000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Windful

PR

X

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

三国風…僧侶の仕事の話

2011.07.11
XML
今日は、中野の寺の施餓鬼。

亡父の七回忌の際に呼ばれてから、毎年かよって7年目。早いねぇ。
今年は十三回忌をしてくれた。

まぁ、ちょっとしくじったので、悄げているのだが。。。






最終更新日  2011.08.31 23:50:56
コメント(0) | コメントを書く


2011.07.10
いよいよ、東京盆である。

今日は、午前中、東京の檀那に棚経。

帰宅後、車で悪友兼共同研究者のI関係の所に行ったら…一週間間違えていた!
来週ですね、はい。






最終更新日  2011.08.31 23:48:23
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.11
K女子大の帰路、2月に連絡のあった中学の同級生の親父さんが「話がしたい」というので、その同級生の自宅によって帰宅。
30年ぶりに行ってみると…路に迷うものだねぇ。。。

親父さん、亡父と同様に末期ガンですでにかなり進んでいる様子だったが、とにかく葬儀と後のことについて不安を払拭したかったらしい。
「寺院の檀家にはなりたくないが、葬儀はして欲しい」という希望の人が最近増えているが、この親父さんもそうである。実家は福島のK市で仏壇屋だったということなので、寺院の内情もよく知っているからなのだろうか。少なくとも、葬儀の費用やその後の費用のことなど、経済的な負担を残された家族に与えないようにと深慮してのことだということは、今日の話を聞いてはっきりした。

檀務でもっている寺院は檀家を基本的な収入源としているから、何かあると檀家に費用負担がかかってしまうのは致し方ない。これを否定すると、寺院そのものが成り立っていかないのだが、その一方、檀家であることに苦痛を感じるひとびともいる。

僧侶としては、判断の難しいところである。






最終更新日  2011.08.31 22:22:11
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.04
20年近く会っていない、中学の同級生から電話があった。

なにやら父君の具合が思わしくなく、いざというときにどうすればよいかと言うことだった。
この手の話が入ったときには、常にまず家の宗旨と知っている寺があるかを聞くことにしている。
「田舎から出て来て、こちらに知っている寺がない」ということであれば、田舎の寺の繋がりがあるかというのも大事なことなのだ。

もし、それがないというのならば「田舎の宗旨に合わせてはどうか?」と聞く。

「それよりも、知っている鱸に…」ということであれば、残念ながら小生一代は面倒を見られるが、その後の保証ができないことを話し、「それでもお願い」ということであれば、初めて小生が請け負うことにしている。



まぁ、名目住職でも、実際には寺なし、弟子なしだからねぇ。
生きる時間に限りはあっても、御魂の時間には限りがないから、小生限りしか面倒を見られないというのは、こちらとしても申し訳ないのである。。。

でも、まだ話の限りでは元気のようだし、もう少し考える時間があるのではないかなぁ?






最終更新日  2011.03.30 02:11:44
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.03
正月三ヵ日の最終日、三朝祈祷を済ませ、お節を食べて、箱根駅伝。

惜しいかな、母校は3位。
まぁ、今年は接戦が多くて見応えがあったねぇ! 諸大学の各選手の健闘を讃えたい。

駅伝を見終わった後、毎年の如く、15時頃に湯河原の師匠のところへ年賀に出発。
小生自身は喪中なのだが、岳父の喪中ということでこれは俗縁のもの、師弟関係は出家者の関係だから俗縁の喪は無関係という建前がここにはたらいている。

師匠のところを出たのは、22時過ぎ。
湯河原22時25分の電車に乗って…今年は寝過ごさず、無事に大船で乗り換えられて、23時半頃帰宅(ホッ)

これで、毎年年頭の恒例行事は終わりである。






最終更新日  2011.01.04 04:24:20
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.08
11月8日は毎年恒例、湯河原の師匠のところで鬼子母神祭。

今年も手伝いに行ったのだが。。。

お札の準備が間に合わず、そちらを手伝っている内に法要が始まってしまい、今回は持っていった法衣を着けることもなく終わってしまった!



まぁ、こういうこともあるのだねぇ。。。






最終更新日  2011.01.02 02:41:26
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.20
彼岸の入りの今日、研究所の同僚N氏の寺の彼岸会に、毎年の如く随喜。

今年は、特に問題もなく?終了。
御子息が、だんだんと手伝えるようになってきて、将来が楽しみである。






最終更新日  2010.10.31 23:30:21
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.19
今年の秋分は9月23日なので、彼岸の入りは明日なのだが、一足先に今日拙宅の彼岸をした。

今年の彼岸は、どうも上手く予定が組めず、高校の同級生「おつけもの」には連絡ができずじまい。

さぁて、明日から、本格的に彼岸だぁ。。。






最終更新日  2010.10.31 23:25:15
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.19
研究所の同僚N氏のH寺の施餓鬼。

今年のお盆の前半戦の終了である。

あとは、8月はじめにある、本寺の施餓鬼を残すのみ。。。



あぁ、我が家の施餓鬼が月遅れであったか。なんか、姉一家(=トリプル颱風)は、少し早めに来ると言うことらしいが。。。






最終更新日  2010.07.27 02:49:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.18
昨日に続けて、棚経である。

今日は、藤沢の1軒と、悪友兼共同研究者Iの「ばあちゃん家」と実家の3軒。

昼過ぎに出て、22時頃に帰宅。



これで、今年の棚経は終わり。






最終更新日  2010.08.28 07:28:20
コメント(0) | コメントを書く

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.