000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

天使とともに☆ハートオープン レムリアンヒーリング

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

女神たちからのメッセージ

2008.11.12
XML
今日は、女神メッセージをお届けいたします。
何故かは…知りませんが、このタイミングで必要あるものを私を含め 

ご覧くださっている皆様へ☆


『ゆっくりと』☆☆☆『あなたらしくすすむ』

周りのぺース・世の中のペース・時間・様々な制約があるように感じ、自分のペースで物事を運べない状況にあるとき、心のスペースがいっぱいになります。
自分のペースで、ゆっくりと前進しましょう。
あなたの見るそのタイミングが完璧なものなのです。
早く、早く、今すぐに、
どんなにあなたが願っても、私たちはあなたにとって完璧なタイミングを知っています。
あなたにとって 最善のタイミングであなたの願いを叶えています。
願い・信じ・ゆだね・そして、あなたの歩調を大切にしてください。

誰かと奪い・争う・必要などはないのです。共存の中で生まれ、そして得ていくものがあるのです。
互いが協力しあい、その中で育まれた愛の力は とてもパワフルなサポートとなり、あなたの心、そして具現化への扉を開く大きなカギともなります。

今、私が あなた達に届けているこの言葉は、光として流れ、包み込みます。

必要なもの・必要なサポート・そのすべてをあなたたちはもう得ています。


愛の輝きを信じ、あなたの輝きにきづく時がきています。


女神Oonagh






Last updated  2008.11.13 01:22:21
コメント(0) | コメントを書く


2007.10.29
豊穣の女神セミナーWSへ行ってきました。
『愛と平和』『分離から統合』『三位一体』『森羅万象』などなど

っと 今この時期にしっかり学ぶ
このセミナーにおいて私は多くのことを確認し確信することとなりました。

そして

女神とつながる誘導瞑想の時間も、面白いビジョンを見てしまった。
私にとっては、まさに 予想外!?の出来事で、セミナー時間内にシェアどころではなかった。

行平紫乃さんの声で、女神とつながるワーク、私にとってはとても入りやすい誘導だったのですが…

しばらくすると…私には ひとつ問題があった…そう…エンパスっという事。
私、ブロックを忘れたのです。
だって~大丈夫かな!っと思っていたの。←いいわけ!?(笑)

そして 途中から私、
女神とつながる~ではなく 女神ヒーリングみたいな状況になっていた。

っといっても、女神ヒーリングなんて~~はじめてですよ!!

その女神たちの力によりヒーリングがドンドン進行し、クリアーになった。


そして ふと気がついた時には、

会場に床は、赤とピンクの2色のバラが敷かれたような状況。


私は、会場に降る、黄金色のエネルギーを見ていました。

その時 誰目線だったのか…いまだにはっきりとはわからない。
サードアイから見たというのが的確なのか、、、、

参加者の仲間たちの頭上に 綺麗に降りそそいでいる感じですきらきら

私の頭上にも降り注ぎ、光の輪が太くなったりと 動く動く、なんだか生き物のように 成長しているような感じですびっくり

その時会場に降り注ぐ光の色は、金の光とは少し違い、また、真っ白の光とも違う。

初めて見るような 印象の黄金色の光、

セミナーが終了し、数時間経ち、ようやくはっきり理解したことは 

白というか…金というか…っと定まらないような光のエネルギーは 月の色のエネルギーが表れていたこと!!きらきら
帰宅途中と翌日に、空に輝く月の色と全く同じびっくり

月を見上げ、答えを得た。


そうそう、セミナーの冒頭で、

『今日は特定の女神という事はありませんが、特に、月と金星の女神たちとつながりが深いです。』っという話があった。

そう、
会場に降り注ぐこの黄金色=28日 29日両日に私が見た、月色です。

そう、
29日の夜明け、金星がとても輝く日。

まるで多くの答えを目にしたようでしたびっくり

そしてこのビジョンは『会場にいた皆が女神である』と、、


そして、瞑想後には
『瞑想中のエネルギーは皆が女神でした。女神として生きてください』っと紫乃さんがおっしゃった。

かなり不思議だけど、その時冷静に、『そうだよね』っといっている自分がいて~~


帰宅後 多くの確認作業がこのセミナーで進み、

そして 女神ヒーリングすごかった~ あの光もすごかった~ など 得たものは大きいものでした。

また、仲間との再会もあり、素晴らしい時間を過ごすことができました。


由希子さん、紫乃さん、女神たち~ ありがとうござましたハート(手書き)ハート(手書き)ハート(手書き)







Last updated  2007.10.30 03:26:15
コメント(4) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.