000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【ウマーで】一升瓶ワイン専門スレ【バカ安!】...のまとめ

全121件 (121件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

誘惑のシャドウ

2021.03.24
XML
カテゴリ:誘惑のシャドウ
今回作ったアンプは負帰還を掛けていない。

そのままナマの音だ。

実はNFBを6dBかける予定で配線したが

ダミーで付けたセメント抵抗が

唸りながら発熱していたので諦めた。

スタガー比をなんとかすればよかったのかもしれないが

面倒くさいので諦めてしまった。



ビーム管接続のPPではダンピングファクターが

極端に小さくなるのは知ってのとおりだ。

出来れば古典的な設計のバスレフ型スピーカーが

相性の点で良さそうに思えるが

当方が持っているのはダブルバスレフと

バックロードホーンという、

アンプ泣かせのSPシステムしか持ち合わせがない。

音の相性からとりあえずバックロードホーンをチョイス。



では早速鳴らしてみよう。

選択した音源はコチラ



DREAM THEATERの初期の名盤だ。

音質も良い。

では早速聴いてみよう。





灯が入るといい感じになる。

これが真空管式アンプの醍醐味だ。

で、問題の音質だが...



 (´・ω・`) <ん?

想像していた音質とは大分違う。

6V6GTの互換管という先入観かもしれないが

まったりマッシブな音質だ。

もっと軽快で元気の良い音を想像していただけに

ちょっと肩透かしを食らった感じだ。



実はコッソリ6Н2Пの民生互換管

しかも高信頼管である6N2P-EVを購入してあったので

交換してみた。



ダークグレーのプレートが6Н2П、

シルバーのプレートが
6N2P-EV

差し替えてみると違いは歴然。

一気に音が前面にガンガン出てくるようになった。

バックロードホーンとも相性バッチリだ。

当分はこの組み合わせで様々な音楽を

(と言いながらマニアックなものしか聴かないがw)

聴きまくってみようと思う。



如何だってでしょうか。

長きに渡り読んでくれた方々有難うございます。

真空管アンプいいでっせ。

今度パワーアンプ卒業記念作品を作るので

期待して待っててね。



 (´・ω・`) <いつになるかわからないけどね...






Last updated  2021.03.24 06:00:09
コメント(2) | コメントを書く


2021.03.22
カテゴリ:誘惑のシャドウ
電源を入れる前にやるべきことをまとめておこう。

1.誤配線がないかを実体配線図と比較照合し、確認する。

2.導線くずが無い事を、シャーシをひっくり返したり揺すったりして確認する。

3.半田漏れがないか、素子を揺すったり目視で確認する。

4.適切な値のヒューズが取り付けられていることを確認する。

5.SP端子に8.2Ωのセメント抵抗をセットする。



真空管はまだ挿入しないでおく。

また結束バンドで配線を固定したくなるが

万が一誤配線があると、やるせない気分になるので

動作チェック後のお楽しみに取っておこう。



まず電源を投入して異臭や発信音、煙が出る等の異常がないか

素早く確認する。

その後、ヒーター電圧とB電源を確認する。

B電源は高めに出るはずだ。

素早くメモしておこう。



そして電源を一度切ったら

いよいよ真空管の登場だ^^

MT管の場合、ピンが真っ直ぐになっていない場合がある。

今回買った6Н2Пと6Н3Пはもれなくぐにゃりと曲がっていたw

真空管を様々な方向から見て、

どの位置で見てもピンが曲がっていないか確認しよう。

万が一曲がっていたらラジオペンチで曲げて修正する。



難なく真空管がセット出来たらいよいよ電源投入となる。

先程と同様に、異音、異臭、煙が出ていない事を確認し

問題なければヒーター電圧、B電源の各段の電圧をチェックする。

設計時と5%以内の電圧に入っていればとりあえず音は出る。

あまりにかけ離れていたら、その電圧をメモに取り

早々に電源をOFFにする。

B電源の抵抗値を変更しなければならない場合もあるので

実測電圧から実際の電流値を算出し、

その電流値を元に抵抗値を逆算する。

抵抗はドンピシャの値を買うより

パラで使うことを前提に、

その前後の抵抗を買っておけば安心だ。



例:算出して出てきた抵抗値が3,450Ωだとする。

近似値だと3.3Kオームを使うことになるが

それを止めて5.6KΩと8.2KΩ/9.1KΩ/10KΩを購入し、

それぞれパラにして3.3KΩ/3.4KΩ/3.5KΩを得る、

という方法。お金はかかるがその都度買い足すより便利だ。



B電源が設計値と変わらなくても注意することがある。

スピーカー端子に取り付けた抵抗が熱くなっていたら

発振している可能性がある。

発振の原因を探っておこう。

またこの抵抗をテスターで測定し

(AC電圧に設定)

一定の電圧があればハムが出ている可能性がある。

AC線とシグナル線が接近していないか確認しよう。



異常がなければいよいよスピーカーと接続という事となる。

胸が高まる瞬間だ。



Part8に続く






Last updated  2021.03.22 06:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.20
カテゴリ:誘惑のシャドウ
では早速結線していこう...

となる前に、必ず行わなければならない事がある。

実体配線図を書く事だ。

これを怠ると回路図と実際の配線状態を

常に考えながら配線しなければならない。

後から「こうすれば良かった」「ああすれば良かった」と

必ず後悔することになる。

そもそも実体配線図が無いと

間違いの元だ。



しかしその実体配線図が間違っていると

それはそれでとんでもないことになる。

慎重にシャーペン等消せる筆記具で書いていこう。

こんな感じで書けばいい。



他人に見せるものではないし

自分がわかればよいだけの話なので

臆せずに書いてみよう。

この例のように「入力~初段」「初段~位相反転段」「出力段」「電源A/B」と

分けて書くと分かりやすい。



この場合気をつけなければならないのは

「どの実体配線図にも書かれていない配線が生じてしまう事」

だろう。

取り合い部は抜けの無い様に注意したい。



実体配線図を元に配線をしていこう。



一般的に言われている通り、AC線はキッチリ撚っておく事が肝要だ。

シグナル線との見分けも付きやすくなり、

ハムも軽減されて良いこと尽くめだ。



アースはいわゆる「一点アース」にしてある。

錫メッキの単線を真横に這わせて、

それをアンプ中央の未塗装部分に接地してある。



実体配線図と実際の配線に違いがなければ

普通は問題なく作動するはずだが、

その前にシャーシを引っくり返して

短絡させるような導線だったり半田クズを

しっかりと取り除いておこう。

また素子をつまんで揺らしてみることをお勧めしたい。

グラグラするものはひょっとして

半田がしっかり回っていない可能性がある。

 (´・ω・`) <実は私やらかしてしまいました...



セメント3wの8.2Ωをスピーカー端子にセットし、

ヒューズをセットすれば、いよいよ動作試験だ。



続く



まさかとは思うがテスター無しでアンプを作るなどは論外だ。

デジタル/アナログマルチメーターは必須と言って良い。

出来れば対応速度の早い機種が良い。

間違っても安物を買ってはいけない。

良いものを買えば長く使える。


デジタル式とアナログ式があるが

好みで選んで構わない。

すぐに反応するのはアナログ式だが

なんとなく雑に使うと壊れそうなのでw

私自身はデジタル派だ。

今使っているテスターがしっくりこないのであれば

買い換えるのも一つの手だろう。






Last updated  2021.03.20 06:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.18
カテゴリ:誘惑のシャドウ
そうです。

足りないのは「シャーシ」です。

でもこれは計算済み。

部品を購入してから、その寸法を測って

ちょうどよい大きさのものを作ってもらう算段だった。

シャーシ部品の寸法を測るのは職業柄問題ない。

設計もJW-CADが使えるので問題ない。

実際に製造してもらう会社は決まっているのでこちらも問題ない。



部品寸法を測って、シャーシの設計をするのは楽しい。

時間を忘れてしまう。

部品が一旦は数値と図形に置き換わるが

それが組み上がった時の喜びはどのような感じなのだろう。

想像するだけでワクワクする。



色はトランス類と同じ半艶の黒にした。

一時はトランス類も一緒に塗装してもらおうと考えたが

マスキングするのは面倒だしお金もかかるので

無難な方向で考えた。



出来上がったシャーシに仮組みしたら問題発生。

ブロックコンデンサが干渉して取り付かない。

仕方ないので締め付け部分を切り取って

太めの結束バンドで締めることにした。




こんな感じになりました。

ブロックコンデンサの干渉が玉に瑕だが

まぁこんなものだろう。

それにしても出力トランスはお粗末だ。

本当にまともな音が出るのかと疑ってしまうレベルだ。

でも販売され続けているのだから

値段相応の音は少なくともするのだろう。



いよいよ内部結線に入るとしよう。



Part6に続く。






Last updated  2021.03.18 06:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.16
カテゴリ:誘惑のシャドウ
では早速パーツを購入することにしよう。

やはり電子部品と言えば今も昔もアキハバラ!

という訳で秋葉原に行ってきました。





主要な部品といえばなんと言ってもトランス類。

これらはすべて「ゼネラルトランス販売」謹製の

トランス類を使用する事が決まっている。

安くて性能が良いトランスはココに限る。



今回使用するのは以下のトランス類。

出力トランス:​PMF-12P-8K

電源トランス:​PMC-180M

チョークトランス:​PMC-518H

最終的にこれらを購入したわけだが

出力トランスは価格は倍するが

PMF-25P​にすればよかったと後悔している。

​PMF-12P-8Kでは見た目があまりにみずぼらしい。

チョークコイルと同じ大きさで小さすぎる。

まぁ買う前から分かってはいたが

実際見るとショボ~ンとなってしまう。

お財布の中身と相談しながら判断しよう。

尚、理論上ではコアボリュームが小さくても

プッシュプルだと可聴帯域にはさして問題はない(はず^^;)。



トランスに次いで音質の重要なファクターとなる

カップリングコンデンサー(0.22μF/630V 400VでもOK)だが

今回はドイツ・ムンドルフ社製のM-Capを使用した。

コチラ​を参照。

本当はASC(アメリカンシズキ)を使いたかったのだが

探しても見つからず、仕方なくコレに行き着いた、という感じだ。

何故数あるコンデンサからあえてコレにしたかというと

 (´・ω・`) <なんとなく...

という事ですw



電源部に使用するブロックコンデンサは

ユニコンという会社のオーディオ用を3本購入した。

2本で事足りるが、なんとなく買っちゃいました。



その他小部品は​マルツ秋葉原本店​に行けば全て揃う。

なければ他の店を当たってみよう。

ただマルツになければ、他の店に行っても無い可能性が高い。


購入したパーツ達



以前、車で秋葉原まで行ったんだけど

その時に払った駐車場台がとんでもない金額だった事を思い出し

リュックサック一個でなんとか入るだろうと

鼻息荒く上京したけど

帰りはしんどかった。

先程出力トランスの話しをしたけど

アレを買ってたら

リュックサック破れてたなwww



さて部品も揃ったし、製作開始!

と思ったら重要なことを忘れてましたw



Part5に続く。



 (´・ω・`) <相変わらず引っ張るなぁ~






Last updated  2021.03.16 06:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.14
カテゴリ:誘惑のシャドウ
ビーム管をプッシュプルにするなら

回路構成はもう決まっているに等しい。

歪がなく安定していて失敗が少ない。

コレを実現させるためには

初段:SRPP回路

位相反転段:直結式ムラード位相反転回路

出力段:自己バイアス式ビーム管接続

自動的にこれで決まってしまう。





この回路構成は当然私のオリジナルではなく

ビーム管プッシュプルをこよなく愛す

佐藤定宏先生がよく使う回路だ。

ただし先生が出力段を固定バイアスで動作させるのに対し

私は自己バイアスで動作させている。



自己バイアスと固定バイアスなら固定バイアスの方が

バイアス値を精密に調節できるので便利だが

素性がわからない真空管に使うのは勇気がいる。

そもそも6V6GTがバラツキの出やすい玉なだけに

出来れば自己バイアスで使いたい。

そして何より-C電源を用立てる必要がないだけ

簡便でいい。



玉は決まって回路も決まった。

あとはシャーシと小部品を購入し

組み立てればOK!



 (´・ω・`) <そんな簡単に行くかねぇ...

Part4に続く。






Last updated  2021.03.14 06:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.12
カテゴリ:誘惑のシャドウ
回路を考える前に、使用する真空管を再確認しておこう。

以前なら、つまりネット環境がなかった頃は

真空管ハンドブックに記載されていない真空管は

素人では手が負えなかった。

それが今では無料で使えるデーターベースが存在している。

便利な世の中になったものだ。

コチラ​を参照。

そのデーターベースを使って調べてみることにしよう。



まずは初段に使用する「6Н2П」だ。

「シェースチ・エヌ・ドヴァー・ペー」と読む。

増幅率は概ね100。

よく初段に使われる12AX7に似た特性だ。

ヒーター電圧は一般的な6.3Vとなっている。

ピンアサインも違うので完全互換ではないので注意を要する。

尚、この玉は軍用で、民生用では「6N2P」が

完全互換となっている。



位相反転段に使用するのは「6Н3П」。

「シェースチ・エヌ・トリー・ペー」と読む。

増幅率は概ね35。

一般的に使用される真空管で最も近いのは5670。

先程の6Н2Пとは異なり、

5670とは完全互換となっている。

また、こちらも民生用「6N3P」と完全互換となっている



最後は電力出力用4極ビーム管、「6П6С」だ。

「シェースチ・ペー・シェースチ・エス」と読む。

6V6GTと完全互換となっている。

この玉も軍用。しかし一体どうやって使うのかなぁ。



Part3に続きます。



ロシア軍御用達品に興味を持ったあなた!

ロシア兵 ご愛用の靴、売ってます。

詳しくは写真をクリック^^






Last updated  2021.03.12 06:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.10
カテゴリ:誘惑のシャドウ
​​どうも。

先日緊急事態宣言発令中だっちゅーのに

真っ昼間っから焼き鳥屋とバーをはしごして

すっかりお金がなくなってしまった一升瓶です。

焼き鳥屋はともかく、バーはやっぱり高いよね。

何飲んでもオイシイんだけどね。

あ~、会社の接待とかでバーで飲ませてくれる人いねぇかな。

おれも官僚に転職して、ガースーの息子におごってもらおうかな...



 (´・ω・`) <辻元のオバハンに人格否定されるぞ~



という訳で、いつもどおり話は急に変わるわけですが、

去年のお正月(去年だよw)に真空管を買いまして。

それがずっとお蔵入りしていた訳です。

いつも貧乏な私ですが、所謂「衝動買い」をしてしまいまして

買っちゃったんですね。

プッシュプルのステレオが組めるほどの真空管を。

何故か?

答えは簡単、

安かったからです。

初段の高μ双三極電圧増幅管が2本、

位相反転段の低μ双三極電圧増幅管が2本

電力増幅用4極ビーム管が4本

合計で5,000円。

たたき売り、いや投げ売り、

いやいやもうヤケクソ売りと言いますかね。

しかも"Twitter見たよ"で更に1割引というね。

もう買うしか無いじゃないですか。



これを一般的な価格だったらと

さすがの私も衝動買いなんてしませんわな。

12AX7が2本

12AU7が2本

6L6GCが4本。

だと仮定すれば1万円は下らないでしょう。

詳しくは​コチラ​を参照。



では何故安かったのか。

それはズバリロシア管の軍規格品だったから。



6Н2Пが2本

6Н3Пが2本

6П6Сが4本

ん~、読めない...(キリル語)

一応6Н2Пは特性的には12AX7の6.3V番だけど、ピンアサインが異なる。

6Н3Пは5670と完全互換(信頼性や音質は不明)。

6П6Сは6V6GTと完全互換(同上)。

これで5,000円なら安いでしょ。

6П6С(6V6GT)はペア管じゃなくて

ロットもバラバラ。だからやすかったのかな?

とりあえず早速回路図を考えてみましょう。



以下続く​​






Last updated  2021.03.10 06:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.02
カテゴリ:誘惑のシャドウ
​​どうも、一升瓶です。

実はココだけの話、

7月にYahoo プレミアムに加入しまして

そこで手持ちの金になりそうなものを

とことん売っぱらったんですわ。

(売っぱらった即退会w)

そうしたら思いのほか現金が溜まりまして、

使い道を考えたわけです。

一時は今年のお正月に買ったロシア製真空管で

アンプを組立てようかと思ったんだけど

いや待てよと。

長年欲しかったものが買える値段になってるぞと。

そこで一念発起して購入した訳です。



​​FZITSUBO SuperEX エキゾーストマニホールド!

写真はNA6用ですが当然購入したのはNA8用。

これで念願のいわゆる「タコアシ」装着車になる訳ですね。



もともと着いている純正エキマニはコストの関係から

非常に小型の鋳物製で、実は排気効率をあまり考えずに

作られているらしい。

NA設計者が「エキマニだけは交換して下さい」と

広言しているほどですからね。

で実際次期バージョンのNBにはちゃんとしたエキマニが

装着されています。



んで買ったはいいんだけど

問題なのはその取付。

エキマニだけはDIYではちょっと無理っぽい。

ってか途中まで手を掛けて、やっぱり無理だった...

ではどうしようもないですからね。

今現在アチコチに見積もりの依頼をしている最中です。

うまいこと安い見積もりが来ないかなーと

首を長くして待っている状態。

何故なら...














取付代が必要だったことをすっかり忘れていたwww

 (´・ω・`) <正直ギリギリなんよ...
​​






Last updated  2020.08.02 08:15:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.07
カテゴリ:誘惑のシャドウ
最後にf特(周波数特性)をご覧頂いて

この一連の内容を閉めたいと思う。

測定は、Youtubeからピンクノイズを再生し、

スマホのアプリで計測している。

ピンクノイズもスマホのマイクもその特性の確かさは

確認しようがないが仕方がない。

信じて測定しよう。

それにしても便利な世の中になったものだ^^



まずは全体のf特から。


上記グラフの赤い線がf特となっている。

これをみると所謂ドンシャリの形の特性になっているのが分かる。

高音域は完全にSPユニット由来だから

SPの変更で、フラットになるかもしれない。

180Hzにディップがあるが、これがSPユニットと開口部との

干渉域だろう。視聴してもこの部分は気にならない。

それ以上にBHに生じやすい「コーコー音」

(1500Hz~500Hzのピーク)が

抑えられているのがわかるだろう。

実際の視聴ではドンシャリには全く聞こえない。

限りなくフラットで素直な特性に感じる。


続いてダクトのf特を見てみよう。



これも赤いグラフを見て頂きたい

100Hzを中心にロードが掛かっているのが分かる。

耳を近づけて聴いても高音域は聞こえない。



最後に設計上のポイントをおさらいしておこう。

1.空気室の大きさは密閉型のミニマム容量を基本とする。

2.スロート部の面積はSP振動板の有効面積と同じにする。

3.広がり率は0.8程度を基準に、板取りと相談の上決める。

4.開口部とSPユニットは出来るだけ離す。

5.SPユニットの高さは耳の高さにする。

6.バッフル面積はなるべく小さくする。

7.カットオフ周波数は200Hz内外で設計する。



という訳で、初めてのBH設計としては

大の字といえるだろう。

しばらくはこの音離れの良いサウンドを

堪能したいと思う。



長文有難うございました^^






Last updated  2020.03.07 06:00:09
コメント(0) | コメントを書く

全121件 (121件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


© Rakuten Group, Inc.