361356 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

子育てママ&パパ             応援カウンセラー

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


k@-zu

Freepage List

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Favorite Blog

えがおのまほう..♫ New! alisa.さん

停電の千葉、障害者… New! elsa.さん

お知らせ midpiraさん

四国の旅 四国八十… 朝日6844さん

みんなひとつに繋が… 幸せセンスアップ インストラクター・光さん
東京暮らしも18年目 紀子♪さん
IRIDESCENCE虹色の輝… irideさん
微笑みに人集まる ニコニコゆうこさん
Beauty Source キ… ayakawa777さん
とりあえず。 cima1104さん

Comments

浩おかべ@ Re:愛の言霊~プライミング効果~(01/21) 鹿沼出身48歳無職です 新興宗教の他、長…
k@-zu@ らみちゃんへ お久しぶり! 超久々にログインしたら書…
らみぱす2010@ Re:親子参観日(06/21) 遅ればせながら、お気に入りに登録させて…
k@-zu@ らみぱすさんへ お久しぶり! らみぱすさんのことはも…
らみぱす@ Re:k@-zuチルドレン(09/15) お久しぶりです。覚えていますか?らみぱ…
k@-zu@ milkyway.さんへ 確かに早いですよね。 あっという間に年…
milkyway.@ Re:親子参観日(06/21) 早いですね。 もう年長さん、なんですね…
k@-zu@ 赤坂小町さんへ 素敵なパパでいられるかどうかは別として …
k@-zu@ リエさん0037さんへ お久しぶりです。 ずっと日記の更新を…
赤坂小町@ Re:親子参観日 もう年長さんですか。 早いですね。 これ…

全470件 (470件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 47 >

カテゴリ未分類

2009.03.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「キツネはわが身をとがめず、わなを責める」

これは先日、朝日新聞の「天声人語」に紹介された言葉だ。
英国の詩人・ウィリアム・ブレイクの名言である。

この言葉の意味は…
「失敗のたび、不運や状況のせいにしては進歩なし!」
…という戒めということだそうだ。

「天声人語」では不況や支持率の落ち込みの原因を正面から見ようとしない
麻生首相や自公民諸氏を皮肉っているが、まことに適切なたとえにも思える。

カウンセリングにおいては…
あまりにも自分を責め過ぎてそれでストレスを溜め込んで
発散の方法も分からず周囲に相談も出来ないで心を閉ざしてしまう方もいる。

ナポレオンは…
「政治において愚かさは不利な条件ではない」…と言っいる。
この言葉の真意は…
「頭脳明晰な政治家もいるが、そうでない者もいる。
 時には後者のほうがより人心を引き付けることもある。」

確かにそうだ。
「運・根・鈍」という以前の会社で尊敬する上司に教えられた言葉。
運…運も実力のうち。その運を掴むためには日々の絶え間ない努力が必要。
根…粘り強く根気が大切。つまらないと思う仕事にこそ意味がある。
鈍…時には鈍感と思われる素振りも必要。相手に可愛がられる術はここにある。

…時にはものごとに「鈍感」でもいい。。。

ただし!
今の政治家にはいい意味での「鈍」を感じない。
(まぁ~「運」も「根」も感じないけど…)
きっと「鈍感な素振り」ではなく「本当に鈍感」なのでは???

これは「鈍」を通り越して「愚」
この「愚かさ」が「不誠実」として国民に伝わり今の支持率に繋がっているのだろう。

まぁ~これも言い過ぎちゃうと自分をとがめずに政治家を責める言動になっちゃうけど。。。
でも!
今の政治を見ているとそんなことも言いたくなる。

それにしても…!
愚かな人間を表現するたとえに名前を使われたキツネ!
もしかしたら彼らが一番の被害者かも知れないし言いたいことはたくさんあるのかも。。。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□







Last updated  2009.03.12 17:34:12
コメント(10) | コメントを書く
2009.03.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
アルバイト情報誌「フロム・エー」が休刊になるとのこと。

インターネットやフリーペーパーが主流になり
今や求人情報はお金を出して買う時代ではない。
…それが休刊の理由。
事実上の廃刊だ。

僕は独立する前、求人誌「フロム・エー」の広告営業をしていた。
「企業と求職者のベストマッチ」
…を合言葉にとにかく営業(仕事)をしまくった時代。
ある意味で僕の青春。

アルバイト情報で一時代を築いた「フロム・エー」
ナンバーワン媒体を扱っていたことは誇り思う。
時代の流れからある程度の想像はしていたものの
「フロム・エー休刊(廃刊)」の知らせには寂しさを感じた。

その「フロム・エー」
創刊当時の編集長のインタビュー記事が先日の新聞に掲載されていた。
それはフロム・エー休刊についてではなく今時の雇用ショックに関しての記事。

彼は編集長だった時代に
「大きな目標に向かう途中に生活のためアルバイトなどに就く人たち」
…を応援したくてその人たちを称する言葉を作った。

それが…「フリーター」

「派遣切り」など非正規労働者の解雇が激しい。
「あなたが“フリーター”という言葉を作ったがために
 非正規労働者が増え、その“フリーター”が大変な目に遭ってる」
…最近はそんなことを言われてしまうらしい。

確かに元編集長である彼は「フリーター」という言葉を生み出した人物。
でも!
そもそもの言葉の意味から逸脱した意味として捉えられ
今ではそれをうまく利用していた人こそが「フリーター」だ。

責任ある正社員にはなりたくない。
ちょっとの期間だけ働いて期間終了後に海外旅行にでも出掛ける。
お金がなくなればまた派遣や短期アルバイトで稼ぐ。

その間も正規労働者(正社員)は遊ぶ暇もなく働きまくっていたんだ!

それを都合が悪くなると
「企業が悪い」
「職場が悪い」
「社会が悪い」
「法律が悪い」
「政治が悪い」
…挙句の果ては
「フリーターという言葉を作った人が悪い」

世間では「100年に一度の不況」と言われている。
でもそう言われている程の危機感を感じている「フリーター諸君」は何人いるんだろう?

この期に及んでも職探しに選り好みをしている。
それは目的があっての職業選択ではなく
「あれは嫌い」「これは嫌い」の挙句の無職状態。

この100年に一度の不況でも生き抜く覚悟なら
四の五の言わずに仕事に飛び込めばいいと思う。

僕は心理カウンセラーをしながら派遣会社も経営している。
だから派遣社員の気持ちやフリーターと言われる人たちの気持ちも分かる。
分かる上でそう思う。

この不況だと仕事が減る。
経営者として仕事が減れば死活問題。
仕事に自ら飛び込まなきゃ食っていけない。

だからこの歳でアルバイトもした。
でもこの年齢で雇ってくれるところなんて少ない。
しかも自分の仕事があるから毎日フルに働けるわけでもない。

働ける条件も狭まってくる。
実際に清掃のバイトなんかもした。
自分の子どもくらいの年齢の坊主に呼び捨てで命令され。
誰が使ったか分からない便所に這いつくばって便器を磨く…。

でも全然苦痛じゃない。
はっきり言って…その辺のフリーター小僧たちとは「覚悟」が違うんだよ!

だから自分の不甲斐なさを「誰かのせい」にする人たちを見ると腹が立つ。
救いようのない大バカ野郎だなぁ~とさえ思ってしまう。

それはカウンセリングをしていても同じ!

自分の否は認めず
「夫のせい」
「妻のせい」
「会社のせい」
「上司のせい」
「部下のせい」
「学校のせい」
「先生のせい」
「生徒のせい」
「親のせい」
「子どものせい」
「社会のせい」
…うんざりする他罰的な人たち。

相手のせいにばかりしてないで相手に飛び込む姿勢が欲しい。
仕事も人間関係もまずは「自分が変わる」ことが大切。

「○○が変われば私も変われる」
「○○が変わらなきゃ私は変われない」
…そんなヤツは一生変われねぇよ!

【お詫び】
カウンセラーらしからぬ汚い言葉。。。
気分を害された方がいたらごめんなさい。
当たり障りない言葉に変えようと思いましたが
このまま「公開する」ボタンを押しちゃいます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□







Last updated  2009.03.05 14:07:19
コメント(14) | コメントを書く
2009.03.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕の中で定期的に訪れる「玉置浩二ブーム」

以前も…
「しあわせのランプ」
http://www.youtube.com/watch?v=G6jR8tpFKQ4&feature=related

「プレゼント (愛の歌 theme song)」
http://www.youtube.com/watch?v=o1C3xZ4MS_I&feature=related

…にはまっちゃった時期があった。
ず~~~~っとギターで同じ曲をコピーして弾いて。。。

そして!
今、毎日のように弾きまくってるのは…
「嘲笑」
http://www.youtube.com/watch?v=aeEr1I7slfo&feature=related

これ…作詞は玉置浩二ではなく…世界の北野!
そう!ビートたけし!
玉置浩二は作曲を担当。
以前、フジテレビの「北野ファンクラブ」のエンディングか何かでたけしが唄ってたけど
玉置浩二としては発売されていないのでこの画像は貴重なもの。。。

シンプルな歌詞だけどとてもいい。

♪百年前の人 千年前の人 一万年前の人 百万年前の人
 いろんな人が見た星と 僕らが今見る星と ほとんど変わりがない それが嬉しい♪

♪星も笑ったあのとき 悲しくって星がにじんだ あの日あの頃
 僕らが昔見た星と 僕らが今見る星と 何にも変わりがない それが嬉しい♪

今、色んなことに悩んでいるけど
星の歴史からしたら僕が悩んでいるこの時は
ほんの瞬きしている一瞬かもしれない。

…そんなことを考えていたら
悩んでいること自体がバカらしくなって前向きになれる。

まぁ~その程度の悩みなのかも知れないし
その程度で悩みを解決できる僕は単細胞なのかも知れない。。。

でも!
このポジティブな歌詞の唄のタイトルが「嘲笑」というのもいかにもたけしらしくていい。。。

玉置さんも今、本業ではない話題でマスコミに取り上げられているけど
ファンとしては彼が誰と付き合おうが誰と別れようが関係ない。
本業以外で注目されている状況が悲しい。。。

以前のブログでも書いたけど彼はもっと評価されて良いミュージシャンのひとりだと思う。
同じミュージシャン仲間でも彼を称えている人は多い。
山下達郎曰く…「日本で最も過小評価されているアーティスト」
ミスチルの桜井和寿曰く…「天才」
…と評している。

ちなみに玉置さんは安全地帯の頃は作詞はしてない。
ソロになってから作詞を手掛けている。
作詞を手掛け始めてからの方が発言や立ち居振る舞いは自然体のような気がする。

また彼の発声方法は独特らしく本当にちゃんとモノマネできる人は少ないとのこと。

ファンとしてはただひとつ!
「素敵な歌声をまた聴かせてくれれば」…と願うだけ。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.03.04 15:27:42
コメント(10) | コメントを書く
2009.02.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
Japan Blog Award 2009


カウンセリングには大きく分類して2つの手法がある。
タイトルイでも書いたとおり…
「母性カウンセリング」と「父性カウンセリング」のふたつ。

カウンセリングの基本は「非指示的聴き方」
アメリカの心理学者 カール・ロジャースが提唱した
「来談者中心療法」に代表されるようなスタンスでクライアントと接する。

要するに…
相手を変えようとせずに相手を分かろうとする姿勢。
相手を受容して共感する姿勢。
…が大切。

僕の基本スタンスでもある…
「I love you because you are you」
~あなたはあなたのままでいいんですよ~
…にも通ずる。

このような姿勢は「母性カウンセリング」と呼ばれる。
イソップ寓話の「北風と太陽」から「太陽カウンセリング」とも。。。

この「母性カウンセリング」で約6割の人たちが
自ら悩みを解決していく…と言われている。

しかし!
裏を返せば約4割の人たちは解決されない…ということにもなる。

母性カウンセリングというのは…
例えば幼い頃に何らかの原因により親に甘えられず
そのことがトラウマとなって大人になって相手からの愛情に飢えている人。
あるいは自分には価値がないと思っている人には有効。

しかし、他人に対する甘えが癖になってしまっている人には
「父性カウンセリング」が効果的だと言われている。

自分の中に問題解決能力のない人に対して
「あなたはあなたのままでいいんですよ」
…などと言っても何の効果もない。

以前、中学校、高校で学校が荒れた時代があった。
「校内暴力」が社会問題にもなり学校側も生徒に対する対応に苦慮していた。

その際に各学校に派遣されたスクールカウンセラー。
その殆どが「ロジャース派」のカウンセラーだったらしい。
「母性カウンセリング」を主体としたカウンセリングで生徒に接した結果
校内暴力を起こす生徒たちは余計に荒れた…らしい。

甘えが癖になり物事の善悪の判断も曖昧な荒れた生徒に対して
「今のあなたでいいんですよ」なんて言ったら
「今のままでいいんだとよ!だったら校舎の窓ガラスもっと割っちゃえ!」
…なんてことにもなりかねない。。。

そんな生徒に対しては厳しく「父性カウンセリング」で接する。
ただし誤解してはいけないのは闇雲に厳しくしてもダメ。

具体的で論理的な手法で接することが大切。

先日、こんな相談があった。。。

傷害事件を起こし執行猶予中の身であるクライアント。
その執行猶予中に友だち数名と酒を飲み
ちょっとした口論から友だちを殴ってしまった。
その場は何とか収まり双方帰宅したのだが
再度、謝ろうと電話をしたところ電話が通じない。

「もしかしたら被害届でも出されるんじゃないだろうか?」
…と不安で不安で仕方ない。
自分はどんな罪に問われるのか…と相談に来た。

そんなクライアントに対して「母性カウンセリング」は効果がない。
また、このクライアントが罪に問われるかどうかなど
カウンセラーの僕が軽々に口にすることは出来ない。

僕がアドバイス出来ることは
「いかに相手に対して誠心誠意の謝罪の言葉を伝えられるようにするか」ということ。

このクライアントは何か履き違えている!
今、不安なのは
「相手が被害届を出したら…」
「自分はどんな罪に問われるか…」

これは取りようによっては「自分勝手」のひと言に尽きる。
相手が被害届を出そうが出すまいが、
相手に怪我があろうがなかろうが、
クライアントが罪に問われようが問われまいが…。
はっきり言って殴られた相手には関係ない!

このクライアントの不安は
甘えが癖になっていて且つ自己中心的過ぎる!

カウンセラーとしてこの人の考えには共感は出来ない!

「酒の席で相手を殴ってしまったこと」
ただそれだけに焦点を当ててそのことを謝るつもりがあれば
電話が通じなければメールや手紙やFAXや共通の友だちへの伝言や。。。
…方法はいくらでもあるはずです。

その方法と謝罪のメッセージの伝え方ならアドバイス出来る。

そしてその上でも相手に気持ちが通じず
相手が被害届を出し
このクライアントが法的に罰せられたとしても
このクライアントはそれを受け入れる覚悟で謝罪をしなければ
謝罪の気持ちなど相手に通じるわけがない。

やってしまったことを償うとはそういうこと。。。

僕はこのクライアントに対するカウンセリングの最後に
さだまさしの「償い」と言う曲を聴くようにクライアントに提言した。
http://www.youtube.com/watch?v=yX4lwo5nL98

約2年前…この「償い」という曲に関して日記を書いています。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200702150000/


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.02.19 10:38:06
コメント(4) | コメントを書く
2009.02.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
Japan Blog Award 2009


いわゆる「昼ドラ」
今、TBSでお昼の13:00~13:30放送中の
愛の劇場40周年記念番組 「ラブレター」
40歳を過ぎたオヤジがわざわざブログに書くのも何だけど…はまってます。。。

以下、公式サイトの抜粋↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
舞台は美しい瀬戸内の島・小豆島。
児童養護施設で育てられ小豆島へやってきた耳の不自由な少女・美波が
里親や一生の友人、初恋の人・海司と出会い、成長していく15年間を描く。

幼い美波と海司は手話を通じて、心を通わせ、小さな恋を育んでいく。
「初恋」「初キス」「初体験」「すれ違い」「別れ」「再会」
…誰もが経験する過程を通る中で、
美波はいつしか「海司の声を聞きたい」と叶わぬ願いを抱くようになる。

そんな美波に海司は「おれがお前の耳になってやる!」と誓うのだった。
けれどもその約束を守るには、二人はあまりにも幼すぎて…。

この作品では15年間を3部作に分け、その主人公・美波をそれぞれの世代の俳優が演じ分け、
それぞれの世代だから伝えられる初恋・純愛・真実の愛のかたちを丁寧に描いていく。
忘れられない初恋・家族の絆をめぐる15年間を瀬戸内の島の美しい四季・風景とともにお届けする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たまたま妻がビデオに録って夜に観ていたものを
お付き合い程度の感覚で見始めたのが最初!
しかも!
60話中40話目くらいから観始めたのだが…感想は…すごく良い!
今では妻も呆れるくらいのはまりよう。。。

忘れかけていた切ない気持ちを思い出させてくれる。
「白線流し」と「北の国から」と「東京ラブストーリー」と「オレンジデイズ」
歴代の高視聴率のドラマが合体したようなドラマ。。。

また美波の里親(父親)を布川敏和(元シブがき隊・ふっくん)が演じているのだが
娘を持つ父親の気持ちを上手く演じていてとても良い!

特に…娘の美波が実の母親と暮らすために島を離れるシーン…号泣しちゃいました。。。
耳の聴こえない美波の背中にふっくんが思わず思いを叫ぶ!
…あ~書いているだけで泣けてくる。
それがこれ!
http://www.youtube.com/watch?v=5oY01AWtcVo

My Little Loverが唄う主題歌「音のない世界」もすごくいい!
3歳の娘も鼻歌を唄っている。
それはこれ!
http://www.youtube.com/watch?v=9jZX5zl7V6Q&feature=related

もちろん!
主役の鈴木亜美もいい!

あまりにはまり過ぎてmixiでは「ラブレター」のコミュニティーに参加してしまった。
まぁ~そのお陰でふっくん(本人)とマイミクになれたんだけど。。。エヘヘッ。。。


そんなこんな「ラブレター」
明日の月曜日からはいよいよ最終週!
残すところ5話!

当分は「ラブレター熱」が冷めそうもない。。。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□








Last updated  2009.02.17 12:14:35
コメント(10) | コメントを書く
2009.02.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
2月8日…娘の怜奈(れいな)の3歳の誕生日。

毎年、怜奈の誕生日恒例だがブログを読み返す。

生まれた時のブログ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200602090000/

1歳の誕生日↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200702080000/

2歳の誕生日↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200802080000/

…そして!
これも、もう毎年の恒例だがブログを読んで感じることは
「ママとパパよりも怜奈が一番成長してる」…ということ。

先日のこと。。。

久々の休日で僕は怜奈とボール遊びをして遊んでいた。
怜奈がボールを投げて僕がキャッチするだけの単純な遊びだけど延々繰り返される。

何度目かに怜奈が投げたボールが僕の顔にぶつかってしまった。
あまりにも近距離から投げたので僕も取り損なってしまったのだが…。

ボール自体は柔らかい素材のものなので痛くもかゆくもない。
でも!
これからお友だちと遊んでいて同じようなことがあったら
「ごめんなさい」は言わなければいけない。
親の願いとしては「ごめんなさい」が言える子になって欲しい。

ママが
「パパのお顔にボールをぶつけちゃったね。
 わざとじゃなくても“ごめんなさい”を言おうね」
…と前回のブログで紹介したような抜群の叱り方でメッセージを伝える。

ただし!
子育てとはなかなか理想通りにはいかないもの。

怜奈は「タタタッ」と隣の部屋に小走りに逃げて
壁に向かい僕らに背中を向けてじっと立ち尽くしている。
おそらく怜奈からしたら「わざとじゃないから!」という気持ちがあったのだろう。
「いつものパパならちゃんとキャッチしてくれるのに!」という気持ちも。。。

ママが何度「ごめんなさい」を言うように促しても頑として言わない。
まぁ~そこまで目くじらを立てることでもないのでその場はそれ以上は言わず
その後も一緒に遊んだり風呂に入ったり夕飯を一緒に食べたり。。。
普段の休日を過ごした。

翌日、会社に出かけるために着替えをして準備が整ったので
朝ごはんを食べている怜奈とママに「行って来ます」を言うためリビングへ。
これもいつもの光景。

ただ…そこからがいつもとは違った。
怜奈が目に涙をいっぱい溜めて…
「昨日はパパのお顔にボールを“ボン”しちゃってごめんなさい」…と。
その直後、ポロポロと涙を流す怜奈。。。

僕もママも昨日のことなどすっかり忘れていたので一瞬、ポカーンとなったが
ずっと「“ごめんなさい”を言わなきゃっ!」…って思っていたのだろう。。。
…そう思った瞬間に思わず抱きしめていた。
そこには前回紹介したような「ほめ方」などは必要ではなく
ただただギューッとしてあげればいいような気がして。。。

やっぱりこの3年間で一番成長しているのは間違いなく怜奈だ。
ママとパパは親としてまだ3年経っただけ。
怜奈に成長させてもらっている。

誕生日の8日!
朝、カウンセラー仲間から怜奈に誕生日プレゼントのぬいぐるみが届くサプライズが。
先日も会ったばかりの仲間だけどそんな素振りは見せなかった。
粋な計らいに感謝。
怜奈はそのぬいぐるみが相当気に入ったらしく昨日は寝るまで放さなかった。
その後、買い物に出掛け夕飯は妻の実家でささやかながら誕生日パーティー。
…こんな光景をとても幸せと感じる。

そして!
これも毎年の恒例の感情だが変わることのない感情…。
「僕らママとパパのところに“生まれてくれてありがとう”」


rey生まれた頃

reyna21歳の頃

reyna2歳の頃

reyna33歳の頃


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□








Last updated  2009.02.09 10:59:13
コメント(12) | コメントを書く
2009.02.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回の「自信の芽を摘まない 叱り方4ヵ条」に続き
今回は「自信の芽を伸ばす ほめ方4ヵ条」の紹介。

今週の日曜日に3歳の誕生日を迎える僕の娘。
2~3歳の子どもと接するに当たり気をつけたいことを
自分自身への反省も込めて書いてみました。
前回と今回…是非、連続して読んでみてください。。。

自信を持つことは「自分を信頼する」=「自分を好きになる」こと。
心理学では…
「自分を愛する以上に他人は愛せない」という。
自分を愛することが出来れば他人も愛することが出来る。
他人を愛せればまた他人から愛をもらえてそんな自分を愛することが出来る。
愛情のプラスのスパイラルはそこから始まる。

自信を持てない子はどうなるか?
自信を持てないとちょっと嫌なことがあると挫けてしまい挫折感を様々な形で表現する。

例えば…
いじめっ子には「自信がなく自分のことが嫌い」
…という心理的共通点があることが多い。
また、不登校や引きこもり、非行、暴力などは
自信が持てない子が追い詰められて発するSOSのサインとも言われている。

2~3歳になると何かを作って「出来たぁ!」と見せに来たり
何かをするときに「見ててねぇ~!」と言って来たりすることが増える。
これは子どもが憧れの存在である親に対して
「近づきたい」「認めて欲しい」と思うようになった証拠と言われている。

自信を育むためには2歳を過ぎたら「認める」ことが重要になってくる。
子どもがやってみせたことは例え上手に出来なくても「頑張ったね」と認めてあげる。
この「認める」という行為は2~3歳児に対してだけではなく
これからの育児にもずっと必要なこと。
大人だって認められたら嬉しいのだから
子どもが大好きなママやパパから認められたらその嬉しさは相当なものだろう。

保育園や幼稚園、また学校に入ると「他の子の方がよくできる」と思う場面もあるだろう。
でも他人との比較=横軸で見るのではなく
本人の過去、現在、未来との比較=縦軸で見てあげることが必要。

優れている点しか認められずに育つ子は真の自信を持てない。
これはだいぶ以前に書いた日記、
「ほめて育てるは…逆効果」にも書いたのでそちらを参照してください。
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200611090000/

要するに…
その子の存在自体を認めてあげることをしないと
存在への安心が極端に欠けている子ども…
つまり「自分は存在価値のない人間だ」という子どもになってしまう。
ほめられることで自分の存在価値を理由づける子どもは
ほめられている間は良いがほめられなくなると存在価値を失ってしまう。
だからほめられることだけに全精力を注ぐ!
そのために自己主張したり反抗したりすることが出来なくなる。
いわゆる過剰適応の状態。

その結果、手の掛からない聞き分けの良い「良い子」になる。
一見、結構なことじゃないかと思いがちだ。
でもこれは良い子は良い子でも、大人にとっては都合が「良い子」だけである。

大切なのは「認める」こと。
自信は「認める」ことで生まれ「体験」を通して強くなる。

情報だけの学びはもろいもの。
例えば…昆虫を図鑑で見て知識だけを蓄えても
知識を忘れてしまえば同時に自信も失ってしまう。

一方、昆虫を実際に野原で観察したり触ったりする「体験」は
強く知識として記憶されて忘れないものである。
…と同時に「生き物を扱う」という「知恵」にもなり身につく。
情報だけの学びよりも体験の学びが自信を強くする。

前置きがだいぶ長くなってしまった。。。
超長文になりそうだけどこのまま本題に!

子どもの自信の芽を伸ばす「ほめ方4ヵ条」

●「ほめ方 その1」
~「結果」ではなく「頑張り」を認める!
例えば…嫌いなにんじんを少しだけ食べたとき。。。

×→「にんじんを残しちゃったね。次は全部食べようね」
○→「昨日よりにんじんがちょっと食べられるようになったね。がんばったね」

がんばれる子どもに育てるには結果ではなく「がんばった過程」を認めてあげる。
結果ばかりほめられた子どもは結果主義になりがち。
結果主義は挫折を招きやすい。
将来、努力したのに勉強の成績が落ちたときに
「もう自分はダメな人間だ」と思ったり
「どうせいい学校には入れないのだから努力してもムダ」
…と努力そのものを否定したりするようになる可能性もある。
子どもには「どんなときでもがんばっていれば親は見守って応援してくれる」
…と言う気持ちを持たせることが必要。

●「ほめ方 その2」
~「人格」よりも「行動」をほめる!
例えば…お友だちにおもちゃを貸してあげられたとき。。。

×→「貸してあげられてエライね。いい子だね」
○→「ちゃんと貸してあげられたね。いいことをしたね」

厳密に言えば人格と行動は切り離せないもの。
でも親は行動に注目してほめることが大切。
行動をほめられると
「いいことをすると気持ちがいいな。もっといいことがしたいな」
…と考えるようになる。
一方、いつも「いい子ね」などと言われていると
何かを決定するときに自発的な気持ちではなく
親からいい評価を得られるかどうかが選択の基準になってしまう。
また過剰に人格をほめると万能感を持った子どもになってしまう。

●「ほめ方 その3」
~「ほかの子」と比較せず「その子自身」を認める!
例えば…公園の鉄棒にぶらさがって遊べたとき。。。

×→「○○ちゃんは出来ないのに、あなたは上手に出来たね」
○→「この前は出来なかったのに、今日は上手に出来たね」

叱るときはほかの子と比較しないように出来ている親も
ほめるときはほかの子と比べてつい「みんなよりも上手にできたね」と言ってしまいがち。
でもほめるときもほかの子と比べずにわが子の成長を認めてあげることが大切。
「昨日よりも早くできたね」「前は出来なかったけどひとりでパジャマ着れたね」
などと比較対象は過去のわが子に対して!
そうすることで将来、他人との競争で勝ち負けを判断するのではなく
「自分がどれだけがんばっているか」で自己評価が出来る子になれる。
特に兄弟姉妹と比較した言葉は結果的に両者を傷つけることにも繋がるので要注意。

●「ほめ方 その4」
~「エライ」ではなく「役立った」と伝える!
例えば…食事の準備で食器運びを手伝ったとき。。。

×→「お手伝いできてえらいね」
○→「お手伝いしてくれてありがとう。ママ助かったわ」

お手伝いをほめるときは…
「○○ちゃん、良く出来たね」などと主語が「こども=YOU」になっているケースが多い。
この主語を「親=I」に変えて「ママ助かったよ」と言ってみると良い。
常にこのブログでもお伝えしている「Iメッセージ」である。
2~3歳でも「ママの役に立った」と思うこと自信に繋がり
「もっとお手伝いしたい」という気持ちが育める。
また…「ママの役に立ったらママが喜んでくれた。私も嬉しいな」
…と言う体験は「人にお役に立つ喜び」を知る原点にもなる。
いずれ「誰かの役に立ちたい」と思う気持ちに変化して集団生活の中でも生かされるはず。


前回と今回の連続シリーズ!
かなり長文になってしまったけど是非とも参考にしていただき
ひとりでも多くの方に読んでもらえたら嬉しいと思う。

このブログは…
東京都主催の「心の東京革命」という取り組みの中で
僕が心理カウンセラーとしてリスペクトさせてもらっている
「星一郎先生」の文献を参考にしました。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.02.04 11:58:31
コメント(10) | コメントを書く
2009.02.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
日々カウンセリングをしている中で特に多い相談が…「子育て!」
特に2~3歳児の子どもを持つ母親からの相談は切実。
今までは何でも言うことを聞いていた我が子!
「最近はまったく言うことを聞かなくて。。。」
…そんな相談は僕自身も今月3歳になる娘を持つ親として他人事ではない。

そんな2~3歳児の子どもとの接し方!
具体的に言うと…
「叱り方」「誉め方」をご紹介します。

まず…
子どもの自信の芽を摘まない「叱り方」4ヵ条。

●「叱り方 その1」
~「人格」を否定せず「行動」を注意する!
例えば…お友だちに意地悪をしたとき。。。

×→「お友だちに意地悪をするなんて悪い子ね!」
○→「お友だちに意地悪をすることは悪いことよ。」

叱るときは行動を叱る。
悪いのは「したこと」であって「それをした子」ではない。
人格を否定するようなことはしない方がいい。
それを意識していないと…
「悪い子だね!」「○○くんは乱暴だね!」などとうっかり言ってしまいがち。
大人が人格を否定されたら傷つくように子どもも傷つく。
更に子どもは「自分は悪い子なんだ」と劣等感を持ち
「自分は悪い子だから自分のことが嫌いだ」と自信を失い自己肯定感が育たなくなる。

●「叱り方 その2」
~「永久言語」ではなく「一時言語」を使う!
例えば…食事中に集中せずごはんをこぼしたとき。。。

×→「いつも、いつもごはんをこぼして!ちゃんと見て食べなさい!」
○→「(うっかり)こぼしちゃったのね。ちゃんと見て食べようね。」

「いつも」「必ず」「絶対」「みんな」などの言葉を「永久言語」
「たまたま」「珍しく」「時々」「うっかり」などの言葉を「一時言語」という。
叱るときに永久言語を多用していると子どもの心理としては
「自分はいつもできない」「自分はみんなより劣っている」と思い込んでしまう。
でも本当は「いつもできない」ではなく「まだできない」のはず。
また「みんなはできるのに」ではなく「できる子もいる」程度だろう。
叱るときは…
「(うっかり)そういうことをしちゃったんだね」
「(たまに)こういうことをしちゃうことがあるね」
…という一時言語を使うように心掛けたい。

●「叱り方 その3」
~「感情的」に怒らず「冷静」に諭す!
例えば…テーブルに落書きをしたとき。。。

×→「どうしてそんなことするの!もういい加減にしてよ!」
○→「テーブルは描いちゃいけないところなんだよ。次は紙に描こうね」

感情的なってしまうと「叱る」ではなく「怒る」になりがち。
怒りがエスカレートしそうなときは子どもから離れて落ち着いてから叱る。
親が怒ってばかりいると子どもは怒ることで他人を制御しようとする子になる可能性がある。
また勢い余って「もうそんな悪い子はうちの子じゃありません!」などは絶対にタブー!
2~3歳児の言語理解力では「例えの表現」だとは分からずに
そのままの意味として捉えてしまう可能性が高い。
「そんなことするとお友だちに嫌われるよ」などと脅すような言葉も
その意味を素直に吸収して萎縮してしまう。
萎縮して周囲の顔色ばかりうかがうようになってしまっては自信も芽生えない。

●「叱り方 その4」
~「命令」は「提案」に言い換える!
例えば…出かける前におもちゃを片付けないとき。。。

×→「もう出かけるわよ!さっさとおもちゃを片付けなさい!」
○→「そろそろ出かけたいからおもちゃを片付けようか」

いつも命令口調で子どもを強制的に従わせていると
子どもは指示されないと動けない、いわゆる「指示待ちの子」になってしまう。
あるいは親を真似て他人に高圧的な言葉を使うようになる。
子どもにさせたいときは出来るだけ提案型で伝える習慣をつけた方がいい。
「お片づけしないとママ困っちゃうんだ」と分かりやすい言葉で納得をさせるのも良い。
または…「○○がいい?それとも××がいい?」と選択肢を与える。
「自分で決めた」と感じさせる経験を積ませるのも指示待ちの子にしないための方法だ。

次回は…「自信の芽を伸ばす ほめ方4ヵ条」


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.02.03 11:48:10
コメント(8) | コメントを書く
2009.01.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕がカウンセラー認定を取得した団体…
「全国webカウンセリング協議会」
HP→http://www.web-mind.jp/
ここで新たに「心理療法カウンセラー養成講座~ライブ講義コース~」が開講。

この「ライブ講義コース」の講師を任されることになった。

「ライブ講義コース」は…
通常の養成講座に加えてインターネットによる養成講座という新しいスタイル!
webカメラを使用し受講者同士の合同討議やロールプレイングを行うことで
自宅に居ながらにしてより実践的に学ぶことが出来る養成講座。

インターネット上のネットスクールの集合体である「スクールシティ」
HP参照→http://www.v-schoolcity.net/

HP内では「学習・予備校スクールタウン」と「資格・検定スクールタウン」
…のふたつのタウンに分かれていて今回の養成講座は後者「資格・検定~」に属する。

スクールシティのコンセプトは…
「クラスメイトがいる!スクール機能もある!まるで自宅が教室に!」

そして!
養成講座のコンセプトは…
「有縁を度す!」
~まず縁のある人、身近な人を助けることが大切…と言う意味~

すべての人が身近な人のカウンセリングが出来れば
究極は職種としてのカウンセラーなどいらないはず…。
僕のカウンセラーとしての永遠のテーマとも言えるスタンス!

最大8名までの参加で1コマ40分。
隔週土曜日(10時~、11時~、13時~、14時~/選択可)
全12回の講座なので少なくとも6ヶ月間の期間を要する。
詳細は→http://www.v-schoolcity.net/course_intro/68/

このすべての講座を僕が担当することになった。

養成講座以外の仕事や活動もあるので
時間的、体力的、その他諸々の問題はあるかも知れないが
ずっとやってみたかったことなのでお引き受けすることにした。
「来た球は撃つ!」…がポリシーなので…。

カリキュラム&簡単なテキストは協議会に提出済み。
若干の変更、修正はあるかもしれないが大まかではOKが出た。

後は…生徒さん集め!
まだ告知などが積極的に出来ていなかったので生徒さんの集まりは鈍いとのこと。
これから協議会の方で積極的に広報していくとのこと。

さぁ~どんな展開になるのか!
自分でもワクワクしている。
進捗状況は時々ここでもお知らせします。

受講希望の方、お知り合いに希望者がいる方…お気軽にお問い合わせを!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  カウンセラーブログランキング
「ブログランキング」に参加してみました。
応援して下さると嬉しいです。
「ポチッとな」とクリックして下さいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.01.29 18:22:37
コメント(4) | コメントを書く
2009.01.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
ずっと気になっていながら行けてなかったお墓参り。
今日、やっと行くことが出来た。

3年前の1月22日…以前務めていた会社の社長が亡くなった。
以前の日記→http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200601260000/#comment
「恩人」という言葉で一番最初に思い浮かぶ方。
悲しみの葬儀に参列してからもう3年も経ってしまってからのお墓参り。

この社長との出会いがなければ今の僕は存在し得ないと言っても過言ではないし
足を向けて眠れないくらい様々なことを教えてもらった方だ。

最近、以前の会社の仲間と会う機会が何回かあった。
仲間と昔話をしいてるうちに
何故だか「どうしても今月中に行かなきゃ!」という衝動に駆られた。
そして何故、今日なのか分からないけど仕事の切りも良かったこともあり
朝イチで社長が眠っているお墓に向かい墓前に立つことが出来た。

墓前でお話しすることはたくさんあった。
仕事のこと、プライベートのこと、これからの夢…。
あの頃、一緒にお酒を飲みながら話していたことの延長線上のような話し。。。

決して順調とは言えなかった仕事も薄っすらだけど見通しが見えてきたこと。
社長が当時「早く子どもを作れ」と言ってくれていながらそれが叶わず…。
僕が会社を辞めて独立し2度目の結婚でやっと子宝に恵まれたこと。
社長がお亡くなりになって数日後に僕は父親になった。
社長と出会ったあの頃の会社みたいな会社を作りたいという夢。
先日、奥様にお会いして元気をいただいたこと。
(参照→http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/diary/200810210000/
あの頃の仲間とは今でも時々会ってます…ということ。
話し始めたら切がない。

墓前に立っていた時間は10分くらいだったが
心の中での会話は何時間分もの内容をお話し出来た気がする。

いつもは外出すると仕事の件で携帯電話が引っ切り無しに鳴るのだか
「社長との心の会話」の最中はチリンとも鳴らなかった。

「また来ます!」
…と一礼をして霊園を出て駅に向かう道でいつものように携帯が鳴り始める。
まるで社長が「さぁ!仕事に集中して!」と言ってくれているように。。。

3年越しにやっと行けたお墓参り。
心につかえていたものがちょっとだけ取れた気がする。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●カウンセリングお申し込みは…こちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/5000

●子育てハッピーサポートセミナー 開催中!
 お申し込みは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/2005

●寺子屋方式 ホームカウンセラー養成ゼミ 開催中!
 お申し込みはこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/wingheart/3000

●メルマガはじめました!
メンタルエステ~身近に役立つ心理学~
ご購読は下記
http://www.mag2.com/m/0000252989.html

●「ひきこもりサポートナビ」にて
カウンセラーk@-zuの動画配信中!
「サポートムービー」→2007年12月4日更新 篠田和徳
http://www.hikikomori-navi.com/hsn_movies.html

●日本ネットカウンセリング連絡会によるインタビュー記事
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2008/02/2114.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






Last updated  2009.01.27 12:51:07
コメント(10) | コメントを書く

全470件 (470件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.