2021.03.14

3/14の日記 真空管アンプを作ってみた! Part3

カテゴリ:誘惑のシャドウ
ビーム管をプッシュプルにするなら

回路構成はもう決まっているに等しい。

歪がなく安定していて失敗が少ない。

コレを実現させるためには

初段:SRPP回路

位相反転段:直結式ムラード位相反転回路

出力段:自己バイアス式ビーム管接続

自動的にこれで決まってしまう。





この回路構成は当然私のオリジナルではなく

ビーム管プッシュプルをこよなく愛す

佐藤定宏先生がよく使う回路だ。

ただし先生が出力段を固定バイアスで動作させるのに対し

私は自己バイアスで動作させている。



自己バイアスと固定バイアスなら固定バイアスの方が

バイアス値を精密に調節できるので便利だが

素性がわからない真空管に使うのは勇気がいる。

そもそも6V6GTがバラツキの出やすい玉なだけに

出来れば自己バイアスで使いたい。

そして何より-C電源を用立てる必要がないだけ

簡便でいい。



玉は決まって回路も決まった。

あとはシャーシと小部品を購入し

組み立てればOK!



 (´・ω・`) <そんな簡単に行くかねぇ...

Part4に続く。





TWITTER

Last updated  2021.03.14 06:00:08
コメント(0) | コメントを書く