、自著を教科書として使ってもいるし、まぁ少人数でやっていることもあったので、急遽内容を差替。

ちょうど、パワーポイントでスライド投影をしようと準備していたので、昨年のGW明けに見せたニューヨークのレポートを見せて、講義していることが日本ばかりでなく、世界的に日本研究の上で注目され始めていることを話して終わり。

4時間目の講義は、窓側後方で携帯をいじっているらしき学生がいたものの、上手く確認できずに終わってしまった。
彼だけだったねぇ、講義終了後に余ったプリントを持ってこなかったのは…こういう態度不良者は大抵クロなのだが。。。

帰路、そごうでコーヒーを購入。
店員が随分と入れ替わって不慣れな所為もあるのだろうか、ファア商品を含む一定額以上を購入したのに、貰えるはずのマグカップが渡されなかった。

マグカップ、わりあいと持っているから別段なくても良いのだが、でも、店頭に書いてあることがきちんとこなされていないっていうのは、客としてなんとなく気分が悪いねぇ。

我が財団の、外部者への対応はどうだろうか?
急に心配になった。。。

他人の振り見て和が振り直せ、を実感した次第である。






最終更新日  2010.05.31 08:30:37
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.18
来週火曜日の役員会のために、事業報告書案を作成。

…ただし、裏付けとなるべき決算報告書案が手許になく、困った。。。

本来、この仕事はH主事の所管で、同主事が作成するべきものだが、地元の、というよりは自身の所属する教団の仕事が忙しいらしく、財団の仕事はいつも二の次で、ギリギリになってからでないと動かないか、こちらに放り投げてくる。
さすがに決算報告書案はH主事本人が作っているが…上記次第でまだ届かず。。。

H主事曰く「いつもの通りで、作ってよ」とは言うものの、裏付けがなければネェ。

何のために、本来H主事が所管すべき他の仕事を小生が引き受けて、役員会と主務官庁・公益法人改革のみを担当してもらうようにしたのだか。。。






最終更新日  2010.09.30 22:02:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.23
我が研究所のH研究員、とにかく諸事いい加減。
口は達者で、高邁なことを仰るのだが、肝心なところはちゃらんぽらんで…事務局のみんなが困っている。

お国のお金で研究しているのに、まずはこちらの通達は読まない、交付関係や報告関係の書類はフォーマットを送っても「どこかへ行ってしまったから、もう一度送ってくれる?」、経理報告には「自分で把握しているのとは違う」などなど。。。

毎月、経理報告をしているのだけれどもねぇ。
手続書類が不具合で、経理計上されないものがあることを伝えているのだけれどもねぇ。

なんで、そういい加減なのかねぇ!(怒っ)



これが、事務局の管理者を兼任しているとは、全く持ってトホホである。。。






最終更新日  2010.08.22 03:10:16
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.18
K女子大の講義で、パワーポイントを使うことがしばしばあるのだが。。。。

PCの起動は遅い、デバイス(スティックメモリー)を挿すと余計なソフトが立ち上がるので、一々それをキャンセルしなければならない、しかもその余計なソフトの影が幽霊のように画面上に表示され続ける、当然ながらそれが常駐ソフトなのだからパワーポイントのアニメーションの動きなどが遅くなる…と、いつもイライラしながらの使用なのだが。。。

今日は、その余計な常駐ソフトの関係で、パワーポイントそのものが起動しなくなってしまった(涙)

こちらは、パワーポイントを使う予定で、講義の準備をしているのだけれどもナァ。。。



今秋は、ウィルス感染もさせられたし、その後のセキュリティ通知の様子を見ても、どう善意に解釈した所でPCが判る職員がいないよねぇ。。。
つまり、PCやAVシステムを構築するときに、業者の言いなりになっているということだ。



トホホ、である。






最終更新日  2010.02.28 02:20:23
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.10
本年度の科研費の応募作業は本日終了。

16時に事務局から各種目の電子申請データを学振に送信し、いじめの根元文科省への報告書類も電子提出して、ホッと一息。

それにしても、今年度は応募も多かったけれども、例のS研究員を初めとしてひどい応募者も多かったねぇ。
とにかく、公募要領も各応募書類の作成要領も読まずに書類を作成して、「後は事務局で手を入れて」というのもそこそこあったからねぇ。。。

こんな自覚のないことでは、不正使用も増えるわけだよなぁ。。。






最終更新日  2010.01.31 20:56:14
コメント(0) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.